スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校生妊婦の体育

 妊娠の女子生徒に体育実技要求、京都の府立高校という記事を読んで、複雑な気持ちになった。

 実は私の娘は普通の高校を3年生でドロップアウトして1年ふらふらバイトとかで過ごしたあと、やっぱり高校は卒業しないとなどと殊勝なことをのたまって、県立の定時制高校を受験した(定時制と言っても昼間に授業がある、ついでに通信制も併設)。
 運よく合格して(合格すると、2年生までの単位を認定してもらえるから)、1年間通えば晴れて高校卒業となる予定だった。

 ところが、夏頃、妊娠が発覚した(当時はまだ19歳である)。相手は「責任は取ります。本当にすみませんが、幸せにします。」と汗をかきかき挨拶にきた。娘は、後期に体育の授業を受けないと卒業できなかった。

 高校側は、体育の単位だけ通信に切り替えてレポート提出(この高校の定時制にはそういう制度があった)、スクーリング分の実技に参加したらよい、と言ってくださった。実技のスクーリングも、先生からは「卓球とか選択したらいいからね。後半のスクーリングは出席して見学したらOKです。」とのお話だった。ついでに「体育館での見学は寒いから、毛布とか用意してあげるから」というお言葉もいただいた。「こういう話は、この高校にはよくある話」と笑って話してくださった。
 お言葉に甘えて(11月の20歳の誕生日を待って入籍した)、娘は通えるところは高校に通い続け、2月にマゴを出産した。
 みなさまのご協力のおかげもあり、めでたく高校卒業に足りる単位を取得した娘は無事に卒業し、卒業式にも出席した。

 今回、「高校生で妊娠ってそもそも?」と、この女子高生を非難する発言も多々見られる。私も「学生の本分は」という気持ちは理解できなくもない。
 しかし、女性が恋をして子どもを産む年齢として、18歳が早すぎるとは思えない。古来、十代の結婚・出産は当たり前のことだった。もっと見聞を拡げて学問を究めたいとか、もう少しシゴトに専念したいと思う女子もいれば、早くから「好きな人の子どもを産んで育てたい」と思う人がいても、不思議はない。
 少子高齢化への対策としても、早めに恋愛して出産することは、国策として奨励すべきではないか。

 乱暴な言い方をすれば、「高校全入が幸せ」という前提でそれほど勉強が好きでなくても高校に入学し、違う生き方を望んでいる子どももけっこういるのではと思うのである。今回の女の子は、高校継続をあきらめ休学して出産し、現在もそのままだという。出産そのものを否定される家庭状況でないのだから、高校が何らかサポートして違うカタチも取れたのではと思う。
妊婦だとカミングアウトしている子どもに、マラソンしないと単位が無理、というのがちょっと意地悪な感じがするのは私だけ?
 ともあれ、その親子がちゃんと生きていけますように!

 
スポンサーサイト

「死ね」という言葉

 保育園に入れない人が書き込んだブログで、社会がようようと動き出したようだ。紆余曲折はあるだろうが、動き出したのはいいことである。

 私は、働くお母さんのサボートは絶対に必要だと思うが、税金を職業婦人のために使うなら、専業主婦として少ない収入でも堅実に子育てしている人にも還元するべきだとも思う。北欧には、保育園の充実と同時に、専業主婦に補助金を支給している国もある。どちらか一方では、片手落ちである。

 子育てに手厚い国を作るのは最重要課題である。だって、子どもが育って働かなければ未来の税収はなくなってしまうのである。この場合の「子ども」というのは、健全に育って、自分を、家族を、守る気概のある人間である。
 以前、うちの子の中学校で「進路説明会」というのがあって、お母さんたちは、どのようにしたら自分の子どもを「いい高校」に入れることができるか、という話を想定していたと思う。が、ある先生は「進路指導というのは、どれだけ偏差値の高い高校に入学するということではありません。」と切り出した。「進路指導の最終目的は、おとなになって働いて、自分が生きていくに必要なものを稼いで暮らしていける人間を育てることです。」とおっしゃった。
 私一人かもしれないけれど、ちょっと、いや、すごく感動した。アタマがいいとか悪いとか、そういうことじゃなくて、人間として生きていくチカラと責任感を持っている人になってほしいよね。うちの子も、3人は成人して(一人はまだ大学生だけれど)、それなりに子育てしたり働いたりしている。この先も、自己責任でがんばっていってほしいと思う。

 っていうのは、実は相当脱線しちゃったんだけれど、「日本死ね!」というのは、やはりヘイトスピーチではないかと思う、というのが今回私の言いたかったことです。自分の不満を表す言葉として、簡単に強い印象を与えられるかもしれないけれど、この言葉を使うのはまずかったんじゃないかな?自分の子どもがいじめられたとき、「死ね!」となじられて、平気な親がいるかな?「死ね!」に値する存在なんてない。絶対に使ってはいけない言葉である。
 自分の言いたいことを言うための語彙とか表現とか、身につけておとなになったら、「死ね!」という言葉は使わなくても、伝えたいことを表せる。勉強も、やっぱり必要かな、とも思う。

 

3人家族

 まずは娘が嫁に行って、次男が大学の近くで一人暮らしを始め、ついに長男が勤務先の移転で一人暮らしを始めた。

 とうとう、残すところ末ッ子一人になってしまった。とはいえ、高校2年生。弁当を作って学校に追い出しているが、いつまで同居するのかわかったものではない。

 そもそも3人で暮らすのは、ものすごく静かである。わいわい主張し合う相手もいないし、末ッ子は毎日高校から帰ってきても9時過ぎまで練習。私は7時から9時までの間に帰ってそれから晩ご飯の用意。
 一番ヒマなのはダンナで、一人寂しく(?)みんなの手が空くまで飲んだくれながら待っている。ここで、彼が夕食を作るという選択肢は、あまりない。でも、私も3人分って、よくわからないんだよ〜。作り過ぎたり、足りなかったり、主婦初体験みたいに試行錯誤である。飲み屋のご飯はまあまあ得意だけれど、遅く帰ってからのんびり作っている暇もない。

 でも、末ッ子は生まれてこのかた、常に誰かのペースに合わせて暮らしてきた。末ッ子のために、という時間の使い方はしたことがないかも。なので、ほったらかしてゴメンなさい、残すところせいぜい仲よく暮らしましょう、とは思っているのだが、本人は「好きにさせてくれ」という気持ちのほうが強いらしく、私の働きかけはことごとく跳ね返られ、しょぼんとなっているのである。

 これが、親離れってことで、私には子離れが要求されているのかも。

霧の朝

 いつも通り朝起きて、朝ご飯とお弁当で戦争のような時間が流れ、やっと「いってらっしゃい」と送り出してからしばらくして外を見たら、真っ白。

 141113_0714~02

太陽を見るためのメガネなんかなくても、この通り。
 毎朝、粛々と登校・出社する人たち、がんばってください、っていう気持ちになった。

黒いつなぎ

 大学も2年になって、実習が入ってきた次男、まずは白衣を購入して、実験や実習に使っていた。
 実習の中には、解剖もある。犬の解剖のときは、教官に「君たちは、解剖しているんだからね。解体じゃないですよ。」と何度も言われたそうだ。

 次に、何やら後ろにサークルだかの文字が入った黒いつなぎを購入した。昨年、学園祭に行ったとき、牧場で牛馬のお世話をしていた学生たちもつなぎだったから、当然そういう用途なのだろうと思っていた。

 ところが先日、このつなぎは「牛や馬の解剖」でも使うことが判明(って、知らなかったのは私だけだけど)。「だって、白衣じゃ、いろいろやばいだろ。」と次男は言ったので(ううう)、「じゃ、そのつなぎは、どのように洗濯するの?」と聞いたら、「他のものとは別に洗えばいいじゃん。」と返ってきた。そういう洗濯は自分でやってほしいものです。まあ、秋からは大学の近くに一人暮らしをするので、当然自分でなんとかしてくれるでしょう。

 ちなみに、実習で解剖する牛馬は、生後1年くらいでそれほど大きくないそうで。一人前になるまでに、いろんな動物の命のお世話になるんだねえ。合掌。
プロフィール

しおん

  • Author:しおん
  • 4人の子どものうち、1人は結婚し孫もできました。まだまだ子育ては続きますが、日々格闘しながら、ピアノと向かう毎日。大好きな本のこと、ベランダの緑、趣味の手芸もご報告していこうと思っています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。