スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンドレ・モーロア 読心噐

 若い頃(大学生だったから、30年以上前)、フランス人のアンドレ・モーロアの「幸福論」とか「読心噐」とか、薦められて読みふけっていた。

 「読心噐」の詳細は忘れてしまったが、人の心が見える機械を発明した人がいて、相手が心の中で何を思っているか機械で読み取れるという話だった。
 にっこり笑って愛想のよい人が、心の中では「何だ、このやろー」と毒づいているとか、実は小狡いことを考えているとか、そういうのが全部見えてしまう。「見えてしまう」ことが必ずしも幸せではない、というような話だったと思う。
 
 好感度の高いタレントがミュージシャンと付き合って、それが不倫だったとか、ラインでのやり取りが漏れたとか、すさまじいバッシングで、芸能活動を休止するという話になっている。

 そもそも不倫は、我が国において犯罪ではない。せいぜい、善良な市民から見ると、婚姻というシステムを軽視し阻害する「やっかいな行為」という位置付けだと思われる。今までにも不倫が露呈した芸能人は多々あった。が、「何さ!」と誹られたとはいえ、今回ほどの大バッシングになったりはしなかった。

 加えて、二人の間の内密なラインのやり取りが白日の下にさらされて「何じゃ、こりゃ!」となるのはいかがなものか。これの真偽はともあれ、寝物語を引きずり出して誰が幸せになれるのだろう?誰かの心の中にある気持ちを知ることって、他人にとってそれほど必要なのか?また知ったからといって得する者がいるのだろうか?

 私の感覚からいうと、他人が見られたくないものをのぞき見るのは「はしたない」、自分に実害の及ぶことでもないのに叩きのめすのは「やり過ぎ」という気持ちなのである。
 日本人は、そんなにヒマなのかな?

 それにしても、何十年も前に、人の心の中をさらすことに警鐘を鳴らす小説を書いたモーロアに脱帽である。


スポンサーサイト

オトナ買い

 正月3日目でも、子どもたちはデート、母校の初蹴り、部活動に出かけ、親は居残り組。のんびり買い物に出かけ、ブックオフにも寄った。

 のだめカンタービレを全23巻、思い切って購入。今まで持っていなかったのが不思議なくらいでしょう。家に帰って「えっへん、オトナ買い!」と威張ったら、「お母さん、一冊105円の20%OFFじゃ、オトナ買いって言えないよ!」と突っ込まれた。まあ、そうだけどさ。本来の5冊分以下ですんだからね。

 私をバカにしたけれど、末っ子は思わず熟読中。あとから「のだめ」は23巻で完結だけれど、番外編の24、25巻があることも判明。こちらも買ってこよう。とりあえず家族が読んだら、事務所のレッスン室の本棚に飾るつもりである。いつも、児童書や絵本など、レッスンを待つ子どもたちが座り込んで読んでいる。きっと、喜ぶよ。

夕方、まだ明るいうちからビールをあけるしあわせ

 何のこっちゃ、えらい魅力的やけど、と思う方もいるでしょう。
れっきとしたお料理のレシピ本である。以前図書館で借りたが、ブックオフで発見して思わず購入した。
      yuugatamadaakarui.jpg
 いやあ、いいタイトルですねえ。私でも作れそうなおいしそうなものが並んでいる。時間のあるとき、ちょこちょこ小さなおかずを作り続けながら飲むのは、本当に楽しい(あと片付けは面倒だけど)。大いに参考にできそうである。
 実際には、遅くまで生徒さんが来るので、「明るいうちから」飲める日なんてほとんどないけどさ。

古本

 昨年2月に引っ越すとき、大量の本を破棄した。泣く泣く一冊ずつ確認して、取っておく本、捨てる本、古本屋さんに持って行く本をより分けた。半分近くの本を捨てたと思う。
 捨てるに忍びないけれど、処分してもいいかなと思える本は段ボール2箱くらいになった。古本屋さんに持っていこうと思って取っておいた。この場合の古本屋さんとは、決してブックオフなんかではない。私の持っている本なんか、ブックオフに持っていっても「値段がつきません。」と言われるのが落ちである。でも、ネットの古書で検索をかけると、絶版や品切れで一応価値のある本ばかり。おおよそ3~40年前の海外文学が多い。
 その中でも最も高そうな本は、知り合いの古本屋さんに差し上げたのだが、押し入れに陣取っていた残りの本も、先日ようやく(ダンナに車を出してもらって)その古本屋さんに持っていった。こちらとしては、「捨てられないけれど、どうぞもらってください。いらない本は持って帰ります。」という気持ちだったが、「全部、引き取ります。」と言ってくださった。古本屋さんといっても、今は店舗はなく、インターネットで販売しているだけである。ついでに言うと、私の高校時代の同級生のご両親である。海外文学の古書屋としてはけっこう有名なお店で、検索をかけるとどこからでも出てくる。
 たまたま今年のノーベル文学賞を取ったル・クレジオの「調書」「戦争」「発熱」なんかもあったし、少しは役に立てたらうれしい。私にとってはちょっとした金額をいただいて、恐縮してしまった。一番喜ばれたのは、やはりフランスの作家ロブ・グリエの「快楽の漸進的横滑り」というおどろおどろしいタイトルの本。若いころはこんなのをがんばって読んでいたなあと、感慨深い本である。
 これからこんな本を読もうと思ったとしても、図書館で借りればいいやと思うし、狭い我が家ではじゃまにされるばかり。年末の大掃除に向かって、少しすっきりしました。

ひまわりのかっちゃん

06213741.jpg 西川つかさという放送作家であり漫画の原作者、つまり物書きの方の自伝である。どこまでが本当のことでどこまでがフィクションなのか、読者にはわからない。が、わかるのは、かっちゃんが森田先生に出会うことで、人生の大きな転機を迎えたということ。
 必死なあまりかっちゃんを追い詰めるお母さん、理不尽な親戚、いろいろあるけれど、最後には、すなおなかっちゃんは大きく成長し、「かっちゃん」を卒業する。すべての学習障害児がこんなにうまく克服できるわけではないだろうが、本当によかったね!と思える話である。 続編も出たらしいので、ぜひ読もうと思っている。
プロフィール

しおん

  • Author:しおん
  • 4人の子どものうち、1人は結婚し孫もできました。まだまだ子育ては続きますが、日々格闘しながら、ピアノと向かう毎日。大好きな本のこと、ベランダの緑、趣味の手芸もご報告していこうと思っています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。