スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔のピアノ

 今日は栃木県でのコンサートだった。土砂降りの中、たくさんのお客さまがいらしてくださった。感謝。新しい曲を演目に載せていたため、ギリギリまでリハーサルをした。必死で弾くのが精一杯だったが、聞いている方からはどうだったんでしょう?
 帰りに、大宮のピアノ屋さんに立ち寄った。諸事情で、事務所のレッスン室にグランドピアノを入れてレッスンすることになったので、とりあえず中古のピアノを弾いてみる約束をしたのである。中古といってもヤ○ハのG3のピアノはかなりしっかりしているので、弾き心地は悪くない。早急にメンテナンスをかけて納入していただくお約束をした。080629_1747~01
080629_1747~02
このピアノ屋さんには、お父さんの代からお世話になっている。このたび、古いピアノを大量に手に入れることができたとかで、倉庫は所狭しと梱包も解かれないピアノが並んでいた。簡単に言ってしまえば、楽器博物館に並んでいるようなピアノたちである。調律師でもある彼が少しずつ調整しているので、開いているのは弾くこともできる。「博物館に並んでいる触っちゃいけないピアノじゃなくて、実際に弾いて、昔の作曲家が聞いていた音を感じてほしい。」という夢があるそうで。私が弾かせていただいたのは、プレイエルの2台ピアノ用ピアノ。1910年製というから、ほぼ百年前のピアノである。写真ではわかりにくいが、こちら側とあちら側の両方に鍵盤がある。ふたを開ければ、一台で二人の人間が向かい合って同時に弾ける。なかなかいい音がする。世界に14台しかないが(というより、14台しか作られなかった)、そのうち3台が日本にあるそうです。
 ほとんど「何でも鑑定団」状態のピアノを、飾るのではなく、弾いてもらいながらピアノの歴史、作曲家の意図などを感じていってほしいという調律師さんの熱意が、誤解されることなく広がっていくといいな。
スポンサーサイト

散髪

 年少の弟と一緒にレッスンに来る生徒さんがいる。弟は、いつも、レンジャーものの塗り絵を持って来て、うちのおもちゃ(トミカとトミカポリスボックス)や絵本で静かに遊んでいる。本当におりこうさんにしているのだが、最後に生徒さんに「何の歌を歌う?」と聞くと、自分の歌いたい歌の名前を、お姉ちゃんより早く言って元気に歌ってくれる。
 今日は、その弟くんの髪がさっぱりしていた。「切ってもらったの?」と聞いたら、「お母さんが切ってくれた。」と言う。「すっきりして、かっこよくなったね!」とほめたら、「ボクはまだ子どもだから、自分で切れないからね。」とおっしゃった。う~ん、大きくなっても自分で切る子はあんまりいないかも。うちの次男くらいでしょう(彼は、だいじな試合の前とか、気合いを入れたくなると、新聞紙を敷いて鏡を見ながらバリカンで髪を刈る。散髪代のかからないヤツである)。
 えくぼを出しながら一生懸命お話ししてくれる弟くんをかわいいなあと思うけれど、お姉ちゃんもがんばっている。2月の末からレッスンに来ているが、バーナムのミニブックが来週で終わる。発表会で難しい曲をクリアしたので、今やっている教材はお茶の子さいさいである。おけいこの最後には、自分が選ぶ前に弟が決めた曲を、一緒に並んで一生懸命歌ってくれる。こういうかわいい子たちを育てているお母さんは本当にすごいなあと、素直に思う。専業主婦で、まじめに子育てをする、お母さんの鑑ですねえ。

レッスン中

 幸せなことに、私の生徒さんたちは全員、一生懸命私の話を聞いてくれる。無視したり、反抗したりする子はいません(今は)。もしかしたら、私が年を取って貫禄がついたせいかな?
 付き添いのお母さんは・・・何にもしないで熱心にレッスンを見ていてくださる方もいる。そこまでしなくても、私はいいんですけどね。持参の本を読んでいる方もいる。それが、古びた本だったりすると、それで風情があったりもする。
 で、最近多いのは、携帯を使っているお母さん。ず~っとメールのやりとりをしていても、それはそれで私はかまいません。でも、???となるのは、携帯をマナーモードにしていないお母さん。私もたまにマナーモードにし忘れてならしてしまうので、えらそうには言えないんですけど。私の携帯は、レッスン中に、その日のレッスンのお休みの連絡があったり。一番だいじなのは、オートロックのマンションなので、生徒さんが下から呼び出してくれたときレッスンしていると聞こえないので、そういうときは携帯にかけてくださいとお願いしている、次の生徒さんから「先生、呼び出したけど、出てもらえません。」という連絡用なのである。
 それはともかく、レッスン中に、というより、レッスン室に入るに当たってマナーモードにしない、それにびっくり。でもまあ、レッスンはその人のお子さんのレッスンだから、いいのかなあ。
 そういえば、日曜日にマンションの管理組合の総会があったのだが、その時にも、携帯をマナーモードにせず鳴らしっ放しのひとが複数いた。会社の会議じゃないけれど、ここはマナーモードがおとなのルールじゃないでしょうか?
 娘の携帯依存症的な使い方にかなりあきれているのだが、お手本たるべきおとなももう少し気をつけなくてはね。

発表会のプログラム

 6月15日の発表会のプログラム、こちらです。みんな、がんばりました。

「狩の歌」考

 クラシック音楽を弾いたり教えたりしている身としては、西洋人のモノの考え方とか美学とか、多少は理解しようと努力している。私は、結婚するまで飛行機に乗ったこともなかったし、未だに海外へ出向いたこともない。それでクラシック音楽を弾けるのか?と思われてもいたしかたない。でも、昔から海外文学が好きだったし、今はテレビも映画もCDもDVDもあるから、その雰囲気くらいは感じることもできる(と、思う)。
 
 しかし、どうにも説明できないし、子どもにレッスンするときに悩むのは、狩猟民族の考え方である。もちろん、日本人は農耕民族であるわけだし。私は、導入教材には、がんこに「トンプソン」とバーナムを使っているが、トンプソンの初歩の本に「小さな兵隊さん」「戦争ごっこ」と続くところがある。以前、生徒のお母さんが「何だか、『戦争する』とか『戦う』っていう曲が多いんですねえ。」と感想をもらされた。「あの子はどこへいっちゃったんだろう。きのうから、へいたいさんになったんだ。ちいさなサーベルもって王さまについてった。」って、「あの子」が「へいたいさんに」なる状況は、子どもには全くわからない。

 また、「狩」というのも困る。トンプソンも第1巻に「きつね狩り」が出てくる。「むちがなったよ、むちがなったよ、犬もタッタタ、狩はいいな」という歌詞までついている。また、グルリットにだってメンデルスゾーンにだって「狩の歌」がある。小動物を追い回して捕まえる(殺す?)のを楽しむ歌なんて、とうてい理解しがたい。
 「狩の歌」を、なんだか覇気なく弾いている子に、「あのね、動物を殺すなんてかわいそうだなあ、嫌だなあと思うんじゃなくて、今からスポーツするみたいにわくわくしているんだよ。」と言ったが、全然説明になっていない。今日は、開き直って、「じゃあ、『狩の歌』じゃなくて、あなたの好きなモノの歌にしよう。今から、スケートに行くとか、どう?」と話した。「スケートの歌」でも「アイスクリームの歌」でもいい、元気になれるものを想像して、そういう気持ちで弾こうね、ということにした。
 宗教的な音楽を理解するのも難しいかもしれないが、殺生の歌はもっと困るのである。

桜桃忌

 ニュースで桜桃忌のことをやっていた。今年は太宰治の没後60年になるそうで。
 ダンナが「太宰治って、『走れメロス』の作者だぞ。」と言ったので(よく知っていました)、「メロスの友人の名前って何だ?」という話題になった。「アウストラロピテクス」だの、「ロメス」だの、ふざけた回答をするヤツがいる中で、次男は「セリーヌ・ディオン!」と真剣に答えた。「違うけどさあ、それに似た名前なんだよ。」と訴える。
 みなさん、答えはわかりますか?「セリヌンティウス」です。

バイトの効用

 長男は、今駅前のスーパーのレジうちのバイトをしている。本当はそこのパン屋で働きたかったのだが、面接をして、採用の連絡を受けたら、何故かレジになっていた。
 白いシャツにスラックス(ここまでは自前、チノパンも不可)で、エプロンに「見習い○○○○」という名札をつけて、夕方の超混雑の時間帯に休むことなくレジを打ち続けている。こっそり見に行ったけれど、おお、がんばってるなあという感じ。
 で、本人曰く、「キャベツと白菜とレタスの違いがわかるようになったし、小松菜とホウレンソウも見分けられるようになった。」一体、どういう育ち方をしたんじゃ?と呆然とした。「アジとイワシはわかる?」と聞いたら(ちなみに、末っ子はわかっている)、「そういう魚はパックになってるから、見分ける必要がない!」そうで。
 う~ん、社会勉強のためにバイトしてるのか。それにしても、そんなこともわからない輩を仕込んでくれるなんて、親切なスーパーである。

これは何でしょう?

 朝、大きく育ったタラを見たら、葉っぱの上に大きな糞。「何だ?」と思ってよく見るといましたよ。080618_0846~01
これまた見事な擬態の尺取り虫。アゲハの幼虫は、山椒の葉をほんの少し残して先日いなくなった。どこぞでサナギになっていると思う。さすがに尺取り虫を飼うつもりはないので、あとで始末しなくては。

 次男は、リコーダーを吹こうとして、「あ、指が。」と言ったが、右手の代わりに左手の小指も動員して、なんとかピコピコ吹いている。今日は学校で、硬筆書写もしたのだとか。丁寧に書いたから「いつもよりきれいに書けた。」そうで。やれやれ。

がっくし

 昨日から始まった、中学校の学生総合体育大会(略して学総)。次男のサッカー部、昨日は辛勝した。最近コンタクトレンズにした次男は仲間の顔もよく見えるようになって、大声で指示を出し続け、今は何の音もしない(かすれた息だけでしゃべっている)。
 昨日も今日も栃木県に出かけた私は「二つ勝ったら、水曜日に応援に行くからね!」と言ったのだが、今日残念ながら負けてしまった。携帯に電話をかけてきて、かすれ声で「負けた。突き指したみたいだから、三時になったら病院に行く。」と言う。家に帰ったら、やはり病院に行く予定の友だちと二人、子ども部屋でころがって爆睡していた。荷物を投げ出し、てんでに寝こけている姿に、「眠りの森の美女」で魔法をかけられたお城のようだ、と妙に納得してしまった。
 起き出して病院に行った次男、右手の中指の付け根の骨が剥がれかけ、指はねじ曲がり「ちゃんと直さないと成長が止まる」と言われて固定されてしまった。ひっぱって元の形にするのがとっても痛かったそうで。
 夕方やってきた生徒さんのお母さんは「マリオを吹いた後で、よかったです~」とおっしゃったが、今週久しぶりにヴァイオリンのレッスンがあったのに(本当に細々とだけれど続ける気持ちになっていたのに)、弓どころか、鉛筆も持てない状態である。全治2週間はかかるらしい。7月の最後の大会には間に合うといいねえ。

発表会、終わりました

 今日はず~っと準備していた発表会。朝からばたばたと出かけていった。
 今回の発表会には、末っ子がフルートでデビューの予定だった。三月末からぼちぼち練習しているけれど、出来はたいそう不安。
 生徒さんたちは、昨日もリハーサルできる子はやってきたし、一人一人がんばってくれていたので、あんまり心配はなかった。うちでは、何故か本番に暴走する子は少なく、どちらかというと安全運転に走る子が多い。それでも今日が一番いい出来という子が多くて、うれしくなった。
 末っ子のフルートも、リハーサルではぼろぼろだったけれど、本番は最後まで通った。よかったよかった。
 今回、ちょっとのんびりしていて危険かな?と思った子のお母さんは、発表会へのモチベーションを上げるべく、ピアノの前に発表会で着るドレスをつるしてはげましたとか。周りの方のご協力もあって、みんながうまく弾けたのだと思う。
 恒例のリコーダー合奏の最後に、長男・次男・ダンナと私で、おまけに「マリオ」を吹いた。こっそり練習していたけれど、本番はと~っても緊張した。
 発表会の後は、家族で食事に行った。最近はみんな本当によく食べる。子どもたちは、早くも次の発表会のおまけを考えているらしい。おまけより、本番のほうをがんばってほしいものである。
 発表会のプログラムもアップしたいと思っているので、少々お待ちください。

修学旅行から

 次男が帰ってきた。水曜日から京都方面に出かけていたのだが、友だちとの旅行を堪能した様子である。木曜日は公共の交通手段を使っての班行動で、今日はハイヤーで観光だったそうで。
 班行動の時の昼食代、飲み物代を含んで一万円以内のお小遣いということで、とりあえず一万円持たせた。ほとんど使い果たして帰ってきたが、家族やお世話になった先生へのおみやげもちゃんと考えていた。
 で、ご飯を食べながら、「お母さん、僕、三千円は返すよ。」と言う。「え、どうして?」と聞いたら、「全部出してもらったら、おみやげの意味がないじゃないか。」と答える。そうか、自分で買ってきて渡したと思いたいのね。そんなことを言い出したのは、次男が初めてである。上の子たちも修学旅行には出かけていったけれど。
 その心意気は受け取っておきましょう。

すてきなレッスンスペース

 来週の仕事の練習で、銀座 十字屋のレッスン室におじゃました。ハーピストがここで講師をなさっていたのでお借りすることができたのである。レッスン室には最新のクラヴィノーバがあり、外にはくつろげるソファのスペース、自由に飲めるコーヒー。銀座で優雅なレッスンをして、お買い物とお食事をする、セレブなおけいこだなあ。うっとりして帰ってきた。
 振り返って、私のレッスン室。引っ越した当初はそれでもこぎれいになっていたが、発表会間際の今はかなり雑然としている。まずい、少しは片付けようと、反省しました。

おまわりさん

 世間では、信じられない凶悪な事件で多くの人が亡くなっている。秋葉原での無差別殺人は、芸大生の命も奪ってしまった。
 あの事件の大捕物を録画した映像があって(何という偶然!)、1対1で犯人と向き合った警官が犯人を捕らえ、携帯電話で報告しているところが克明に映し出されていた。 
 交番勤務のおまわりさんが、犯人の暴走を発見し、追いかけ、一度は逃がしたものの最後に拳銃を突きつけて、たった一人で犯人を取り押さえたそうである。えらいなあ、何を持っているかわからない、何をするかわからない犯人にくいついていくなんて。「犯人は手錠をかけて、ちゃんと捕まえました。現場は、現場は・・・倒れている人がたくさんいます(というような内容)。」と携帯で報告する彼は、とほうにくれているようにも見える。
 特殊部隊でも何でもない、町のおまわりさんががんばったんだなあと思って見ていたら、「もう少し早い時点で取り押さえていたら、」とか「拳銃をなかなか出さなかった」とか、非難するコメンテーターがいた。そうでしょうか、訓練してきたとしても、自分が実際に人に向かって銃を向けるとき、手が震えたり、ためらったりする、人間として当たり前の感覚ではないか?
 少なくとも、私はあの映像を見て「おまわりさん、ありがとう。」と素直に思いました。
 

ランナー

 図書館に行ったとき、あさのあつこ著「ランナー」が返却の本棚にあったので、借りてきた。佐藤多佳子さんの「一瞬の風になれ」は持っているのだが、「ランナー」は未読だった。
34401345.jpg
「一瞬の風になれ」は短距離だが、こちらは長距離を走る少年が主人公。どちらかというと、「走る」ことより、「少年」を描くための小説だったんだなあと思う。さすがというか、一気に読める作品だったし、昨今の社会問題も取り上げていたりして、なるほどという感じ。
 でも、「すごく」オススメかというと、「読んで損はないよ」くらいかなあ、私にとっては。特に、女子マネージャーの描き方が、漫画っぽいというか、ティーンエイジャー向けのライトノベルズのようで、かなり違和感を覚えてしまいました。おばさんは辛口なんである。

充実した日曜日

 末っ子の学校公開日だったけれど、コンサートだったので、お弁当を作って送り出してから神奈川県に向かった。学校公開には七月の宿泊研修の説明会もついていたが、こちらも欠席した。残念。
 ネットのサイトには何も書いていなかったけれど、行ってみたらチケットは完売で、あふれるほどのお客さまがいらしてくださった。赤ちゃんも聴けるコンサートだったが、主催者のご希望でチゴイネルワイゼンや、メンデルスゾーンのピアノトリオの第1楽章が入っていた。ピアノトリオは本当に久しぶりだったので、私なりには練習したけれど、当日合わせだけなのには緊張した。譜めくりのダンナはもっと緊張したかも。赤ちゃんがたくさんだったわりには静かに聴いていただけたかなあ。

 家に帰って、小学校3年生のお嬢さんと面談(?)した。ものすごく素直でかわいらしいお嬢さん。お住まいが遠いので通うのは難儀だろうし、どうだろうなあと思ったが、ご縁があればいいなあ。ピアノを教える教えないは別として、その成長を見守って行きたいと思わせるお子さんである。

 夜のご飯は、やっぱり「呑み屋のご飯」になった。ちょこちょこ作りながら、順繰りに食べてもらった。やれやれ。

大きくなりました

 結局家で飼って(?)いる、アゲハの幼虫。今朝雨あがりに見たら、緑色に脱皮していた。080606_0818~01
脱皮する前の幼虫は、鳥の糞そのもの。よくもまあ、ここまで擬態しているなあと感心していた。脱皮後は、おもちゃみたい。私も、昔から、こういうのがけっこう好きかも。さわると臭いにおいを出すけれど。

今日の勘違いは・・・

 昨日からダンナが山梨方面に二泊三日で出かけているので、末っ子は大手を振ってベッドに入ってくる。二人で寝ていたら、何だかごそごそと居間で動く音が。まだ早いはずなのに、と思いつつうつらうつらしていたら、「お母さん、行ってくるね。」と次男がやってきた。えっ?もうそんな時間?と、あわてて時計を見たら、まだ6時である。「早いんじゃない?」と聞くと、「七時だよ。」と答える。一時間、間違ったのね~。
 仕方ないので、起こされた私と末っ子、次男でのんびり過ごした。ギリギリに起きるのじゃなく、余裕があるのはいいものである。少し眠いけど。お弁当もゆっくり作れた。今日のお弁当は、焼き肉と、ひろうすと根野菜の煮物、アスパラの和え物とプチトマトにした。
 次男と末っ子を送り出し、起きない娘をたたき起こし、一時間目のなかった長男を九時過ぎに起こし、私は発表会のホール打ち合わせに出かけた。

 次男は、今日、今度の大会の代表者会議だったので自転車で出かけた。早い話が組み合わせの抽選会ですね。各学校のサッカー部の部長が集まって、くじを引く。次男はもちろん顧問の先生から「無駄に運を使うな」と指示されていたので、給食のおかわりジャンケンもしなかったし(先生はしっかりじゃんけんに参加したそうだ)、運気に関わる行為は避けていた。
 結果は・・・ぼちぼちかな。あとは、実力でがんばってください。

勘違い

 昨日、栃木での鑑賞会だったので、目覚ましを5時過ぎにセットしていた。昨夜寝るときに、そうだそうだ明日はそんなに早くなくていいわと、6時20分にセットしたつもりだった。朝アラームが鳴って起き、居間に行ったら次男がいない。応援団の朝練だと聞いていたので、あわてて起こしに行った。「朝練あるんでしょ、起きないと。」と声をかけたら、う~んと目を開けて時計を見た。腑に落ちないふうで何度も見直している。私もアラームをかけていた携帯を見たら、5時20分。ええっ?そうか、時間を直したつもりで、きちんとセットする前に寝こけてしまったらしい。私はものすごく寝付きがいいんである。ごめんごめん、と謝って、またベッドに戻った。
 とんでもない時間に起こされて、次男は怒りまくると思いきや、珍しく機嫌よく起きて登校していった。暑かったり寒かったり、なんだか落ち着かない天気だが、夏が近づいて朝早くから明るくなったので、すっかり勘違いしてしまった。本当にスミマセン。

ダーウィン展

 ず~っとほったらかしの末っ子だったが、今日は珍しくダンナも休み。ちょっと出かけようかということになり、私はすかさず「ダーウィン展がいい!」と言った。国立科学博物館でやっている特別展である。
 娘は先生の箏の演奏会に出かけたし、次男は練習試合。家にいた長男に聞いたら「オレも行く」と答える。動物園なら「留守番する」と言ったと思うが、ダーウィン展ならついてくるわけね。びっくり。なので、町会ソフトボールの練習から帰ってきた末っ子と昼ご飯を食べてから、4人で出かけた。
 ダーウィン展は・・・混んでいた。人・人・人の波。でも、大人にはすごく面白い展示だった。末っ子は、ビジュアルとして楽しめるところだけ楽しんでさっさか進んだ。ダーウィン展を見たあと、博物館のレストランで休憩してから常設展を見に行った。こちらは体験コーナーもたっぷりだし、末っ子のツボにはまったみたい。空いていてゆっくり楽しめたし。
 閉館まで粘ってから、家に帰った。夕食は、たこ焼きをた~くさん焼きました。おいしかったよ。
プロフィール

しおん

  • Author:しおん
  • 4人の子どものうち、1人は結婚し孫もできました。まだまだ子育ては続きますが、日々格闘しながら、ピアノと向かう毎日。大好きな本のこと、ベランダの緑、趣味の手芸もご報告していこうと思っています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。