スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あと少し

 次男は、滑り止めの私立高校受験は首尾よく進み、とりあえず行けるところは確保した。歩いても通える高校がサッカーでも全国に名乗りを上げるようなところなので、「公立に落ちたらそこでいいや。」と安直に考えたりもした。ただ、サッカーに関していえば、声がでかいという取り柄以外たいしたアピールもないので、超有名校に入ってもポジションは応援席、ということになりかねない。やはりもともとの第一志望の高校に受かりたいという想いは強いらしい。でも、正直言って親から見れば、もう少しがんばれば?という感じだった。
 が、ここに来て、俄然がんばっている。前期入試は来週。5倍近い難関である。足りているのは内申点だけで(3年生になって、希望をかなえるべく、中学校の授業態度など彼なりにがんばった結果)、実力はと聞かれるとまだまだ???である。でも、最近、なんとか前期もがんばりたい、という想いが強くなったようである。私が、前期入試に受かったら必要なくなる私立確保のための手付け金を、前期で受かったらあげるよ、と言ったからではない(言ったら喜んだけど、態度にたいした変化はなかった)。
 なんとか前期で受かりたいと思ったのは、やはりサッカー部のせいである。顧問でもあり担任でもある先生の体調が、今ひとつよくない。自分が前期で受かったら、先生の代わりに後輩たちの部活を監督できるから、先生は病院に行ったり(場合によっては検査入院が必要という)休んだりできる、と本気で考えているらしい。次男自身は腰を疲労骨折していて、現在運動は禁止されている。直るのには春までかかる見込み。でも、練習をみてやることはできると思ったそうで。前期で受からず後期入試にもつれ込んだら、先生も自分のかわりに部活に出させることはできないし。
 というわけで、今までにない真剣さで勉強を始めた。ずいぶん遅すぎる気もするけどさ。でも、この中学校に入ってよかった、サッカー部でがんばれてよかったと思えた中学校生活の最後、先生のためにできることをしようと考えたのは、まあ、彼らしい。合格する確率はわずかでも、あきらめずがんばってみてね。
スポンサーサイト

ブックカバー・続き

 次なるブックカバーはこれ。ミントの刺繍はちょっと苦労したけれど、素朴な仕上がりに。090202_1004~01090202_1005~02この生地に刺繍するのは、地がはっきりしていてとっても楽。目下一番のお気に入りである。ただ、老眼が進んでいるので、コンタクトをはめたままでは細かい目が見えない。手芸するときにはコンタクトを外して裸眼で取り組む。これが年をとるということか。やれやれ。

ブックカバー

 リネンをたくさん購入して、いろいろ作ろうともくろんではいるが、なかなか時間が足りなくて計画通りには進まない。これはけっこう厚手のリネンでブックカバーを制作。文庫本のサイズはよくあるけれど、単行本のサイズで作っている。一色の刺繍も気に入っているが、これは青木和子さんのクロスステッチ。青木さんの刺繍は本当にすてき。本を見ているだけでうっとりする。090127_0114~01090127_0114~02刺繍したあとはミシンを使えばあっという間だが、ネコが来てからというもの、ミシンもアイロンも編み物も居間では御法度。なので、ちくちくと手縫いで。ぶかっこうだけれど、まあハンドメイドのご愛敬ということで。

オー・ヘンリー

saigo.jpg 理論社から「星新一ショートショートセレクション」と併せて出ている「オー・ヘンリーショートストーリーセレクション」。図書館で手にとって、オー・ヘンリーなんて懐かしいじゃない、と借りてみた。高校時代、英語の副読本で読んだことのある方も多いのでは?私は、新潮文庫の「0.ヘンリー短編集」を読んだ覚えもある。
 理論社だから、いわゆる児童図書として、フリガナもついている。字の大きさも行間もとても読みやすい。千葉茂樹さん(スピネッリ「ハッピー☆ガール」やヒメネス「あの空の下で」などを訳した人である)の訳も新鮮で、新たな気持ちで読めた。やはりオー・ヘンリーはストーリーテラーである。話の運びに思わず夢中になって読んでしまった。さすがですね。
 他の本も読もうと思った。ついでに、久しく読んでいない星新一もね。

失敗

 ホームベーカリーを買って、調子よくパンを焼いていた。焼きたては本当においしいし、子どもも喜ぶ。いい気になって、ネットショップで強力小麦粉やイーストも大量に購入した。だって、スーパーよりもずっとお得なんだもの。
 で、今朝焼き上がるようにセットして寝たのだが、朝、末っ子が「お母さん!パンが焼けてない!」と報告に来た。急いで見に行ったら、なんだかノリを焼いたみたいなへんなものが。なんで???と思ったが、はっと気がついた。容器の底に羽を装着して、それが粉を混ぜるのだが、前回洗った後つけるのを忘れていた。混ざらないから、このような無惨な結果に。
 涙ながらにノリのかたまりを捨てて、午後リベンジでパンを焼いた。今度はちゃんと羽も確認した。なので、今日の夕食はクリームシチューとベビーリーフサラダ、ハッシュドポテト(冷凍)に、焼きたてのパンでした。1,5斤、あっという間になくなった。

 今日は、次男の私立受験の日。友だちと約束したからと、雨の中自転車で遠くの駅まで行って、電車に乗った。確約をいただいているとはいえ、それなりに緊張する。でも、面接の先生が話しやすい先生だったから、サッカーの話しで盛り上がって笑顔で話せたそうで。用意していた?「最近心に残ったニュースは?」「オバマさんの大統領就任です。パールマンがヴァイオリンを演奏していました。」みたいな回答も全く使わなかった。ぼろを出すのが心配だったので、一安心。
 夜、インターネットのページで合格者の発表を見た。名前があってこれまた安心。明日はもう一校の受験である。やれやれ

母親の死

 冬休みもあと幾日かというころ、次男の中学校のクラスの連絡網が回ってきた。休みのこととて、先に回すのに少々苦労した。内容は、クラスメイトのお母さんが亡くなったということだった。お通夜と告別式の日取りだけの連絡だった。
 三学期が始まって次男が登校しても、そのことを知らない同級生も多かったらしい。親あての連絡網の内容を聞いている子は少ないかもしれないし。本人はお葬式のあと登校したが、少し疲れた様子だったけれど、今は普通にしているらしい。ちょっとからかわれやすい子らしいが、さすがに今彼をからかう友だちはいなかった。お母さんがどうして亡くなったのか、尋ねることももちろんできなかった。
 今日、次男が「○○のお母さんてさあ、」と話し出した。癌で亡くなったのだそうである。彼が中1のころから闘病が始まって、手術して一時回復するも再発し、覚悟はできていたらしい。予想よりはずっとがんばり続けたという話も聞いた。
 次男たちは今週後半から私立高校の受験。そのあとも、公立前期・後期試験と続く試練の時である。こんな時に亡くなったお母さんのお気持ちは如何ばかりか。先立つ者も残された者も、本当にやりきれない思いだろうと想像する。クラスメイトには、どうぞ自分の道を迷わず進めますようにと、思うばかりである。

ソルフェージュ始動

 今日は、今年初めてのソルフェージュの日。1年生は6人も集まった。ピアノを初めて間もない女の子も加わったので、復習しつつ、のんびり進めた。お正月明けというのもあって、メインは「楽語の神経衰弱」。厚紙を切って二枚ずつ、楽語といってもfやpや、ト音記号、♯など、基本的で簡単なものばかりを書いただけ。以前にはお正月に楽語カルタで盛り上がったが、こちらも大いに受けた。
 4年生メインのクラスも、5人集まった。1年生の神経衰弱を見て、「私たちもやりた~い!」と言うので、こちらは、取ったカードの読み方と意味を言いながら遊んでいただいた。
 4年生の女の子たちは、今日はクラスのあと軽食を取りましょうと伝えてあった。一緒にリボンストラップを作って、そのあと焼きたてのパンと唐揚げなどの、本当に軽食。ず~っとおしゃべりしてました。
 今年も楽しくレッスンしてきましょう。

「チェ 28歳の革命」

 今朝は本当に寒かった。朝起きたとき、寝室は8度。エアコンの表示では室外のセンサーでマイナス1度。この冬一番の冷え込みである。でももちろん、高・中・小学校生は、とにもかくにも登校した。
 朝の片づけを済ませ、私は、昨年大学を中退し現在バイトオンリーでとほほの長男と、「チェ 28歳の革命」を見てきた。彼のバイト先は近所のMovix。自慢じゃないが、私はまだこの映画館で映画を見たことがなかった。子どもたちはしょっちゅうお世話になっているのに。長男はバイトのおかげで、同伴一名まで無料で好きな映画を見ることができるのである。
 「チェ 28歳の革命」は、当初このMovixで上映するか微妙だったらしいが(娯楽映画ばっかりの映画館なんである)、公開直前に上映が決まったそうで。封切りしてみれば、「ウォーリー」につぐ人気で、今朝も朝9時50分からの上映だったが数十人の人が鑑賞していた(ほとんどが私と同じか年配の方である)。朝1番の上映は、メジャーな映画でも一人も見る人がなくて上映打ち切りもしょっちゅうらしい。あはは、と笑っておしまいの映画にはお金を出さなくても、こういう映画なら見てやろうと思う人がこの地域にもいる証拠であろう。
 映画は・・・よかった。思わず必死で見てしまった。敢えて言うなら、革命が必要だったキューバの状況を説明する部分が比較的淡泊で、何故チェがこんなに必死になったのかがわかりにくかったかも。でも、彼のストイックでひたむきな姿勢が、本当にひたひたと心にしみた。絶対に、続きの「チェ 39歳別れの手紙」も見なくては。

リサイクルショップ

 事務所の斜め前に、昨年末からリサイクルショップができた。今日、買い物帰りに初めて寄ってみた。雑然と、いろんなものが所狭しと並んでいる。
 中古CDが一律百円で、クラシック音楽もあったのでいろいろ見た。ふと耳を澄ますと、メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲。商品のステレオのデモとして流れていた。「すみません、このCD、売り物ですか?誰の演奏か見せてもらえますか?」と聞いて、出してもらった。「ステレオがほしいんじゃなくて、CDを見せてほしいんです。」と繰り返しつつ。グラモフォンのCDで、Yong Uck Kimという人が演奏していた。1枚百円ならいいか、と購入した。ほかに、ブラームスのピアノ四重奏曲、ミケランジェリのシューマン・グリーグのピアノ協奏曲のCDを買った。もちろんこの店はCDを売るためじゃなく、家電・家具などが中心の店である。クリムトの大きな絵もあって、「このクリムトも売り物ですか?」と聞いたら、「え、これ、クリムトっていう絵なの?」というお兄さん。がんばってね。面白そうだから、つぶれないでね。
 また、暇なときはのぞいてみましょう。

粋な計らい?

 1月になって3学期も始まって、次男はいよいよ入試と思っていたが、滑り止めの私立高校の受験料を振り込んでいなかったことに気づいた。今週から受験の申し込みも始まる。あわてて近所の銀行まで受験料を払いにいった。
 ずいぶん待たされてちょっとむっとしていたのだが、支払いが終わったら、振込の領収書にキットカット一つと合格祈願鉛筆が添えられていた。銀行の計らいである。キットカットは「きっと勝つ」だから、今どきの受験や勝負には欠かせない。長男や娘の時代にはなかったことである。
 り○な銀行さん、ありがとう。あと一息、次男にはがんばってもらいましょう。

我が輩はイヌである?

 すっかり大きくなった我が家のネコたち、毎日どたばた駆け回っている。チャコのお気に入りは、以前毛糸のネズミの家として編んだ小さな玉。071207_1552~01.jpgこれです。ちょうど卵の殻を半分に割ったくらい。遊んで遊んで、毛羽だってふかふかになっている。次男がこれを投げると、ぴゅ~んと飛んでいって、くわえて戻る。次男の手元にぽとんと落として、また投げてもらうのを待っている。これってネコのすること?携帯での撮影だから、ぼんやりしているけど、親バカ、見てやってください。

先生からの電話

 朝、電話が鳴ったので出てみてびっくり。中学生の頃お世話になったピアノの先生だった。昨年コンサートに先生のお孫さん(私の初めての生徒さんでもある)がいらしてくださったので、ドイツから帰られた先生に年賀状を送っていたのである。私が高校生の頃にドイツにいらして以来ずっと向こうで過ごされていたので、お話しするのも本当に久しぶりだった。
 ゆっくりとだが、昔と変わらない口調で、いろいろお話しした。先生はもう八十代である。今はデイケアセンターに行ったり、ヘルパーさんにきてもらったりしながら、穏やかに過ごされている。「指が動かなくなったから、ハノンばかり弾いているのよ。」とおっしゃるが、デイケアセンターではみなさんが歌う歌の伴奏を引き受けていらっしゃるのだとか。
 今年こそお会いしたいですとお話しして、電話を切った。一緒に習っていた妹と、ぜひ伺いたいと思っている。

新年始動

 あけましておめでとうございます。ぼちぼちなブログですが、今年もよろしくお願いします。
 三が日は、おばばんちに行って、のんびり過ごした。末っ子は、いとこたちと恒例のトランプ「大貧民」をやってもらって大満足。三日はダンナに迎えにきてもらって(ダンナは留守番部隊。長男も元日からバイトだったのでお留守番だった)、いとこも一緒に昼過ぎにおいとました。車の中で、末っ子のリクエストに応えしりとりしたりして、騒いだり、うたたねしつつ帰ってきた。いとこたちは、埼京線の駅でさようなら。
 そのままショッピングモールでお買い物して帰った。何をしたというのでもないけれど、お正月らしい三日間。

プロフィール

しおん

  • Author:しおん
  • 4人の子どものうち、1人は結婚し孫もできました。まだまだ子育ては続きますが、日々格闘しながら、ピアノと向かう毎日。大好きな本のこと、ベランダの緑、趣味の手芸もご報告していこうと思っています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。