スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春爛漫

 なかなか暖かくならないなあと思っているうちに、いろんなところで春の足音が。PAP_0001.jpgPAP_0003.jpgPAP_0004.jpg前にも載せた黄色い花はたくさん咲いたし、新たに咲いた花も。左の写真の花のほうは、同じ種類で赤紫のつぼみもある。スイートピーもずいぶん育って、そろそろ花芽がつき始めた。うれしいなあ。ローズマリー(モーツァルトブルーという鮮やかな青色の花)・ラベンダー・ムスカリと青い花ばかりの中に、ほどよくアクセントをつけてくれる野花である。

スポンサーサイト

「ゴリラ先生ルワンダの森を行く」

 NHKハイビジョンで放送された番組で、今回地上波でも紹介された。思わず一生懸命見てしまった。
 若いころ、森の中でマウンテンゴリラの生態研究をしていた山脇博士が26年ぶりに再びルワンダの森へ行く。ず~っとそこに住み続けていたゴリラ・タイタスと再会して、相手もそれと気づいたそぶりをする。ゴリラ語であいさつし続ける山極寿一先生が印象的。見ている私もウルウルしたが、山極先生はもっと感無量だったろうな。
 山極先生はもちろん京都大学人類進化論研究室の教授である。京都大学には、今西錦司・井谷純一郎という脈々とした霊長類研究の流れがある。高校時代、私のクラスでは、この二人が何故かヒーローだった。卒業旅行に、犬山のモンキーセンターに行った輩もいる。ミクロの世界に突入した生物学と一線を画し、フィールドワークを大切にする学問に、みんなあこがれたのね。
 一緒にテレビを見ていた次男も、「ああいう勉強なら、面白そうだなあ。むっちゃやってみたいなあ。」と言うので、「京都大学なんて、東大に入るくらい頭よくないと無理だよ。」と答えたら、「頭よくないと、研究できないのか。それじゃあダメだ。」とあっさりあきらめた。本当にやりたくなったときは、まあ、考えてみてね。

先生に会う

 子どもの先生ではなく、私の先生である。中学生時代にピアノを教わった先生。私が高1の時、ご主人とドイツに渡り、数年前までミュンヘンで暮らしていらした。むこうでも何十人もの生徒さんを教えていらした。もちろんドイツ人の子どもたちが中心である。帰国なさって、ご主人が亡くなり、今は静かに暮らしていらっしゃる。
 先生には本当にお世話になった。基礎が全然できていなかった私に、何時間もかけてハノンを仕込んでくださった。コンクールの前のレッスンではお昼もごちそうになった。ピアノの先生って歌いながら踊っている人というイメージが、私にはあるが(たぶん、私もそうなっている)、それは先生のお姿である。偉い先生のところにレッスンに行くようになっても、ずっと練習をみていただいていた。「こういう風に弾きなさいと言われても、急にできるわけではないから、今は一歩一歩着実に練習して、次のレッスンで『まだまだ』と言われてもくじけないこと。」と、リズム替えや片手練習にも付き合ってくださった。先生と二人三脚で進んできたという思いが強い。
 今はご長男夫妻と暮らしていらっしゃるお宅に、一緒に習っていた妹と2人でおじゃました。笑顔も口調も昔と変わらないものの、その先生が一回りも二回りも小さくなっていらした。もう八十代も半ばのはずである。大病を患われてからたくさんの記憶をなくされたようで、「ごめんなさい、忘れちゃったわ。」と何度もおっしゃった。でも、先生、私は忘れていません。妥協を許さず厳しかったけれど、うまく弾けたときには面映ゆいほどのお褒めの言葉をいただいた。音楽への道を拓いてくださったのは先生である。市井のピアノ教師を貫かれたが、本当にたくさんの子どもたちに音楽のすばらしさを伝えていらした。ずっと、先生のような先生になりたいと思って教えてきた。まだ全然届かないけれど、先生はいつまでも私の先生である。
 

ささやかな幸せ

 私のパソコンにはビール会社からのメルマガが届く。たいてい、新発売やら季節ごとやらの抽選でプレゼント、とかいう記事がある。これが、けっこう当たる。昨年は、某ビール会社のスタイルフリーの発泡酒を飲んでアンケートに答えるというのに当たり、350ml缶一箱が届いた。今度発売になる発泡酒。2缶だけだったけれど、もらえるとうれしい。
 ネットの応募だと、切手もいらないし気軽に申し込める。確率も高いような気がするので、オススメです。

春の気配

 埼玉県の北のほうでコンサートだった。畑や田んぼや、のどかな風景の中に会館が。お昼の休憩の時、ちょっと買い物に出たら、会館のすぐ横の畑にサギが立っていた。通り過ぎたが、写メしようと戻ったら、羽を拡げて飛んでいってしまった。けっこう大きかったから、中サギかな、大サギかな?写真が撮れなくて残念。でも、イヌのふぐりもたくさん咲いていた。PAP_0001.jpg 菜の花も満開。残念ながらお客様は少なめだったけれど、お一人が三人分くらい楽しんでくださったのでは、と思う。最寄りの「笛の音楽隊」の方から、これまた春の花をいただきました。PAP_0000.jpg

卒業式

 今日は次男の卒業式。あいにくの雨風で、次男はダンナに送ってもらった。私はあとから出発だったが、少し落ち着いてきたので歩いて中学校に行った。
 卒業式が始まって、卒業生が入場した。次男のクラスの担任の先生(部活の顧問)は・・・袴姿だった。先生は、今までの卒業式で1回しか袴をお召しになったことがないそうで。クラスのみんなは「卒業式の時、先生に袴を着てもらいたい!」とがんばってきた。が、合唱コンクールで優勝して、団結したクラスで・・・というハードルを超えたら袴、ということらしく、合唱コンクールでの優勝を逃した次男たちのクラスは、今年は無理かなあと半ば諦めていた。その先生が、袴。ものすごくかっこよかった。次男に言わせると「前からもいいけれど、後ろ姿はもっとかっこよかった。」そうで。先生からは「このクラスは、本当にいいクラスだったから。」とのお言葉があったらしい。式の終わりから、最後のHR、先生も生徒たちも目が真っ赤だった。
 三年間、本当に楽しく過ごさせていただいて、感謝の気持ちでいっぱいである。卒業式では、「旅立ちの日に」「仰げば尊し」「校歌」と保護者も一緒に歌った。私は、校歌をちゃんと(最後のコーダも)歌えましたよ。三十ン年前に歌っていたからね。

携帯電話

 実は、先週名古屋に行く日の朝、携帯を水没させてしまった。すぐにすくい上げ、タオルで拭いてドライヤーをかけたが、電源が落ちてしまった。温めたり乾かしたりして、時々立ち上がるという感じになり、何とか一日は過ごした。
 でも、だんだん使えなくなってきて、とうとう翌々日買い換えに行った。ちょうど二年くらい経って、そろそろ機種を変更しようかなとは思っていたところだった。近くにできたばかりのauショップで「他には何の機能もいらないから、カメラがいいのをください。」とお願いした。で、カシオの809万画素のカメラ付携帯を選んだ。データもなんとか移し替えてもらえた。家に持って帰ったら、次男が勝手にいろんな写真を撮りまくり。「いいなあ、いいなあ」と連発する。確かにとてもきれいに撮れる。カメラ付携帯というより、携帯機能付きカメラという感じ。ちゃんとした写真を撮れるので、楽しみである。

 古い水没携帯は、末っ子にやった。だんだん乾いてきて、再び使えるようになったから。icチップがなくても、写真は撮れるし、データを入れれば音楽も聴ける。赤外線送信もできる。仲のよい友だちが、やはりお父さんから使わない携帯をもらっていて、お互いに赤外線送信をやりとりできると大喜び。男の子は、なんだかいつまでもこんなものである。

自転車がパンク

 町会少年ソフトボールの親子大会だったので、朝から町会会館でちょっとばかり準備のお手伝いをした。そのあと家に帰って家事をして、小学校の校庭へ。自転車で移動していたのだが、なんか、カックンカックンするなあと思いつつこいでいた。親子対決の試合は、今年は5対5の引き分け。子どもたちは本当に上手になっていて、頼もしい限りだった。成年男子ソフトボール部の面々が8時からの試合のあと駆けつけたので(元気だなあ)、お母さんたちは守備を免れてもっぱら打席に立つ係。私も3回順番が回ってきて、必死で走ったので早くも筋肉痛が怪しい。
 試合のあとは、6年生を送る会を兼ねた慰労会。私は、次男が夕方からの高校サッカー部の練習に出かけるので、早めに失礼させてもらった。ゼッケン代わりのTシャツやらおにぎりやら用意して、送り出したあと買い物に。自転車のカックンは直らないし、なんだか空気も抜けてきたので見たら、前の車輪に画鋲が。引っこ抜いたら、シュ~、と音を立てて空気が洩れたので、あわててもう一度刺した。そのまま押しながら自転車屋へ直行した。自転車屋のおじさんは見るなり「画鋲だねえ。すぐ引っこ抜きなさい。」と言った。調べてもらったら穴が大きくてゴムを貼ったのではカバーできず、結局チューブの交換になった。「刺さったものの運が悪かったねえ。画鋲は早く抜いたほうがいいんだよ。傷口が大きくなるから。でも、人間がナイフで刺されたときは、抜いちゃダメだよ。血が出て死んじゃうから。」とのお言葉。私も、中のものが出てはいけないと刺し直しちゃったのである。う~ん、判断ミスでとんだ出費である。

春の予感

 三寒四温とはよく言ったもので、春の訪れはy=axのグラフにはならない。行きつ戻りつ気がつくと日差しも気温も春だなあ、という感じ。まだまだ冷たい風が吹いて、分厚いコートを着ているのだが、ベランダには確かに春の気配が。しばらく前から、ラベンダーとローズマリーのブルーの花は咲いていたが、昨年秋に蒔いたワイルドフラワーミックスのプランターで、黄色い花が咲き出した。名前は・・・不明である。090307_1215~01ついでに、ここに引っ越してきたときに買ったムスカリが今年もたくさんの花芽をつけた。090307_1216~01マンションの最上階だから本当に強風が吹きすさび、草花には気の毒だが、こうして咲いてくれるんだなあ。スイートピーの苗も、すくすくと育っている。暖かくなるのが楽しみである。

 今日は午前中次男のサッカー部の送別会で、午後からは娘の高校のPTA役員会だった。その合間にレッスン。なかなか忙しく飛び回りました。

合格!

 今日は、公立高校後期試験の合格発表日。夜半からずっと雨だったので、8時半の合格発表にはダンナが車を出すことになった。蛇足だけれど、私もついて行った。だって、貼りだした合格発表に自分の子どもの番号を見たことがなかったので、見てみたかったんだもの。
 辺鄙な場所の高校なので、けっこうたくさんの車が止まっていた。次男は意外と冷静に番号を確認し、書類を受け取りに行った。入学の書類の中には春休みの英数国の分厚い課題があったし、その他に明後日からサッカー部の練習に参加するようにとのプリントもいただいた。う~ん、腰が治っていないので運動できないが、本人は見学だけでも参加したいと言っている。
 そのプリントに、ジーコとオシムの言葉が。「若者ですから、時にはカラオケにも行きたいでしょうし、青春も謳歌したいでしょう。・・・目標を達成するためには犠牲にしなければならないものもある。その代償があってこそ、栄光が勝ち取れるんです。」(ジーコ)「サッカーに集中できないと、いいサッカー選手にはなれない。・・・努力、我慢をして、絶望も乗り越える必要がある。」(オシム)などなど。う~む、まあ次男の場合、比較的こういうのは言う必要がないんですけどね。やる気をあおられて、盛り上がりまくりの次男である。

コルセット

 次男は腰の疲労骨折が直らないので、コルセットを装着している(そういえば、保険を適用するために市役所の保健課に行かなくちゃいけないんだった)。型を取ってぴったりに作ったのだが、これをつけていると食事がしにくいらしい。だもんで、学校でも取り外したりしていたら、クラスの女子から「あ~、○○ったら、腰ブラつけてる!」とはやし立てられたらしい。腰のブラジャーってことね。まあ、よくそんなことを考えつくもんだ。でも、本人も、最近では「あ、腰ブラ忘れるところだった。」だの、そういう名称の器具になってしまっている。
 この女子たち、日頃から男子がいても「私、今日生理だし~」だの、本当にかしましいらしい。しばらく前学校が休みで車に次男を乗せて出かけたときも、信号待ちしていたら、街角にいた女子が気がついて「あ~!」と大騒ぎしていた。中3だけどばっちりお化粧もして、しっかりギャルだった。でも、この女の子たちのはっちゃけた元気さ、私はけっこう好きである。もうすぐ卒業だけれど、次男をかわいがって(いじって)くれて、ありがとう。

夜のコンサート

 日頃ファミリーコンサートや学校公演ばかりで弾いているので、アーベントの公演は久しぶりである。なるべく夜練習したりした。今日のコンサート会場は名古屋。次男が山口先生の四季を絶対に聞きたいと言って、中学校を早退した。今日は社会科見学で、ミュージカル「ウィキッド」を鑑賞する予定だった。ディズニーランドは友だちと行くだろうが、こういう本物に触れる機会はなかなかないだろうという先生方のご配慮である。次男は担任の先生に「チケット代は返金できないけど、いいんだな?」と聞かれたが、本人は自分が払ったわけじゃないし、飄々としていた。ちょっと手伝ってもらう長男も、終電帰りでは留守番させられない末っ子も連れて行った。
 今回は珍しくおとな向きの室内楽の夕べで、私は大の苦手のチェンバロだけを弾いた。和風の装飾が施されたきれいなチェンバロだった。チェンバロはすばらしいんだけれど、私はすばらしくないので、ものすごくものすごく緊張した。リハーサルではボロボロだったので、ぎりぎりまで弾かせていただいた。最後に楽器屋さんに「もう調律するからやめてください。」と言われてしまった。本番が終わったらすごくほっとした。
 山口先生のソロは本当にすばらしかったので、私は客席で聞くほうになりたかったなあ。

 帰りは終電より一本前の新幹線に乗ることができた。家にたどり着いたら、留守番だった(学年末試験前だし、レッスンもあった)娘はもう寝ていました。末っ子は明日が球技大会なので、急いでベッドへ。なが~い一日だった。
プロフィール

しおん

  • Author:しおん
  • 4人の子どものうち、1人は結婚し孫もできました。まだまだ子育ては続きますが、日々格闘しながら、ピアノと向かう毎日。大好きな本のこと、ベランダの緑、趣味の手芸もご報告していこうと思っています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。