スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誉め言葉?

 末っ子は、すごくぼ~っとした性格である。体系的にも、最近横に成長し始めて、よく言えば癒し系、、、まあ、そのうち背が伸びたら改善するかも。でも、彼は彼なりにけっこう周囲に気を使っている。母親にもその気遣いを見せ、今日は弁当を作っている私に(運動会の代休予備日だから、小学校もお弁当だった)「お母さん、お母さんは若いよ。だって、近くに来ないと見えないシワしかないもん!お化粧も上手だし。」
 とりあえず、これは誉められたことにしておこう。
スポンサーサイト

運動会

 やっときた末っ子の運動会。バイトの長男、部活の次男、そして運動会用の弁当を作る。朝から600グラム以上のトリの唐揚げを揚げた。次々と出かける人たちを送り出し、ダンナと娘と私は、最後に小学校へ。でもまだ開会式が終わっていなかったから、ちょうどよかった。
 今年大きく体型が変わった末っ子は足が遅くなり、クラス対抗のリレー選手からも漏れてしまった。かろうじて補欠だったが、正選手の一人が運動会二週間前くらいからず~っと病欠していたので、いつも代わりに練習に励んでいた。休日の友だち同士の自主練習にも「補欠でも、練習しとかないとね。」と出かけていった。休んでいた子は、昨日登校した。彼は最後の練習にも出られなかったので、末っ子にはもしかしたら、という気持ちがあった。友だちにも「バトンの練習もずっと一緒にしたし。」と声をかけてもらったりした。でも、先生からどちらが出るのかは説明もなく、当日まで「どうなるのかなあ。」と言い続けていた。結果はもちろん正選手が出場した。それでも応援団で「1組、がんばれ!」とリレーに大きな声援を送っている末っ子に、親としては大きな○をやりたいと思ったのであった。
 むちむちの体型に和風の踊り(小学校では「表現」と呼ばれる)が妙に似合ったりして、家族で楽しんだ。午後から暑くなったけれど、予定通りに行われて何よりの運動会でした。CA3C0031.jpg

ディズニーシー

 ダンナは、シルバーウィーク初日に広島公演で、金曜日から出かけている。そのあと、今日熊本公演があるので、直接実家に帰っていた。
 私は今回降り番にしてもらったので、家にいる。いつも休みには親が仕事で留守番ばっかりだった(友だちは出かけていない)末っ子と、今日はディズニーシーに行った。本当は昨日行こうと思ったのだが、チケットは完売、22日にしたら私と末っ子の二人分買った時点でsold outに。朝から電車で出かけた。開演時間を少し過ぎて着いたが、入場するのにも並び、長男から「絶対に最初に行って、ファストパスを取れ!」と言われた「センター・オブ・ジ・アース」まで駆けつけた。ファストパスを取るのに並んで30分。やっとゲットしたパスはなんと午後4時過ぎから。
 昨年もこのくらいの時期にディズニーランドに行った気がするが、今はハロウィン一色。090922_1313~01みなさん、次々と記念撮影に余念がなかった。末っ子は、絶対に写真に写りたくないらしく、最後まで逃げ回った。やれやれ。
 やむをえず(?)いろいろなアトラクションを楽しんで、夕方を待った。比較的並ばなくても楽しめるものばかりを選んだが、それでもどこもかしこもすごく混雑していた。その中で、末っ子お気に召したのは「ザ・レオナルドチャレンジ」。宝の地図みたいなプリントを渡されて、謎解きを楽しむというもの。090922_1542~01この建物やら何やらを巡って、ポイントを探す。末っ子は首尾よくゴールを見つけて合格の押印をもらってご満悦、入り口案内のお姉さんに「楽しかったです!」と報告した。比較的地味なアトラクションだから、お姉さんもうれしかったのでは?
 さて、やっとこ「センター・オブ・ジ・アース」に乗り、二人でひゃあひゃあ騒いだ。実は、末っ子も私も、ハードなジェットコースターは苦手なんである。そのあと、覚悟を決めて「海底二万マイル」に並んだ。80分待ったのち、とうとう潜水艇に乗った。「これ、本当に海に入ったの?」と聞く末っ子。おいおい、5年生ならわかるんじゃないかな?でも、自分でサーチライトを動かしたり、海底の景色に感動したり、並んだ甲斐のある楽しいアトラクションに満足して帰途についた。
 ディズニーシーを出たのが午後七時頃。帰りは疲れたので、タイミングよく来た武蔵野線に乗った。時間はかかるが乗り換えはラク。そうしたら、東川口から、ちょうど部活の帰りの次男が乗ってきた。一緒に最寄り駅で降りて、ラーメンを食べて帰りました。
 いっぱい歩いて、ただひたすらくたびれた休日。でもまあ、末っ子が楽しかったようなので、何よりである。

得した気分

 休日だが、朝からソフトボールの練習に行く末っ子を送り出し、部活に行く次男のお弁当を作り、やっと一息して、図書館に行った。予約した本が届いていたから。図書館のリサイクルコーナーで、「おおきなポケット」のバックナンバーをゲット。2005年3月号は「あっ!ねこふんじゃった」という特集で、「ねこふんじゃった」という曲の由来にも触れ、楽しい鍵盤もついている。「おおきなポケット」は、よく幼稚園なんかで配られる(強制的に購入させられる)幼児向きの雑誌とまぎらわしいが、表紙には「小学生からの月刊誌」とある。福音館が出している、内容の充実した楽しい本だが、少々高いのであまり買う人はいないでしょうね。6冊もいただいてしまってラッキー。090920_1852~01
 さて、今日は次男の誕生日。休日だけどぐだぐだしていた私は、夕ご飯をしゃぶしゃぶにしてしまい(ごめんね、手抜きで)、ケーキも焼かずに買ってきた。赤いサッカー部にいる次男だから、ケーキも赤ってことに。090920_2101~01おりしも、ジャンクスポーツで、スポーツ選手の奥様方が登場。「がんばったときの勝負メシは?」という質問に、超高級レストランの食事が紹介されていた。次男は「違うでしょ、手作りじゃないのかよ?」とのたまう。「じゃあ、君がおとなになって、勝負メシは何がいい?」と聞いたら、「一から手作りのカレー(でも、市販のルーでいいらしい)か、家で作ったコロッケだな。」とのことで。未来の奥さん、がんばってください。

新米

 実は、今月末に届くよう、新潟の新米をネット購入した。とっても楽しみにしている。
 そうしたら、今日、ダンナが指導に行っている幼稚園で、埼玉の新米をいただいて帰ってきた。kosihikari.jpgなんと、ど~んと30キロ。以前は「ミルキークイーン」とかいう品種だったが、今年はコシヒカリである。高校生になってからドカ弁を持っていく次男がいて、毎日1キロくらいのペースでお米を消費している我が家、非常に助かる。わ~いわ~い、早速ダンナに10キロを精米してきてもらいました。

先輩

 サッカー日本代表のゴールキーパー川島永嗣さんは、次男の高校の先輩である。高校時代から、というより少年時代から抜きん出ていて、高校卒業後、Jリーガーになった。6日のオランダ戦に出場したが、惜しくも0-3で負けてしまった。
 次男の高校では、サッカー部は普通の練習が終わったあとも自主練習ができる。がんばろうと思う生徒は、練習後もグラウンドでボールを蹴ったり、トレーニングルームを使ったりしている。夜は10時までと決められている。サッカー部の練習が長時間に及ぶことは少ないので、あとは個人の裁量に任せられているのである。
 川島さんは、ものすごく練習熱心だったらしい。同じダッシュの練習なら、人よりも長い距離を、もしくは人よりも速く。誰よりもたくさんのトレーニングと練習に、黙々と励み続けたそうだ。

 音楽だってそうだなあと思うけれど、才能とは努力することである。もっと言うならば、自分がやっていることの目的と方法を認識しながら研鑽し続けられる、ということが才能なのだと思う。よい資質を持っている人が、人よりもたくさん努力する。小学校時代からコンクールで入賞するような子は、やはり一日に何時間も練習している。いいなあ、私もピアニストになりたいなあと言いながら、毎日暗くなるまで友だちと楽しく遊んでいても、そういう子たちに追いつくわけがない。

 イチローもやりましたね。彼もまた、努力の人である。つまるところ、自分と戦い続ける人が、結果を出すんだろうなあ。

献血

 今日は、お昼過ぎまでレッスンしたら終わったので、隣駅の大きな図書館に行った。末っ子が「それいけズッコケ三人組」を読みたいと言っていたし。図書館から駅のデッキを歩いていたら、献血ルームに目がいった。久しぶりに献血しようかなあと思って、ふらふら入った。「献血カードは?」と聞かれたが、ずいぶん前になくしてしまったきり。でも、検索したらちゃんとデータがあった。何と、前回は10年前。カードも磁気カードになっていて、暗証番号を決めて新しく作っていただいた。
 献血ルームには無料の飲み物がいろいろあるし、お菓子も食べ放題。テーブルやカウンターがあって、コーヒールームみたい。お父さんが献血している間に子どもたちが、お菓子を食べて飲み物を飲んで、これまた置いてある漫画を読んだり。10年間でずいぶん変わったのねえ。
 心配していた血沈もぎりぎりOKで、200ccすみやかに献血して帰ってきた。半世紀、元気で生きてきたから、ちょっと幸せの(?)お裾分けである。
 
 夕飯にと挽肉を買ったのだが、「餃子とコロッケ、どっちがいい?」と末っ子に聞いたら、即座に「コロッケ!」とのお答え。珍しく時間もあったので、作りました。korokke.jpg他の子にも大好評で、よかった。

誕生日だけど、、、

 ふだんの日だし、何にも変わらなかった。が、ダンナがケーキを買ってきてくれた。最近、最寄りの駅ビルが大きく改装して、FLOも出店している。で、私がフルーツのケーキがいいなあと言ったので、これになった。cake.jpgついでに、次男が夜遅く帰ってきて「何か買いに行くヒマもなかったし」と言いながら、ハーゲンダッツを二つくれた。もちろん、両方とも、おいしかったです。

寿司

 近所の寿司屋は、回転寿司と普通の寿司屋の中間くらいのお値段。味は抜群である。毎週月曜日は一貫150円以上の握りが全て150円になる。アワビだって大トロだってウニだって、150円。昨日は、生徒を教え終わっても末っ子以外誰もいなかったので、ダンナと三人で出かけた(ナイショである)。
 カウンターに座った末っ子は開口一番、「やっぱ、寿司は納豆巻きでしょう!」と2本頼んだ。顔見知りの板前さんは笑っている。「今日は、何を頼んでもいいんだよ。」と言うと、「う~ん、う~ん」と悩み、とりあえずサーモンなぞを頼む。しばらくしたら「もう、そろそろ納豆巻きを食べていい?」結局、月曜日の甲斐のあるものは大トロだけ。5本目の納豆巻きで締めた。板前さんに、「今度来るときは6本かなあ。」と笑われてしまった。
 そういえば、長男も生まれて初めて知りあいに回転寿司に連れて行ってもらったとき、ひたすら卵焼きを頼み続けたらしい。

 ちなみに、幼稚園児の生徒に「お寿司では、何が好き?」と聞いたら、「コーン!」とのお返事。マヨネーズであえたコーンの載った軍艦巻きらしい(ゴメンナサイ、知りませんでした)。お寿司屋さんにとって、彼らはいいお客なのか、困った客なのか?

 でも、卵ばっかり食べていた長男も、今では親が「おいおい、ちょっと」と思うものを頼むようになったし、食の好みは年齢で変わるのだろう。

 蛇足だが、小学校一年生の男の子に「一番好きな食べものはなに?」と聞いたら、「ワカメのおみそ汁。」と答えた。お母さんの姿が神々しく見えました。

投薬

 避妊手術をしたネコを迎えに行くとき、先生から「薬は粉末にする?それとも錠剤?」と聞かれた。迷わず「錠剤で。」と答えた。前に下痢をしたときは、顎を持って下の奥まで押し込んだが、今回は小さい薬だったし、缶詰の餌に混ぜ込んで、手から食べさせた(エリザベスが邪魔で、食べにくそうだったから)。弱っているにもかかわらず、いつもドライフードしか食べていないヤツは、ものすごく喜んで薬ごとペロペロ食べる。缶詰も、以前病院でもらった不調の時のための特別な缶詰だもんね。薬だけいやがって、ペッペッとするなんていう繊細さは、ない。
 ちゃんちゃんと朝晩薬を飲んだせいか、徐々に元気になり、もう一匹のネコについて走り回るほどに。心配していた絆創膏も、長男が「警戒心のないところを」ベリッと一気に剥がした。溶ける糸がまだ見えているが、傷口もきれいになり、毛が生えたら問題はなさそう。とりあえず、やれやれである。

この前の発表会で

 平日だったので(火曜日)お父さんはお仕事、という子もたくさんいた。本当にスミマセン。だって、抽選に参加できる最寄りのホールは人気だし、市外のホールはそもそも抽選に参加させてもらえないんだもの。
 
 で、どうしても会社の会議で来られないお父さんに、お母さんは本番直前「今からですよ。」と携帯でメールをし、そのあと電話をかけた。お父さんはこっそり電話をonにして、娘の演奏を聴いたそうで。会議中だけど。
 う~ん、いけませんねえ。でも、本当にがんばって、きれいに弾いてくれたんです。

 次回の発表会は休日にできるよう、私もがんばります。

 ただ今、発表会の百回練習がんばりカードのご褒美を配っているところ。もうすぐ配り終わります。

エリザベス~

 うちのネコが、とうとう避妊手術を受けることになった。メリット・デメリットを考えて、避けられるなら手術なしでと思っていた。が、最近おとなになってきてマーキングがひどくて(特に、私の洋服とか)、一生男の子と出会わずに暮らすのに発情するのも気の毒ということになって、手術をお願いすることにした。
 昨日の朝病院に連れて行って、夕方迎えに行った(私はレッスン中だったが、長男と末っ子が二人で行ってくれた)。なんだかふにゃふにゃで、痛ましい。昨夜から絶食していたし、薬のせいだかとろとろしている。他のネコとは隔離してくださいとのことで、夜、ピアノの部屋に閉じこめた。090904_2111~01なんたって、このエリザベスがいけません。いろんなところにエリザベスを引っかけながら、よろよろ歩く。お腹には、大きな絆創膏。これを日曜日に「だらだら痛くないように、バリッと剥がしなさい」とのこと。
 なんかなあ。来週にはもう一匹の手術だが、痛々しすぎて考えてしまう。
プロフィール

しおん

  • Author:しおん
  • 4人の子どものうち、1人は結婚し孫もできました。まだまだ子育ては続きますが、日々格闘しながら、ピアノと向かう毎日。大好きな本のこと、ベランダの緑、趣味の手芸もご報告していこうと思っています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。