スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大失敗

 期末テスト直前だというのに、次男は部活でいつも通り出かけていった。1時間半の練習だからと、おにぎり5個だけ持って。
 8時頃、自転車のカギを忘れたみたい、という電話が入った。確かに玄関に置きっぱなし。次男の高校は次男が自転車を預けている駅から6キロ弱。最寄りの駅からでも3キロ以上ある。「バスで行くから。」と言ったが、そのバスだって数は少ない。しかも、高校の前まで行くバスは月~金限りだし、土・日は徒歩10分余のバス停を通るだけ。
 結局、そのバスもないからと最寄り駅まで電車で行って、学校までは走ることにしたらしい。重い荷物は同じ部活で駅から自転車の友だちが持ってくれた。今までにも、チャリキーを忘れて最寄り駅から走ったり歩いたりしている友だちを何人も見ていたらしいが、よもや自分がそうなるとは。9時からの練習前、すばらしいアップだなあとからかわれたが、学校まで必死で走った。帰りは歩いていたら途中から追いついた友だちが二人乗りで最寄り駅まで連れて行ってくれた(もちろん見つかったら、相当やばい)。
 本人は「失敗した」と反省しきり。これに懲りて、忘れ物はなしにしてほしいものである。あ、1時間半の練習だったはずが、結局3時間はみっちりしごかれたそうで。
 とにかく、持ち物には気をつけてほしいものです。
スポンサーサイト

天使の言葉遣い

 私はチーズ全般好きである。もちろんフィリーのクリームチーズも好き。テレビを見ていたら、このチーズのCMが出てきた。ほわほわの羽根つきのかわいい天使がクリームチーズを食べて、「これはうまい!」って、どうよ?女の子が、それもお上品な顔をした子が、「うまい」なんて言葉を使うんだろうか?いや、最近の女子中学生・女子高校生は「うまいね~」とか言うけれど、ちゃんとしたお嬢さんが使う言葉ではないはずである。天使なんだから、それはないでしょう、と思ったのは、私がおばさんだから?

とりあえず

 いただいたレンコンで天ぷらと思ったが、子どもたちは物足りなかろうと、挽肉を挟んだレンコンとナスを天ぷらにした。ほかにもいろいろ揚げて、おいしく食べた。休みの日だからちょこっと手間もかけられ、自己満足。renkon2.jpg

どちらがホンモノ?

 ミュンヘン以来のメダル獲得に湧く、グラチャンバレー、男子。どうでもいいけど、「グラチャン」って、「グラタン」や「グラコロ」みたいでどうもしっくりこない、と思うのは私だけ?
 さて、今日はキューバ戦。さすがに体格と力の差は大きく、ストレート負けだった。テレビで観戦しながら、キューバの選手について末っ子が一言。「あの人たち、お兄ちゃんみたいに黒いね。」いや、それを言うなら「お兄ちゃんは、あの人たちみたいに黒いね。」でしょう。いくら毎日、外でサッカーしているからと言っても。
 そういえば、次男はちょっとばかりまつげも長くて、髪は短髪。斜め上から見ると、バラク・オバマ大統領みたい、というのが、家族の見解である。写真を撮ろうとがんばったのだが機敏に逃げるので、真偽のほどはご想像におまかせします。

夜のコンサート

 最近はファミリーコンサートがほとんどなので、朝は早くから出かけるが夕方には終わって帰ってくることが多い。でも、今日は久しぶりに夜のコンサート。子どもに留守番を頼んで出かけた。
 今日はフルートとピアノだけで、曲もクラシック音楽ばかり。でも、このコンサートはライブというか、お客さまが円卓を囲んで座り、飲み物(車でなければ、アルコールもよりどりみどり)を飲みながら聴いてくださる。地元のお菓子屋さんが協賛してくださって、試食のクッキーも振る舞われた。暖かい雰囲気の中、私たちも楽しく演奏できた。
 このシリーズは、もう何十回も続いているそうで、財団とボランティアスタッフによって運営されている。年配の方がほとんどだが固定客も多く、今回もほぼ満員のお客さま。同じ市に、 ダンナが指導しているリコーダー合奏のグループがあって、メンバーも大勢駆けつけてくださった。「はい、花束で~す!」と手渡されたのが、こちら。renkon.jpgそう、ここ小美玉市はレンコンの名産地。今日掘り起こしたばかりのとれとれのレンコンをたくさんいただきました。うれしいなあ、天ぷらにきんぴら、しんじょも作ろう。

信じる

 昨日一緒に来てくれた末っ子の友だちは1歳年上の6年生だが、とてもユニークなお子さんである。お姉ちゃんが長男と同級生だったこともあり、末っ子たちが赤ちゃんの時からのおつきあい。
 その彼が、「お父さんってさあ、いろいろ嘘も言ってる気がするんだよな。」と言う。「最近思うんだけど、昔ジャイアンツの三軍にいたっていうのは、嘘じゃないかなあ。」ふむふむ、でも、それが全くの嘘かどうかは私にもわからない。もしかしたら、そういうこともあるかも。運動神経抜群のお父さんだし。
 「でも、絶対に本当のこともある。」と言い出した。「お父さんが、若い頃ホグワーツにいたのは絶対に本当だな!」私はひっくり返りそうになった。「え~?そうか、でも人間界じゃ魔法は使えないんだね。」「そう、禁止されてるからね。だって、ホグワーツは本当にあるし。」
 ということで、魔法使いの子どもと友だちだなんて、さすがわが末っ子である。

動物園

 前回の更新時に新聞屋さんから上野動物園の無料チケットをいただいていた。今日は珍しくダンナも全休。末っ子と友だち一人と一緒に上野に出かけた。行ってみたら、天皇陛下の即位20周年とかで、どちらにしてもおとなも無料だった。
 末っ子と友だちは、最初は動物園なんて!という感じだったのだが、けっこうはまって二人楽しくあっちこっち歩き回った。gorira.jpgwao.jpg今回は新しく「アイアイのすむ森」ができていたし、ベネッセの宝探しのイベントもあったり、飽きずに楽しめた。ゴリラは悠々とご飯を食べていたし、ワオキツネザルの子どもは三匹くっついて、本当にかわいかった。
 ひたすら歩いたあとは、上野駅の駅中でご飯を食べ、家に帰ってからボウリングへ。といっても私は絶対にやらないので、もっぱら応援係。歩いたあとで足腰ふらふらだったダンナは、とりあえず面目を保つ程度の成績だった。子どもたちは元気である。
 いつも休日に留守番の末っ子に、ちょっとはサービスできたかな?

ランドセル

 しばらく前から、末っ子のランドセルの横のベルトが切れ、とうとう蓋を止める金具が付いているベルトも切れてしまった。蓋がぷ~らぷら。ただでさえ大量の教科書やノートを入れ、体操着袋や上履き袋を無理やりはさんで留めていた結果である。あと1年半、このランドセルではどうしようもないと思っていたのだが、修理するにはボロすぎるし、新しいのを買うのはもったいない。だいたい、5年生にもなって新品のランドセルをしょって歩くのは場違いである。
 というわけで、ヤフーのオークションを見たら、いろんな中古のランドセルがあった。しかも、最近はオークションIDを入手してお金を払わなくても、ヤフーの無料登録だけで5000円までの落札が可能になっていた。以前はお友だちに入札してもらっていたのだが。で、早速トライ。中古のランドセルの需要はそこそこあるらしく、だいたい普通のものなら3000~4000円で取引されている。何度か挑戦して、とうとうゲットしました。オークション初心者なので、おっかなびっくりのお取引だったが、今日、速やかにランドセルが届いた。randoseru.jpgよく見ても、末っ子の使っていたのとほとんど同じである。この場合、大切なのは「ほどよい使用感」で、全くもっていい具合だった。相手の方は「写真だときれいめに映っているけれど、使用感かなりあります。」と恐縮していらしたが、いやいや、末っ子のより格段にきれいだった。
 「あ、ランドセル、変わったね。」と気づかれることもなく(いや、大破していたから、すごく変わったわけなんだが)、同じ型のランドセルをしょって登校する末っ子である。

惜敗

 次男の高校サッカー部は、全国高校サッカー選手権大会埼玉予選で、ベスト4に残っていた。今日の準決勝の相手は、昨年もPK戦で破れた相手である市立高校(昨年の埼玉代表である)。次男ももちろんスタンドでの応援部隊で駒場スタジアムに行った。
 結果は、、、今年も0-0で延長戦にもつれ込み、またもやPK戦で負けてしまった。私も夕方からの地方TVでの放映を見たが、本当にあと一息だったのにねえ。
 帰ってからも、悔しい、惜しかった、の連続。でも、最後までがんばったキャプテンであるゴールキーパーの3年生を「あの人は、本当のキャプテンだ。誰よりも一生懸命練習して、努力し続けてる人なんだよ。○○先生(中学の時の部活顧問)は、オレのこと『10年に一度会えるか会えないかのキャプテンだ(これは、身に余るお言葉である)』って言ってくれたけど、あの人は百年に一度のキャプテンだと思う。」と讃えることしきり。やっかみとかいじけることなしに他人を褒めちぎるのは、親が言うのもなんだが次男の美質だと思う。まあ、やっかむほどの僅差じゃないから、仰ぎ見ているわけなんだが。
 彼は最近、やっと中村俊輔の「夢をかなえるサッカーノート」を読み始めた。だいぶん前に購入してやったのだが、何せ文字は苦手だし、忙しいからと放り出してあった。読み始めると、すごく面白いんだそうだ。だから、早く読みなよ、と勧めていたのに。

寒かったけれど

 昨夜の月もきれいだったけれど、朝も晴れ渡り、富士山がくっきり。写真はぼけているけれど、もっとはっきり、もっと大きく見えた。fuji.jpg富士山がよく見えるようになると、冬ですねえ。
プロフィール

しおん

  • Author:しおん
  • 4人の子どものうち、1人は結婚し孫もできました。まだまだ子育ては続きますが、日々格闘しながら、ピアノと向かう毎日。大好きな本のこと、ベランダの緑、趣味の手芸もご報告していこうと思っています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。