スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三毛のみいちゃん、逝く

 12年前、長男が拾って病院に連れ込んだ猫。先生が手術して、ず~っと飼ってくださっていた(当時我が家はペット不可だったので)。その後も手術を繰り返す下半身不随の猫を、先生はかわいがってくださった。元気な頃は、おむつをはかせて室内を走り回らせていた。
 その猫が、腎臓を悪くしてもう長くないだろうと聞いたのは先月。最後に会ったとき、顔は丸いけれど体はやせてきていて、毛並みもだんだん悪くなっていた。
 先生から長男の携帯に連絡が入り、「にゃんにゃん(病院ではそう呼ばれていた)、死んだよ。」と聞かされた。急いで病院に行った。あいにく別の場所にいるとのことで会えなかった。明日病院に戻り、午後には荼毘に付すそうである。

 明日行けるのは長男と末っ子。花とお線香を持っていくようにと指示した。先生が飼ってくださらなかったら、こんなに長生きはしなかったと思う。「初めは引き取り手を捜すつもりだったけれど、だんだんかわいくなって。」と笑っていた。死んじゃうのがいやだから「もう、絶対飼わないぞ。」とも。
 先生、長い間、本当にありがとうございました。みいちゃん、天国ではびっこひかずに楽しく遊んでね。
 081021_1733~01
スポンサーサイト

夕方、まだ明るいうちからビールをあけるしあわせ

 何のこっちゃ、えらい魅力的やけど、と思う方もいるでしょう。
れっきとしたお料理のレシピ本である。以前図書館で借りたが、ブックオフで発見して思わず購入した。
      yuugatamadaakarui.jpg
 いやあ、いいタイトルですねえ。私でも作れそうなおいしそうなものが並んでいる。時間のあるとき、ちょこちょこ小さなおかずを作り続けながら飲むのは、本当に楽しい(あと片付けは面倒だけど)。大いに参考にできそうである。
 実際には、遅くまで生徒さんが来るので、「明るいうちから」飲める日なんてほとんどないけどさ。

紅葉

 所用で次男の高校に行った。校門脇のもみじが紅くなっていた。秋深し。
101125_1321~01

お弁当

 午前中のコンサートを終え、一旦自宅に帰り、子どもの夕食を作ってからダンナと家を出た。明日の近江八幡でのコンサートのために、滋賀まで移動である。
 到着が9時を過ぎるので、お弁当を買って乗車することになっていた。東京駅のエキチカで購入しようとエスカレーターを降りていったら、一緒に移動するメンバーと遭遇。さらにもう一人降りてきて、4人がそろってしまった。広~い東京駅で奇遇なことである。
 さて、私は「鮭親子寿司」というちらし寿司を、ダンナは浅草今半のすき焼き弁当を購入した。こちらは数量限定で、前回購入できなかったとかでダンナのあこがれであった。それがこちら。101120_1838~01よく見たら、ゆで卵の黄身が二つ。101120_1838~02まさか、そういう商品なのではなく、もちろんたまたまでしょう。

 

最近のコンビニ

 千葉でハープと一緒のコンサートだったので、朝早くから家を出た。途中コンビニに立ち寄ったら、入り口付近のコーナーに小学校の体育着が。それぞれ袋に入っているので、サイズお試し用が1着ずつ上に置いてある。
 小学校の体育着って、学校の前の少々しょぼくれた文具店なんかで売っているものだと思っていた。でも、確かに最近は文具店が減った。うちの近所にも単独の店はない。スーパーの文具コーナーか、少し離れた激安文具店とかを使っている。
 学校の近くに取扱店がなかったら、近くのコンビニがその役割を果たすわけである。まさにコンビニエンスですね。

先生への気持ち

 今日は今月1回目のソルフェージュ。だが、市内の小学生を集めたふれあいなわとび大会と重なったので、9時過ぎからのクラスはお休みになった。
 10時のクラスの男の子(3年生)は、ヴァイオリンを習っている。他の子よりもさっさと問題を解いたあとは、おとなしくお絵かきにいそしんでいた。以前なら、明かりを消したり騒いだりして進行の邪魔をしていたのに、「問題を解く」のだって驚異だし、おとなしくお絵かきで待っているのもたいそうな進歩である。
 101113_1042~01
左の色も付いたかわいい(?)顔が、ヴァイオリンの先生。右側の何ともへんてこなのが私。愛情の差を感じませんか?

野菜高騰

 今年は天候不順で、お米の質が落ちているし野菜も採れない、とは知っている。でも、これってどうよ?101109_1107~01
 どちらかというと、いつもよそよりは安いスーパーで。目を疑ってしまった。これを買う人っているんでしょうか?私は、先日買ったキャベツがまだあるし、生協で168円のキャベツを頼んだもんね。こういう時のための生協である。

誕生日のプレゼント

 9月に私の誕生日が来たのだが(あの、ニューヨーク高層ビルがテロに会った日)、次男からは何の挨拶もなかった。いや、挨拶がないのはかまわないが(よもやめでたい年齢でもないし)、私より十日ほど遅く誕生日の来る彼は「今年は、やっぱりお父さんから現金をもらおうかな。」などと、自分の誕生日に関してはあれこれ言い続けていた。自分のほしいものは前々から要求して、人の誕生日に一言もないのは?と、少々(いやいや、かなり)むっとして、わざと無視していた。

 昨日は娘の誕生日だがいろいろバタバタしていたので、今日夕方事務所でのレッスンを終えて、ケーキを買ってきた。したらば、次男が「遅くなったけど、お母さんの誕生日のプレゼント」と言って、1人前の寿司と生のサンマ2匹を買ってきていた。そうか、そういう気持ちもあったのか、と、急遽1つのケーキを食べる前に、家族で「Happy Birthday」を2回歌い、次男と娘の誕生日を祝った。FLOのフルーツタルトは、いちごショートのお誕生日ケーキよりも、やっぱり美味しかった。

 次男は、学校帰りに「新潟寺泊港直送」の魚屋に寄り、寿司とサンマを購入したらしい。学ランで、魚屋のおいちゃんに「サンマ2匹」と注文するのは、とても恥ずかしかったらしい。
 それにしても、誕生日のプレゼントに(いくら、サンマが好きだと言っても)息子からサンマをもらった人は、日本広しといえどもあんまりいないのではと思う。今日のおかずは(超忙しかったから)おでんだったのだが、私は自分用にサンマを1匹焼いて食べた。もちろん美味しかった。残りは明日焼いて食べよう。

便利だから、コンビニ

 10月29日から11月6日までの間に、私には6日間演奏の仕事が入っている。まあ、ハイシーズンである。
 今日も、朝4時半に起きて次男の弁当を作り、5時半過ぎに出発した。今日の公演は、いわき市の小学校である。五十日(ごっとうび)なので心配したが、たいした渋滞もなく、早めにいわきに到着した。
 コンビニに立ち寄ったら、お総菜よりどり5個250円のコーナーがあった。101105_0815~01いろんな揚げ物や茹で卵が、丸い陳列台にど~んと並んでいる。奥に見えるのは地元のパン屋さんのパンの直売コーナー。朝から揚げ物のバイキングは食傷だが、お昼時ならうれしいでしょう。

 いわきの小学校の子どもたちは、今年1番かな?という集中力でコンサートを楽しんでくれた。1年生もにこにこしながら、ず~っと体育座りで体を揺すっていた。真剣に聞いてくれる人たちの前だと、こちらもよりいっそう一生懸命演奏しなくては、と思う。

 帰りには、いわき・ら・ら・ミュウ(魚市場)に立ち寄って、鮭やらアサリやらを購入した。小ぶりながら「のどぐろ」という鯛の一種を見つけ、即買い。刺身も美味しいが、塩焼きが絶品の魚である。
 大満足で帰途につき、これまた順調に帰り着いて、生徒を一人教えました。
プロフィール

しおん

  • Author:しおん
  • 4人の子どものうち、1人は結婚し孫もできました。まだまだ子育ては続きますが、日々格闘しながら、ピアノと向かう毎日。大好きな本のこと、ベランダの緑、趣味の手芸もご報告していこうと思っています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。