スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんだか忙しい・・・

 さすがにばっちりシーズンに突入して、慌ただしく過ごしている。更新が滞って反省しきり。

 今週は、、、遠方も含めて鑑賞会が二つあった。7名室内楽の曲を二つ編曲した(フィナーレというソフトだが、キーボードをつないでいなかったので一つずつの音をマウスで入力した)。来週のコンサートの練習があった。もっと先のコンサートの伴奏合わせもした。夜、中学校の広報部の部会があった。あ、小学校の図書ボランティアにも行った。イレギュラーに、大昔教えていた生徒のお子さんにレッスンした(もう小学4年生である。私が年を取るわけだ)。もちろんいつもの生徒さんたちは、いつも通りやってきた。最後に今日は日曜日だけれどコンサート。2公演のあと、帰ってからもレッスンした。

 というわけで、睡眠時間が3時間zみたいなやばい日が続いて、お肌ボロボロである。この年になって夜更かしはいけません。ブログに書きたいことも山々だが、後回しに。

 でも、本当に書きますからね。今しばし、お待ちください。
スポンサーサイト

三陸産わかめ

 私はずっと生協の「三陸産わかめ」を愛用していた。湯通し塩蔵で、ごちゃ~っと塩のついているのではなく、ほどほど塩漬けで水で戻すタイプである。水で戻すときれいな緑色で、歯ごたえも味も最高だった。
 でも、震災後、全く見かけなくなった。かわりに出てきたのは韓国産である。たぶん、そんなに違いはないのだと思うが買う気になれず、時々数量限定で出る三陸産乾燥カットわかめを買うだけなので、我が家ではわかめが不足気味だった。早く三陸産わかめが食べられるようになりますように、とお祈りしていた。
 でも、とうとう出ましたよ~!
      111019_1930~02
 うれしくて2袋買いました。これは気仙沼の会社のものである。お味噌汁にもうどんにもサラダにも、大活躍する。ずっとおいしく食べられるといいなあ。

笛の音楽隊 練習

 11月6日に予定されている小美玉笛の音楽隊10周年記念コンサートの練習に出かけた。100人による大合奏があって、今日は各地から有志がぞくぞく集まった。今日の練習には100人はいなかったが、70人は超えた。
 大合奏はさすがに迫力満点。本番がすごく楽しみである。
 このコンサートは、3月12日に開かれるはずだったコンサートの再チャレンジ。関東大震災で中止になった演奏会を、何とかもう一度と、会館の方、音楽隊の人たちが並々ならぬ努力を重ね、準備してきた。
 小学校低学年から、おじいさん?(失礼!)と言えるような方まで老若男女が集まって、コンサートを創り上げる。参加させていただくことに、ぞくぞくするような喜びを感じる。
 成功しますように。いや、絶対成功します。
 
     111016_1309~01

 

おかずが少ない?

 今日は8時までレッスンだったので(8時からの生徒は中間試験前でお休みだった)、レッスンの後、急いで豚汁とトリの唐揚げを作った。どうせ塾やらでみんな揃うのは9時を過ぎてからだし。あとはキュウリ(板ズリしただけ)でご飯。涼しくなってくると、鍋やおでん、豚汁とか便利なおかずがいろいろ使える。
     111015_0715~01
 子どもからは「今日はおかずが少ない。」とのお言葉。はいはい、本当に申し訳ありません。
 でも、そんなに悪くはないと思ったのになあ。

ぬれぎぬ

 世田谷区で放射線の値が高い場所(とはいっても、許容範囲内である)が発見されたということで、朝からTVも騒然としていた。
 でも、空から降ってきた放射能がたまったなら、まずは地面が汚染されているはずなのに、地面を除染しても数値は変わらないし、数値が多いのは地面より上だと言う。どこかおかしいではないか。
 それは、原発事故とは違う原因では?と誰でも思うのではないか。さすがの私も、たまたま線量を測っていたら別の放射線を発見したのねえ、と思った。そこの家を調査しなくちゃ、という気持ちになった。
 でも、取材では原発事故で放出された放射能がいろんなところにたまるという言い方はしたが、他の可能性について語っている番組はなかった。みんな、原発事故のせいで世田谷に放射線が集中した、としか言っていなかった。

 夜になって、家の中から放射性物質を入れた瓶が発見されたと報じられた。

 これは、東京電力からすればとんだ濡れ衣ではないのか?一般市民で考えれば、検証もせずに「あの人が犯人に決まっている。」と報道されて、実は犯人は他にいた、ということになったら、報道陣はたいへんな失態である。誹謗中傷を公の電波で流した、ということになる。
 本来だったら、「東京電力さん、ごめんなさい。」じゃないの?

 別に東京電力の肩を持つわけではないが、朝からの断定的なニュースは、ちょっと感じが悪かった。世間もメディアも、ヒステリックに犯人を追及するだけ、という雰囲気だった。

 みんな、ちょっと冷静になろうよ、と思った。
 私は今、検査の結果問題のなかった地域の新米を、積極的に買っている。
 助ける、支える、と言いながら、橋桁を拒否し、暫定基準値をクリアしているがれきの受け入れを拒否し、一体どういう協力をしてるの、って思うもん。

だけど、やっぱり

 次男は、一応受験に向かってばく進中である。一応ね。一方、サッカー部でトップチームにいる友だちたちは、今も最前線でがんばっている。サッカー部は、3年生の今頃でも全国高校サッカー選手権の予選がまだ終わらないのである。
 今日は、うちの最寄り駅から行く整骨院(知る人ぞ知る、超有名な先生の整骨院、実は私もお世話になっている)に通う友だちが、学校帰りに自転車を借りにきて、ついでに夕飯も食べていった。まだまだサッカー現役でがんばる友だちである。とても礼儀正しい好青年。次男のサッカー部の友だちって、いい子ばかりである。みんなまじめで、素直で子どもらしい。「かわいいなあ」と思える子たちである。
 サッカー部にはホームページがあって、会員のページというの用意されている。パスワードを入れて閲覧できるページ。別に秘密の××が載っているわけではなく、がんばる子どもたちの姿がアップされている。練習する姿、戦う姿、ふざけている様子。合宿でご飯を計る(550g3杯がノルマだそうで)姿、食事の様子。試合の応援に行っても会場の周りをひたすら走る姿、応援する姿。
 次男の映っている写真もいくつかある。見ていて、ああ、青春だなあと思う。つらい練習、合宿のたいへんなご飯。楽しいだけのはずはないのに、みんな活き活きと映っている。お見せできないのが残念なくらい。一緒にがんばった仲間は、一生の友だちになれるかもしれない。将来壁にぶつかったときに、お互い力を分かち合える関係でいられるといいね。

子育て中のお父さん

 昼食にダンナとラーメン屋に入った。同じくらいに入ったご夫婦は赤ちゃん連れ。お母さんが赤ちゃんをおんぶしていた。
 お母さんが座っている間に、お父さんは食券を買い、お茶をついで席に着いた。そこまでは普通だが、そのあと店内にある漫画を取りに行き、あとは漫画に没頭。赤ちゃんはお母さんの背中にいるので、一生懸命こちらを見ている。ラーメンがきて食べ始めたが、やおら再び漫画を読み始めた。もちろん食べながら。しかも1巻読み終わったら続きを取りに行って、さらに読みながら食べる。食べ終わっても読み続ける。
 普通に考えたら、夫婦でご飯を食べるのに、漫画を読みながら食べるかな。いや、ラーメン屋なら一人でそうしている人が多いけど、子連れである。さっさと食べ終わったら、奥さんの背中の赤ちゃんを抱いて、身軽に食べさせてあげたりしない?そもそも、今どき外食のときは、始めから男の人が子どもを抱いて食べるのだってよく見かける。
 結局、赤ちゃんをおんぶしたお母さんが食べ終わるまで漫画を読み、店内に入ってから、ついぞ子どもの顔を見たりあやしたりすることもなかった。赤ちゃんは私たちのほうを見ているだけ。
 「お母さんが食べてる間くらい、子どもを見てあげなさい!」と一喝しようかと思ったが、よけいなお世話かと黙って店を出た。おんぶしながら前屈みでラーメン食べるなんて、私だったら肩が痛くて吐き気がしちゃうな。
 みなさん、ダンナ選びは慎重に。

すっかり秋

 我が家では、数年前にインターネットで購入したホームベーカリーを愛用している。そこそこの安物だけれど、おいしいパンが焼けるので、○マザキや○スコのパンを買う必要がない。粉もイーストもネット購入ですごく助かる。
 というのは、実は涼しい時期のことで、夏の間はパンが焼けない。たぶん、エアコンを使わない室内では、ホームベーカリーが設定する温度のほうが低かったりして、ちょうどいい醗酵にできないのだと思う。なので、うちでは夏の間だけ、○マザキや○スコのパンを購入するのである。
 で、最近やっとホームベーカリーが再登場した。ここでも秋を感じる私である。
     111002_0656~01
ホームベーカリーを愛用している知り合いは、一様に「1斤半が一番うまく焼ける。」と言う。確かに我が家でも1斤半と決めている。「ホームベーカリーで作るいろんなパン」のレシピ本も読んだけれど、結局いつもシンプルな食パンを焼いている。本当は「ゴパン」がほしいけど、パンが焼ける機械を持っているのだから、これが壊れるまでは我慢だなあ、と思っている。しばらくは大活躍のホームベーカリー、またよろしくね。

幻のたこ焼きパーティー

 土曜日に友だちを呼んで、たこ焼きパーティーをするかも、と次男が言っていた。「誰が作るの?」と聞いたら、「みんなで用意して作るから、お母さんは何もしなくていい。」と言われた。ふ~ん、じゃあ、他の家族(ダンナは仕事でいないし)は外食するか、と話していた。
 とは言っても、高い材料を買い込むのも気の毒だしと、昨日たまたまお買い得なタコやら少々買ってきていた。そうしたら、昨日次男が「来られなくなったメンバー(女子)がいるから、明日はなくなったから。」とのたまった。
 そうだったのか、男子と女子のたこ焼きパーティーだったのかぁ、と妙に納得したが、買い込んだ材料もあったので、今日の夕食にたこ焼きを作った。
    111001_1913~01
もちろん、他のおかずもあったんだけど。思いのほかじょうずにできたので、家族で美味しく食べました。みんなも食べられたらよかったのにねえ。
プロフィール

しおん

  • Author:しおん
  • 4人の子どものうち、1人は結婚し孫もできました。まだまだ子育ては続きますが、日々格闘しながら、ピアノと向かう毎日。大好きな本のこと、ベランダの緑、趣味の手芸もご報告していこうと思っています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。