スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決まっていること

 体罰のことが問題になっている。

 もの覚えが悪かったり、人生を(先生を?)なめた態度を取る子どもに手を上げれば、期待した効果が上がる、かもしれない。いや、たぶん、それに効果がある事例はたくさんあるだろう。

 けれど、教育現場で体罰を与えることは禁じられている。
 私が今言いたいのは、禁じられている方法は、効果があったとしても使ってはいけないということである。

 子弟に信頼関係があって、叩くことにも愛情が感じられれば、それをバネに勉強ができたりスポーツがじょうずになるかもしれない。それは確かにそうである。でも、「愛情をもって叩く」と「腹立ちまぎれに殴る」の線引きができないから、教師や指導者が暴力に訴えることは禁止されている。禁じられていることを「このやり方のほうがうまくいくから、決まりを破って使ってもいいんだよ。」という先生は、絶対に許されないと、私は思う。先生が決まりを破って、子どもに何を守れというのか?

  ピアノのレッスンをしていると、「何で、できないの?」と思うことはある。同じようなことを注意したらすぐ直せる子もいれば、何度繰り返してもなかなかできない子もいるし。そういうとき「○○ちゃんはすぐできるのに、あなたはダメね!」としかるのは(時々、言いたくなるけれど)、絶対に許されないことである。それは、ことばによる体罰だから。
 また、宿題に「これこれを注意して練習して来てね。」と説明して、楽譜にもていねいに書き込んでいても、それに対してさっぱり注意を払わずいいかげんに2、3回弾いたか、もしかしたら練習しなかったでしょ、ということもある。正直、「何やってるの?」と思うこともしばしば。そういう場合は、できるだけ「○○ちゃんは、気をつけて練習したら絶対にできるんだから、もう少しがんばってみよう。」という方向で話す。「宿題はちゃんとやらなきゃダメだよ」とは言うが、「○○ちゃんよりダメ」だの「バカ」「死ね」とかはもちろん言わない。
 昔のピアノの先生には、口も手も出る方がいらした。今でも、いらっしゃるらしい。運よく、私はそのような方に教わったことがない。頼まれもしないのにそこまでやる熱意と真剣さに感服はするが、自分もそうしたいとは思わない。

 
 話は戻るが、決まりは決まりである。体罰は禁止されている。その方法に効果があるとしても、使ってはいけないのである。教える立場の人が、自分の判断で決まりごとを破るのは、子どもに説明できない行為である。
 スポーツ選手が「筋肉増強剤を使えば体格がよくなり試合に勝てる」としても、「禁止されているから、使ったらオリンピックのメダルも剥奪される。」のと同じである。決まりだから体罰を使っちゃダメ、という単純なルールである。
 単純なルールだからといって、一個人が例外を決めて踏み倒していいことにはならない。ルールが間違っていると思うなら、改正するための働きかけをするのはいいと思うが、勝手に無視することは許されない。

 決まりは守る、これがすべてである。
スポンサーサイト

百人一首 その後

 休み明けのテストでは撃沈した百人一首だが、そのとき次男が「ばかだなあ、いきなり50首覚えるのはどだい無理なんだから、5首でも10首でも、絶対確実なのを作ればよかったのに。」とのたまった。それはその通りである。

 ということを学んで、百人一首大会の準備。チーム対抗だから、5人で10首ずつ覚えることにした、と、先日末っ子が言った。さすがにその10首を書いたり、カードにしたり、せっせと覚えていた。クラスで行った大会では1試合平均7首取れたらしい。
明日が本大会だが「7首取れればいいんだ。」そうで。
 でも、一人10首ずつ覚えると決めるということは、やはりヤツの周りの友だちは何にも覚えていなかったわけね。
 やれやれ。


 ところで、末っ子は吹奏楽部でフルートを吹いているが、年明けに県のソロコンテストにエントリーしていた。まずはCDを送っての音源審査である。首尾よくそれをパスして、昨日が県大会。
 一昨日部活の昼休みに、先生がリハーサルをセッティングしてくださった。伴奏の私もレッスンの合間をぬって出かけた。本人は友だちの前でかっこよく決めたかったようだが、結果はさんざんで「こんなはずじゃなかった。」と思ったと思う。本当に悔しかっただろうな。先生も「だいじょうぶでしょうか?」と心配なさっていた。
 さすがに帰宅してから、いつまでも練習していました。

 日曜日、前日の反省と駆け込み的な練習が役に立ったのか、本番はまあそこそこにうまくいった。運よく関東大会に進める金賞をいただけた。

 いろいろダメダメなヤツだが、一つくらいはとりえがあるといいよね。専門に進むとかは全く考えていないようだが、今は「うまくなりたい。吹奏楽の盛んな高校に入りたい。」という目標で、少しずついろんなことをがんばり始めた。関東大会で納得のいく演奏ができるよう、努力し続けてほしいものです。

雪の日の楽しみ

 今週は、来る生徒さん来る生徒さんに「雪合戦した?雪だるまは作った?」と聞いている。家の庭や公園で遊んだ子もいるが、その数は意外に少ない。

 今日は図書ボランティアで小学校に行った。校庭は、雪が降ったばかりみたいにきらきらだった。誰も足を踏み入れていない状態で。最近、たいていの学校では「グラウンドがぐちゃぐちゃになるから。」という理由で、雪のあと校庭は立ち入り禁止になる。雪が溶けてなくなるまで、体育も体育館で、休み時間にも外に出られない。
 そんなのって、ある?このへんでは1年に1度あるかないかのまとまった雪、おとなはたいへんと思うだけだけれど、子どもはうれしくてわくわくするはずである。「はいっちゃいけません。」と言われたからと、校庭を駆け回ってみた子が誰もいないのも信じられない。

 と思っていたら、今日きた子の小学校では「校庭管理の先生がほかの先生にかけあって」火曜日の1時間目だけ、全校で雪遊びをしたのだそうな。楽しかっただろうねえ。

 私が先生だったら、連絡網で「濡れたときの着替えを持たせてください。」って流して、思いっきり遊ばせてあげるのにな。だって、校庭の土よりも、楽しい思い出のほうがずっと大切だもの。

朝になっても

 お日さまは出たけれど、空気は冷たい。出かける人たちはそれぞれにいつもより早めに出て行った。
 
 私も生協の荷物を取りに行くとき、いつもなら自転車だけれど、歩いて取りに行った。頼んでいた冷凍食品は届かなかったからと欠品だった。スーパーに行ったら、生鮮魚類のコーナーか空っぽだった。

 道路の雪はどんどん溶けたけれど、末っ子の雪だるまは朝は元気でした。もちろんまだいます。


   130115_0733~01

雪・雪・雪

 祝日だったが、午前中からレッスン。10時にやってきた兄弟のレッスンの間に外を見たら、雨が雪に変わっていた。「雪になったよ。」と声をかけたら、小2の弟は本当に嬉しそうな顔をした。
 みるみる積もっていく雪に、急いで昼ご飯と夕ご飯の買い物を済ませ帰宅した。午前中バイトだった次男と温泉につかりに行ったダンナは線路の向こう側。帰ってくるには陸橋を渡らなくてはならない。我が家は陸橋から本当に近いので、窓から陸橋を眺めていたが、立ち往生した車が反対車線に止まっていたり、ありのようにゆっくり動いたり、おおごとになっていた。帰ってこられるかなあ、と心配した。が、結局ダンナの車と次男の原付は同時に帰って来た。
次男は何カ所も原付を降りて押して来たらしいし、陸橋では立ち往生する車を押したり、たいへんだったらしい。陸橋はそのあと封鎖になった。

 実は、ダンナと次男、末っ子は1時半からの映画(ワンピース)を観る予定だった。なので、昼食を食べたら雪をかきかき三人で出かけて行った。
 私は午後からの生徒さんに連絡したところ、一人はお休みになり、もう一人はスノータイヤだからだいじょうぶですとレッスンにみえることになった。お家の車はスノータイヤでも、ほかの車はそうとも限らず道路ががちゃがちゃで、30分くらい遅れて到着した。しかも心配だからと短めのレッスンで帰って行った。
 ベランダにはずんずん雪が積もる。でも家の中から見ているぶんには呑気なもの。

 夕方映画から帰って来た男3人は玄関の前の廊下に降り積もった雪を溝に移動し、風呂の残り湯をかけて流した。朝つるつるに凍るとやっかいだからね。
 そのあと、末っ子はベランダで一人で雪だるまを作った。このとおり。

    130114_1825~01

 アボガドの皮を目にしてみました。とぼけた表情が末っ子らしいかも。
 長男は仕事が終わってからも京浜東北線が止まっていたので動くまで待って帰って来た。

 やれやれ。でも、家の中にいる幸せを満喫しながらのんびり過ごし、全員いつもより早く寝た。湯たんぽを抱えてね。

確認テスト

 冬休みも部活の日はお弁当持ち、朝7時半に家を出て夕方5時ごろ帰ってくる末っ子は、やはり冬休み最終日に宿題に追われるのであった。それでも、今回は地道に少しずつは進めていたので、寝る時間を削るまではなかったけれど。学校から配られたプリントには当たり前だけど「毎日計画的に勉強しましょう」とあり、1日のスケジュールのモデルも書かれていた。しかし「午前中が部活の場合」と「午後が部活の場合」はあったけれど、「両方部活の場合」のサンプルはなかった。さすがに年末28日から1月2日までは部活が休みだったけれど、掃除やお正月でたっぷり勉強できるわけもない。

 まあそれでもつつがなく宿題は終わったが、8日が始業式で今日が確認テストの日。宿題の内容の5教科テストである。昨日帰って来た末っ子が「○○って、マジうざい!」と怒っていた。国語の宿題で「百人一首を50首覚える」というのがあった。「百人一首大会で活躍できるようにする」と書かれていた。それなのに、昨日先生が「明日のテストに百人一首を出します!」とおっしゃったのだそうだ。クラスの大半の人は「百人一首はあとから覚えればいいや。」とタカをくくっていた。いや、末っ子なんて「百人一首大会で活躍」しなくてもいいので、放置するつもりだったと思う。それなのに、前日になって「テストに出す」は、さすがに先生、それはないでしょという気持ちになった。

 結局、いろんな教科を勉強して、朝も早起きして(いや、「5時に起こしてね」と言われた私が早起きしたんだけれど)復習し直して、出かけて行った。百人一首は1回読んだだけ。
 百人一首は、、、「2点だった!」(もちろん100点満点で)と帰って来た。「友だちにも、一桁のヤツがたくさんいる。」というが、それはヤツの周りの話であろう。「でも、8日に書いた書き初めが『銅賞』だったから、挽回できる!」とのたまう。能天気なヤツである。

 私が子どものころは、お正月には百人一首だった。母が得意で、子どもながら必死で覚えて上の句で取れるようにがんばった。今、子どもたちと百人一首をする機会もなく、末っ子にとっては「学校で習う短歌」に過ぎない。私も、そういう遊びをしてやらなくてはと思いつつ、放置してしまった。ちょっと反省。

ネコはこたつで丸くなる?

 ネコは寒さが苦手だと思い込んでいたのだが、うちのネコたち(特にオス)は、洗濯物を干すときとか部屋の換気をするとき、ちょっと窓を開けただけでするりとベランダへ飛び出す。気温が0度くらいの朝でもおかまいなし(12階の我が家は、下界よりも絶対に寒いと思う)。しばらくベランダを走り回って、気が済んだら「入れて〜」とにゃあにゃあ鳴く。
 おかしいなあ、喜んで庭を駆け回るのはイヌだったのでは?

 まあ、お嬢さんのチャコはちょっと外に出てもすぐに戻ってきて、誰かのベッドにもぐりこんでいるんですけどね。

年賀状〜その後

 心配していた年賀状だが、昨夕おばばが電話で「今日、届いたよ。」と教えてくれた。
 よかった。ちゃんと集配されたんだね〜
 
 三が日に届いたなら、まあまあでした。

オトナ買い

 正月3日目でも、子どもたちはデート、母校の初蹴り、部活動に出かけ、親は居残り組。のんびり買い物に出かけ、ブックオフにも寄った。

 のだめカンタービレを全23巻、思い切って購入。今まで持っていなかったのが不思議なくらいでしょう。家に帰って「えっへん、オトナ買い!」と威張ったら、「お母さん、一冊105円の20%OFFじゃ、オトナ買いって言えないよ!」と突っ込まれた。まあ、そうだけどさ。本来の5冊分以下ですんだからね。

 私をバカにしたけれど、末っ子は思わず熟読中。あとから「のだめ」は23巻で完結だけれど、番外編の24、25巻があることも判明。こちらも買ってこよう。とりあえず家族が読んだら、事務所のレッスン室の本棚に飾るつもりである。いつも、児童書や絵本など、レッスンを待つ子どもたちが座り込んで読んでいる。きっと、喜ぶよ。
プロフィール

しおん

  • Author:しおん
  • 4人の子どものうち、1人は結婚し孫もできました。まだまだ子育ては続きますが、日々格闘しながら、ピアノと向かう毎日。大好きな本のこと、ベランダの緑、趣味の手芸もご報告していこうと思っています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。