スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

合宿免許

 次男は合宿免許で山形にいる。昨日は休みだったけれど、大雪で、ちょっと買い物に出ただけであとは寮にいたそうな。しゃれ男の次男が管理人さんの長靴を履いて、買い物に行ったらしい。昨日の雪は今年一番と言われたらしいが、とにかくほとんど毎日雪が降る。最低気温は氷点下10度以下にもなり、最高気温も氷点下の日々。雪国の生活を体験できるなんて、免許も取れて「一粒で二度おいしい」話である。

     DSC_0697.jpg

 よくよく見たい方は、クリックしてみてください。手前に見えるのはつららである。こんな中で毎日素人が運転する車の助手席に乗っている教官は、すごく勇気のある人たちだと思う。
スポンサーサイト

残念賞

 今日は末っ子のソロコンテスト関東甲信越大会だった。会場が東京音楽大学だったので、池袋から歩いて行った。大昔、私の先生が東京音大で教えていらしたので、何度かレッスンやらリハーサルやらで行ったことがある。でも、あまりにも立派になっていて、びっくり。すごくきれいなホールだった。

 末っ子は、まあ練習通りに気持ちよく演奏することができた。伴奏の私もいつもほどは緊張しなかった。自分の子どもの伴奏って、ものすごくやりにくいのである。無駄に考えすぎて。
 失敗しちゃったよとへこむこともなく発表を待った。結果は残念ながらただの優秀賞(って言っても参加賞である)。上位10人に(中学生30人の中で)入ることもできなかった。本人的にはすごくがっかりしたようだが、まあ仕方ないよね。いい経験でした。


 さて、コンテストが終わってお昼ご飯を食べ、末っ子とダンナは帰ったが、私は銀座へ。来週の歌のコンサートの練習があったから。昨日調べたら、東京マラソンで道路が通行不可になっているとあった。有楽町線で行ったから首尾よく目的地にたどり着いたが、JRの有楽町駅からだと銀座通りが渡れないところだった。
 私が銀座に着いたとき、まだぞろぞろ走っていましたよ。

       130224_1418~01

 この写真だと、走っているようには見えませんね。おもしろい扮装やカツラをかぶった人なんかもたくさんいた。

 交通規制の影響で、歌の方たちは時間通りに来られなくて(時間貸しのスタジオなのに)、さらに練習のあと、人が集まれなくて前の練習が終わらなかったからと、戻っていく方もいらっしゃいました。なかなか迷惑なイベントでもあります。

 銀座でお買い物して帰ろうかと思ったけれど、周りの人のおしゃれな雰囲気や、商品の値段におののいて、そのまま帰った。
 夜は、お好み焼き屋さんで残念会。寒かったので、温かいのがうれしく美味しくいただきました。

親子で献血

 明日から山形に合宿免許を取りに行く次男につきあって、買い物に出た。川口駅の改札から出たら、献血ルームがある。そうだそうだ、献血しようよ、と二人で入った。それぞれ献血カードを提出し、簡単な健康についてのアンケートをして、血圧を測り順番を待つ。と進んでいたら、次男が問診票でひっかかってしまった。ピアスの穴を開けてから半年は献血できないのだそうだ。え〜っ、そんなのは知らなかったよ。ついでに、最近では歯医者に行って3日以内も不可だそうである。傷ついた歯茎から細菌が入り込むかもしれないから。
 無駄な穴を開けるからこんなことになって(って、どんなことか?)と、次男にさんざん嫌みを言った。

 二人で献血のつもりが「待っててね」と私だけが献血することになり、そもそもB型は「安心」だったから(ほかの血液型は「ピンチ」だの「心配」だのだったけれど。次男はAB型である)「じゃあ、私は必要ないですか?」と聞いたら、「いやいや、お願いします」とのこと。待合室のフリードリンクを飲みお菓子を食べて待つ次男をおいて、献血室に入った。「手をグーパーして、急いで済ませるから。」と言い残したが、いざ血を採り始めたら、自分でも驚く勢いでどんどん進み、2分足らずで終わってしまった。ぐーぱーなんて、必要なかった。いやいや、看護婦さんもびっくりしていた。ちなみに、家に帰って調べたら、血がどんどん出るのは血管が太いから、だそうです。
 献血後にもらったコインで選べるアイスも次男がたいらげ、一休みしてから買い物に繰り出した。
 私は今回特別の記念品をいただいたが、次男もしっかり残念賞の讃岐うどんをゲットしました。

 
       130217_0944~01


 

子どもと京都

 昨年はダンナ二人で出かけた京都だが、今回は次男と末っ子も一緒。冬の京都は初体験だった。日曜日、早起きして乗った新幹線からは富士山がくっきり見えたけれど、子どもは爆睡中。

 次男がやはり清水寺が見たいと言うので、まずはそこから。ずらりと並んだバス待ちの列を横目にタクシーに乗った。4人だと、バスと同じだもの。
 午後には平安神宮に行った。昨年ここで買った学業のお守りのご利益か大学に合格したので、とにかくはお礼参りである。ついでに今年中3になる末っ子に、やはりお守りを購入した。ご利益があるといいねえ。

 平安神宮から南禅寺に向かう途中、「時間、まだあるよね。」と立ち寄ったのは京都市立動物園。オトナだけなら絶対に行かないところである。観光地はどこもよそ者でいっぱいだったが、ここは京ことばの家族連ればかり。こぢんまりした、楽しい動物園だった。TVで話題のニシゴリラの赤ちゃんゲンタロウくんもいましたよ。じ〜っと動かないお母さんの周りを、ずっと走り回っていた。時々すってんころりんしたり、かわいい様子を飽きずに眺めていました。

        130210_1451~01

 翌日は、本当は平等院に行きたかったのだが工事中とのことで、急遽広隆寺に。私たちは前回も行ったが、修学旅行の中学生が絶対に行きそうにないところということで、連れて行った。弥勒菩薩以外にも国宝の仏像がたくさんあって圧巻である。
 そのあと、龍安寺などを経由して、最後は伏見稲荷へ。昨年のテレビCMを見ていて、行きたかった場所。他にもそう思った人がいたのかいなかったのか、ずいぶんにぎわっていた。

        130211_1506~01
     
 鳥居をくぐって、どんどん登る。まだまだ先があるのかなあと登り続けたら、「頂上まであと53分」との立て札。だめだよ、戻ってくるのも考えたら新幹線に間に合わないと、あえなく途中で戻ることに。そんなにすごいとは思っていませんでした。

 京都駅では、部活をさぼった末っ子がお土産をどっさり買い、こだまでのんびり帰った。子どもと来ると、また違った味わいの京都でした。

委員会活動

 これは末っ子が持ち帰った、中学校の図書委員会のチラシである。

       130204_1142~01

 なかなか粋でしょ。いいなあ、こういうの好きです。ポイントためたら、何がもらえるのだろう。
 うちの末っ子は本は読むが、残念ながら最近は電撃文庫一辺倒なので、図書室に行くことはない。○○シリーズとかを集めまくって、読み終わると違うシリーズを持っている友だちと貸し借りし合って読みあさっている。

 図書委員会の子どもだけでこれを考えたのかな?末っ子は「字がうめぇ!」と変なところに感動していた。確かに、今どきの配布物で手書きっていうのはなかなかないけれど、一生懸命書いてあるよね。

 小学校の図書ボランティアでも、こういうのができないかなと思った。予算がなくてもできることもあるんじゃないかなあ。お母さんたちに相談してみよう。

再び、決まりについて

 今度の決まりは「恋愛禁止」である。

 世の中全体が騒然としていて、NHKのニュースまで取り上げていたのが本当に不思議である。

 この場合の「決まり」は属するグループの中でのルールであって、社会全体の決まりではない。20才だって、恋愛もすればお泊まりをする人もいて、そのこと自体が悪いわけではない(うちの娘だって、そうやって子どもができて結婚もしちゃったけれど、それなりに一生懸命子育てしていて、いっちょまえに社会人をやっている)。

 例えば、同じ高校でも、制服もあれば髪型・振る舞いに関してこと細かいルールがある高校があれば、制服なし・髪の色も自由というところもある。どちらを選ぶかという話にすぎない。
 そういうことでしょ。今回のことは、善悪の問題ではない。

 でも、自分が選んだグループの決まりは守らなくてはならないし、守れなかったら処分されるのも当たり前である。自ら坊主頭を選んだと言うが、謝罪する姿を録画した人、ネットに載せた人がいて、一人だけで行ったこととは思われにくい。黙って処分を受ければいいものを、一体何がしたかったのか。
 グループの中での決まりを破ったからといって、社会全体に対して謝罪するのもわからないし、それがニュースになるのも不可解である。

 ついでに言うと、相手のことは全く追求されていなくて、「好きです。」とか「まじめにお付き合いしています。」的な説明もない。単なる遊びだったとすれば、そのほうがよほど不謹慎ではないか。本当に、不思議な世の中である。
プロフィール

しおん

  • Author:しおん
  • 4人の子どものうち、1人は結婚し孫もできました。まだまだ子育ては続きますが、日々格闘しながら、ピアノと向かう毎日。大好きな本のこと、ベランダの緑、趣味の手芸もご報告していこうと思っています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。