スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再会

 スーパーでダンナと買い物をしていた。お母さんと小さい女の子がいて、女の子は子ども用の買い物バスケットに大きなネギを一生懸命入れようとしていた。「ちょっとそれは入らないんじゃないかな。」とお母さんが声をかけていて、通路にいる女の子の横を通るとき、私に向って「あ、すみません。」と言った。「いえいえ、だいじょうぶですよ。」と返事して通り過ぎようとしたら、「あ、先生!」と呼ばれた。なんと、そのお母さんは以前ピアノのおけいこにきていたSちゃんだった。
 結婚するのも赤ちゃんが生まれるのも、たまたま知っていたけれど、その赤ちゃんがもう幼稚園に通っていて、しかもその下に二人も生まれているとは!?

 そのSちゃん(いや、すっかり立派なお母さんだけれど)が、ダンナに向って「私、昔先生に、『君の貴婦人の乗馬は、Gパン履いていても破れそうだね』って言われたんですよ!」と言った。まあ、確かに何でも威勢よく弾く女の子でしたが、人の生徒にそんなことを言っていたとは。「え、そんなこと言ったかなあ。なかなか豊かな表現力だねえ。」とダンナはとぼけていました。

 実家を建て直し中で、完成したら仕事を再開するというSちゃん、元気でがんばってね。
スポンサーサイト

統一球が変わったってさ

 今年になって、やたらにホームランが増えたとか、統一球を変えたのを発表しなかったのがおかしいとか、急に騒いでいるけど。

 ピアニストは、よほどの巨匠でない限り、ホールにあるピアノを弾く。同じメーカーの同じ種類のピアノだって、1台1台全く違う。違うからうまく弾けませんでした、なんていういい訳は、誰もしない。それでもプロならとりあえず本番前のリハーサルもあるが、コンクールを受けにきた学生だったら、ぶっつけ本番で初めてのピアノを弾いて、どれだけ弾けるかを試される。そういう世界である。

 ボールの感じがそれほど違うなら、使った時に違うと感じて、それに適応するのがプロである。知らされなかったからホームランを打たれたとか、打っちゃったとか、あなたたちはアマチュアですか?という感じ。情報より、自分の体で感じる状況を把握し、対応するのがプロであろう。

 そもそも、統一球が変わろうが変わるまいが、世の中は困らないのさ。ホールのピアノがちゃんと調律してもらえているかいないかで、世の中が困らないのと同じように。

 困っている人たちは、野球のセンスがない人たちなんだと思っているのである。私はね。隠すとか隠さないとか、大騒ぎする話題でもないと思うのだが。

おおきなポケット

 福音館書店から出ていた小学生のための月刊誌「おおきなポケット」が休刊になったのは、2011年3月である。確かに個人で買うにはわりに高価だし(770円?)、こういう月刊誌だともっとお手頃な雑誌を幼稚園などで揃って購入していたりする。しかも、小学生のために絵本(みたいなもの)を買いたがる親はそうそういない。おそらく経営的にかなり厳しかったのだと思う。

 でも、本当に楽しいし、思いも深い雑誌だった。普通のおはなし、科学、世界の国々、ジャンルもさまざまである。レッスン室の外の本棚に何冊か置いてあるが、待っている生徒さんが読むのに、一つずつのお話も短いし、絵も多いので読みやすい。レッスンの時間が来て読み終わらないと「借りてもいいですか?」とたずねる子も多い。もちろんいいよ、帰ってから続きを読んでね、と答えると嬉々としておけいこバッグに入れる。

 今日、図書館に行ったら、2009年の12冊!、全部がリサイクルコーナーにあった。もちろん全部いただいてしまった。きっと、生徒さんたちが「新しいのがある!」と喜んで読むことでしょう。

包丁

 家族が多いと、料理の時に切る量も当然ながら多くなり、包丁がすぐに切れなくなる。今までは、時々自分でちょこちょこ研いでいたのだが、忙しくなると切れなくてもほうっておくし、そもそも研ぎ方が正しいのか否かわからない。包丁は何本か持っているのだが、一番古いのが「正次」というもの。私が一人暮らしを始めたときに母が持たせてくれて、結婚してからず〜っと使っているので、かれこれ30年近く我が家にある。

 最近研ぐのをさぼっていたし、薬味や錦糸卵を切る時に本当に困っていたら、ダンナが仕事に行ったついでにジョイフル本田で研いでもらってくれた。いろいろゆがんでいたのを、何度も研ぎ直し、きれいに磨いていただいた。

     130609_0924~01

 私が譲り受けたときよりも、刃の幅が1センチくらい細くなっている気がする。研ぐたびに少しずつ削れていったからだと思う。でも、とてもよく切れる。調べてみたら、「正次」は伊万里のメーカーらしい。
 ピカピカになって、気持ちよく切れて嬉しい。ダンナは「500円でこんなにしてもらえるなら、また仕事で行く時に頼んでくるよ。」と言ってくれた。
 ジョイフル本田のおかげで、この包丁は一生使えそうである。

収穫

 安曇野から帰ってますます熱の入るダンナの庭いじり、キュウリが実り始めた。

     130607_0901~01

 先日も1本初物をいただいたが、今度は一気に3本。今日の夕ご飯に登場する予定。トマトももうすぐ赤くなりそう。

息抜き

 発表会も終わったし、末っ子は修学旅行で留守だし、これはもう遊ぶしかないと、長野の安曇野に出かけた。1番の目的は、ラ・カスタのナチュラルヒーリングガーデンを訪ねることである。今年は、ダンナもベランダ園芸に精を出しているので、ガーデンやらハーブやらに興味津々。
 
 朝、子どもたちを送り出してから車で出発。考えていたより遠くて、昼前に現地に着いた。梅雨だから雨でもよしと思っていたが、いい天気で本当にすてきな庭を堪能した。

   130603_1132~01
 
 入ったところから、整然とし過ぎていない感じがなかなかグッド。本当にいろんな花があちこちに咲き乱れていた。野生の草花も多いのだが、全体がシックな感じで、青や紫の花が多い印象だった。葉っぱだって、おしゃれ。
  
       130603_1258~01

130603_1151~01

 あずまやや木陰のベンチもたくさんあり、ゆったりと休める。中央には工場兼展示室にもなっている建物が。

     130603_1155~01-1

 ウェルカムボードもかわいい。

           130603_1250~01-1

 建物の中では、アロマオイルを使ってルームフレグランスなどを作る体験もできる。ラ・カスタの商品(日焼け止めとか、アロマとか)をお試しできるコーナーもそこここに。

 のんびりとした時間を過ごして、スタッフから「秋のお庭もすてきなので、ぜひまたいらしてください。」と声をかけていただいた。本当に、また行きたいな。

 せっかく安曇野に来たんだからとそばを食べ、午後は、池田町のハーブセンターやら、お決まりの大王わさび農場やらに行き、夕方温泉ホテルに到着。ゆっくり温泉につかって大満足の休日となった。


 明日は、午後から普通にレッスンだけれどね。

発表会終了

 今年の発表会も無事(おおよそは・・・)に終了した。
 昨日も補講レッスンやリハーサルで1日過ごし、夜は持ち物やごほうびのチェック。今朝は9時にホールに入った。

 毎年、思ったよりもがんばって、びっくりするほどじょうずに(本人なりに)弾いてくれる子が続出するが、今年もそうだった。コンクール入賞や音大進学を目指している教室ではないので、それぞれの表現というのを大切に考えている。どかすかとテクニックを披露するより(いやいや、もともとテクニックというほどのものはない子も多い)、歌ってほしいなあ、どんな気持ちの音楽か考えてほしいなあと思う。そういう意味でも、今年は(今年も?)なかなかよかったと思う。
 ちょっと不便だけれど響きのいいホールで、いいピアノで弾くという経験もすごく役に立っているなと思う。高学年になると、本番で[音のしっぽ]まで聴くという姿勢で弾けたなと感じる子が多い。緊張すると長い音符が短くなりがちだが、逆にホールの響きを聴いてたっぷり待てたり。本番でそうできるというのは、すごいなあ。
 今年はDVDの録画を頼んだので、集合写真はなし。かわりに第2部最後のリコーダー合奏の時、小さい人たちも舞台に上がって歌を歌ってもらった。なかなかよかったと、自画自賛。

 時間も予定どおりで、6時過ぎに片付け終わり。明日から修学旅行の末っ子が「シャツは全部半袖じゃなきゃダメだって。」と言うので、あわてて制服屋にかけつけた。衣替え移行期間だしどうして長袖じゃダメなの?、中3の夏のシャツを今さら買わせなくてもいいのにと思いつつ。
 ところが、店に着いたら閉まっている!中の明かりはついているけれど、よく見たら6時半閉店とある。時間は6時37分。どうしようと思っていたら、お店の人がドアを開けてくれて、「明日から修学旅行なんです!」と頼み込んで半袖を買うことができた。本当に、よかったよ〜。

 昨日がダンナの誕生日だったけれどそれどころじゃなかったので、夜はみんなで一応お祝いの外食となった。1年に1回、家族中に迷惑をかけまくるイベントが、今年も終わりました。
プロフィール

しおん

  • Author:しおん
  • 4人の子どものうち、1人は結婚し孫もできました。まだまだ子育ては続きますが、日々格闘しながら、ピアノと向かう毎日。大好きな本のこと、ベランダの緑、趣味の手芸もご報告していこうと思っています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。