スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏休みの中学生

 末っ子は中3で、受験生。8月上旬にやっと部活を引退して、さあ勉強というところである。

 毎日夕方になると、サッカー部だった同級生とボールを蹴りに行く(末っ子はサッカーを習ったことはないが、運よく誘ってもらえる)。サッカーするからそれまでがんばるぞ、と勉強とフルートの練習をする。親から見ればまだまだだけれど、夕方のサッカーを励みに本人なりにはがんばっている。中3の友だちが何人か集まり、暑い最中汗を流してボールを蹴って、7時頃には帰ってくる。
 時々は次男が一緒に行くこともある。

 末っ子の周りの中坊たちは、多少前後することはあっても7時頃には解散するらしい。お腹も空くだろうし、暑いしね。我が家の周りはあまり治安がよくない。学校や塾などの場合は遅くまで出歩いているけれど、遊びで集まったときはそれなりに時間を決めているようである。そのあとコンビニに寄ってたむろして、ぐだぐだして、というのはほとんどない。


 花火帰りの中学生が殺されてしまった。本当に気の毒なことである。
 
 が、人気のない夜道を11時近くに中学生が一人でとぼとぼ歩いているという状況に、違和感を覚えるのは私だけなのだろうか?

 中学校の「夏休みの生活について」的な指導でも「暗くなってから子どもだけで出歩かない。」というのが、当然であったはずである(少なくとも、末っ子が持ち帰った紙にはそう書いてある)。中3ともなると、友だち同士でカラオケに行ったり、お祭りにも出かけたり、楽しいことがたくさんあるし、半分おとなになった気持ちで「だいじょうぶ」と思うかもしれない。でも、「夏休みの生活について」は中学校の先生たちがイジワルで書いているのではない。ちなみに、うちの地域の商店街のお祭りでは、市内全体で子ども同士の場合「小学生は6時まで、中学生は8時まで」と決まっていて、先生や保護者が見回りもする。子どもたちは「まだまだ、いいじゃん」と思うだろうが、渋々帰ってくる。だいじなことである。

 携帯やカラオケや、コンビニや、小中学生からの化粧やら、以前はなかったものがどんどん発達して、昔ながらの「子どもなんだから」という節度は薄れている気がする。でも、悪いことをする人がいなくなったわけではない。変な刺激を受けて、おかしな人がますます増えていることだってありうる。

 おとなも子どもも気を引き締めて、「君子危うきに近寄らず」を徹底したいものである。
スポンサーサイト

読書感想文〜夏休みの宿題

 中3の末っ子が読書感想文を書かねばと、焦りまくっていた。つい先だって、部活の最後のコンクールが終わったところだし、わかりやすいかと中沢けいさんの「楽隊のうさぎ」を薦めていたのだが、「ちょっと読み始めている」と答えていたのは大嘘で、今日になってやっと1ページ目を開いた。
 でも、さすがに期限が迫っていたのと内容的にわかりやすかったのとで、今日あっという間に読み終え、とりあえずは感想文もでっちあげた。本人なりにはがんばった。

       gakutai.jpg

 というような話をしたら、知人から「ネットで探す、という方法で宿題をこなす」人たちがいることを指摘された。どこかでそんな話は聞いたことがある。

 自由研究も読書感想文も、ネットで検索して、そこそこの(できすぎていては、よろしくない)を見つけて、まるまるコピーすれば終わりだというのである。
 びっくりである。
 実際「楽隊のウサギ 読書感想文」と検索をかければ、いくつでも出てくる。
 
 幸いにしてうちの子どもたちはそこまで賢くないので、そんな便利な方法は考えもつかない。えっちらおっちら時間をかけて、不器用な文章を並べる。他の宿題も自力でやっつけていた。不出来でも、自分なりのかたちでどうにかこうにか提出できるようにするのが、我が家の宿題である。評価はともかく、自分でやる。

 一説によると、大学生のレポートがネット借用のまがい物かどうか、検索できるソフトまで存在するそうである。学ぶために大学に行くはずの学生(義務教育じゃないからね。勉強が嫌いなら、行く必要がない)、そこまで地に落ちたか、という気もする。

 なりふりかまわずカタチをつけて、それなりの評価を揃えて人生の次のステップへの足がかりにするのも、ある意味才覚だとは思う。上昇志向のセンスってヤツですね。
 しかし、我が子には、そんな方法で「うまくやる」人生を歩んでほしくはない。

 というわけで、本人なりの読書感想文を見て「がんばってるねえ」と言える太っ腹を、4人目にして身につけている私なのであった。

花盗人

 事務所の前は駅前通りで、ず〜っとプランターやら花壇の花が並んでいる。

 今日、近くのスーパーに行こうと歩いていたら、前を歩くおじさんが、ふと植え込みの花(ポーチュラカ)を一枝折った。ちょっと花とは縁遠い感じのおじさんだったのに、どうしちゃったの?という雰囲気だった。なんか、花がほしい、という気分だったのかな?

 問題はそれを見ていた、向かいから歩いて来たおばさんである。おじさんをまじまじと見ていたので、おじさんの行為に怒ったのかなと思いきや、自分も植え込みに近寄り花を摘み始めた。それも、一枝、なんてかわいいものではない。目の高さのプランターから何本か摘み、下のプランターもじっくり観察して、何本も何本も摘み取り、花束を持って立ち去った。

 いやあ、世の中にはいろいろな人がいるものである。

 歩道のプランターの花は、ほしい人が摘むためのものではない。町の美化のために、商店街の人たちが丹誠込めて育てている。こんな猛暑の毎日にも、プランターの前の店の人たちがせっせと水やりを欠かさない。うちの子たちが卒業した小学校の児童も「花いっぱい運動」と名付けてお世話に一役買っている。「花を大切に。」とか、「折らないでね。」とかいうプレートも小学生が書いている。

 青いポロシャツのおばさん、あなたのことです。
 一枝折ったおじさんも悪いけれど、ちょっとおちゃめ、で許されるかも。ゆっくり吟味して束にして持ち去ったあなたのしたことは犯罪行為だと思う。

 まあ、見ていて注意できなかった私も悪いのかも。
 電車の黄色いエリア(優先シート近辺)で堂々と携帯を使っている人たちに腹を立てつつも注意できない私、思ったより気が弱いのかな?

部活体験

 中学3年生が進学する高校を選ぶ際に、部活はかなり大きな比重を占める。次男も、いくつかの高校のサッカー部に、練習に行っていた。

 末っ子が、滑り止めの私立高校の吹奏楽部体験に行くと言うので、そりゃあ行って来なさいと送り出そうとした。
こういう場合、部活体験以外の学校説明会がついているわけでもないし、ましてや個別相談会があるわけでもないので一人で行きなさいと言ったら、たいそう不安だと言う。でも、次男のときは親がくっついて行くのはありえなかったし、末っ子の友だちも一人で高校のサッカー部練習に行っているし、最寄り駅からの地図をプリントアウトして、いろいろ言い聞かせて送り出した。

 予定通りの電車に乗れたし、結局駅から高校に向かう人たちについて行ったので、問題なくたどりついたらしい。楽しく部活を見て練習に参加し、希望者は残ってよしと言われ、一人だけ残ってさらに練習してから帰って来た。

 ところが、帰ってから話すには、ほとんどの子どもが親と来ていたというのである。びっくりである。
 子どもが部活動を体験しているあいだ、親はず〜っとながめているのだろうか?

 高校は義務教育ではないし、入りたい高校を決めるのは、親ではなく本人である。親として手伝えることは最低限するけれど、あとは自分で考えてみよう、というのがわが家のスタンスかな?

カツオのサラダ

 娘のムコ殿が海釣りに行って、カツオを1本届けてくれた。
 珍しくダンナがさばいてくれたので、庭のバジルでドレッシングを作ってサラダにした。

    130819_1927~01

 新鮮なカツオは本当に美味で、おかわりしながらもりもり食べた。

 なめろうにしてもおいしいそうなので、明日は中落ちをこそいで作ってみる予定。
 ムコ殿、ありがとう♡

マゴと遊ぶ

 今月になって、娘のムコ殿が帰って来た。しばらくはお休みだということである。
 
 昨日マゴを連れて食事にきたが、勢いでマゴだけ預かることに。今年のお盆休みは特に予定もなく、ダンナが暇そうにしていたので、ちょうどいいかなと。
 夜は久しぶりに小さい子どもと一緒に寝た。

 せっかく来たからと、午前中ショッピングセンターに連れて行ったのだが、着いたときには寝てしまって、昼ご飯まではぐっすり夢の中。

 暑いので、風呂場で2回くらい水遊び、夕方はベランダでダンナと水やり。

      130815_1653~01

 お迎えがくるまで、楽しく遊んだことでした。

そういえば

 次男の同級生で、小学生のころ少しだけピアノを教えていた男の子、高校を出てから働いているそうで、たまに道で会ったりしていた。

 昨年、お祭りのとき「実は彼女と暮らしていて」と聞いた。「がんばって働く」と言うので、応援していたけれど、今年のお祭りで会ったときには、結婚して子どもも生まれていた。かわいいお嫁さんとぷくぷくの赤ちゃんと一緒だった。細っこい、恥ずかしがりやだった男の子が、見上げるほど大きくなって、お父さんだとは。

 彼のお母さんは39才。私も相当若いおばあさんだと思っていたが、う〜ん、完敗です。

クチナシ

 今年ガーデニングに目覚めた?ダンナに、「香りのいい花がほしいなあ。」と言ったら、5月か6月ごろしょぼくれたクチナシの鉢を買って来た。何だか葉がくたびれいて、かわいそうな感じ。だから、すごく安かったのだそうな。
 (ダンナが)せっせと水をやって、毎日見ていたら花芽がつき、じわじわふくらんで、今朝見たらとうとう咲いていた。

          130810_0641~01

 このくそ暑い最中によくぞ咲いたねえ。花の時期は6〜7月と9月と言われるけれど、何を好き好んでこんな時期にとびっくりした。1輪でもよい香りである。

 ほかにも、おばぼんちから一枝ちょうだいしたジンチョウゲもちゃんと根付いた。これから楽しみである。

野菜炒め

 最近、いろんなものを炒めておかずにする。はまっているのは、ジャガイモやカボチャ、ついでにズッキーニなどもくわえること。何にもなかったら、ソーセージと野菜を炒めても、家族は喜ぶ。
 葉ものやピーマンだけの炒め物は、何となく野菜!という感じなのか、ノリが悪いと残ったりするが、こちらはだいたいだいじょうぶ。

 今日はジャガイモを拍子切りにして、レンジでチン(今のレンジは、チンって言わないけど)してから一緒に炒めた。お弁当に入れた残りのスナックエンドウやら、何でも一緒に炒めた。冷蔵庫にも親切なおかずである。

     130804_0843~01


 一番いいのは、肉が少なくても、家族の不平が少ないことです。

怒っていること

 ピアノの先生にとって、発表会の場所取りは憂鬱な仕事だと思う。抽選に行ってもなかなか当たらないし。

 1年前に行うさいたま市の各ホールの抽選会には、市外者は参加できない。市外者には1ヶ月遅れで市内の人が借りた残りを抽選するのである。ついでに、さいたま市のホールは市内の人と市外者とでは料金も違う。
 ちなみに、東京北区の北とぴあも区外者は1年前の抽選会には参加できないが、15日後から抽選なしで借りることができる。料金は区民と変わらない。
 わが川口市のリリアは、そういう差別を設けず、誰でも抽選に参加できるし料金も同一である。(だから、抽選に当たらないのである)

 さて、先日インターネットでさいたま市のあるホールの空き状況を調べたら、7月の土曜日1日だけ、午後夜間が空いていた。ここを借りるしかないと電話したら、8月1日に市外者の抽選会に来い、と言う。市外者の抽選会はほとんど参加者がいないから、だいじょうぶだと思いますよ、とも言われた。
 1年前の抽選後市民はいつでも借りられるから、抽選会までに埋まってしまうかもと思い、7月31日の夜にも空き状況を調べ、まだ空いていることを確認して今日9時前に抽選会場の会議室に行った。(こういう抽選会は1秒でも遅れると入れてもらえない。)
 市外社用のホワイトボードを見て、抽選対象の希望の日があるのを確認し、申し込み用紙を書いた。担当の方もその日が空いているのを確認し、申し込み用紙を受理した。
 
 9時になって、抽選が始まるのを待っていたら、名前を呼ばれた。
 「今日、9時過ぎに市民が事務室に来てその日を借りたから、もう埋まってしまいました。抽選できません。」とおっしゃる。
 こんなのって、あるのだろうか?抽選のまな板に載せたら、抽選にきた人にチャンスをくれてもいいのでは?朝の家事やらいろいろぶっとばして駆けつけて、抽選で外れたらしかたないとあきらめもつくが、抽選させてもらえないとは?
 そもそも担当者も言う、ほとんど人の来ない市外者の抽選をする必要があるのか?今日だって、市外者は私一人だった。

 市外者は1年前の抽選に参加できないから、さいたま市の生徒の名前を借りて抽選している人もいる。今日も、事務局(代表)は川越だけれど私がさいたま市民です、と堂々と抽選に参加している人がいた。まじめに自分の名前で登録して、市外者として利用するのがバカみたいではないか。

 何年か前に、「さいたま市民と一緒の抽選会に参加できるか、料金を同じにするか、どちらかではないか。残りものだけ借りなさい、お金はたくさん払いなさい、というのは理不尽である」と意見したことがある。「何ぶん、昔の古い体質の役所の決めたことなので。」とおっしゃったが、改まる気配はない。周辺の地域がどんどんさいたま市に合併されて、広域の施設が市外者に借りにくい規則になってしまった。

 しかし、呼びつけておいて、抽選はできません、とは何事だろうか?
 朝からとっても不愉快になったのであった。
 
プロフィール

しおん

  • Author:しおん
  • 4人の子どものうち、1人は結婚し孫もできました。まだまだ子育ては続きますが、日々格闘しながら、ピアノと向かう毎日。大好きな本のこと、ベランダの緑、趣味の手芸もご報告していこうと思っています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。