スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本シリーズ

 私は小さい頃からタイガースのファンなので、「今年はもう終わった」という気持ちなのであるが、パリーグでは楽天を応援しているので、当然ながら盛り上がっているのである。

 そもそも、今回の日本シリーズ、楽天を応援する人が多いようである。東京ドームでも、楽天を応援する声が大きく聞こえている。ただ単に、楽天が勝つと次の日楽天でのお買い物でポイント2倍になるからというだけではなく、もちろん「がんばれ!東北」とか、いろんな気持ちが重なっているのは間違いない。
 1年間のシーズンで、100くらい負けちゃうんじゃないの?勝ったところを見るのが珍しい、と、さんざんなチームだったのが、野村監督がふんばった。何より、楽天に、若くて有望な選手を集めて「これからは、君たちの世界だ!」と思えるチームにした功績は大きいと思う。

 その楽天にかけて、楽天の選手としてふんばってきた人たち。東日本大震災のときには、時間がある限り被災者のところに駆けつけボランティアで大勢の人を手助けしたそうである。間違いなく東北の元気を担ってきたチームが本当にがんばっている。
 そして、星野監督、最高!阪神も優勝させてくれたけれど、きっとやってくれるよ!

 ジャイアンツの選手も、こんなにやりにくい試合は経験がないのではないか。これほどまでにアウェイな気持ち、初めてだと思う。朝のニュースで、もともと巨人のファンだとういう小学生の男の子が「巨人は何度も勝ってるし、今回は楽天を応援しようと思う。」と話していた。

 東北に優勝を!ということで、我が家でも、連日(受験生も含めて)テレビの前で応援している。
スポンサーサイト

恐怖のエレベーター

 我が家のマンションのエレベーターは、きちんきちんと定期点検をしているが、しばらく前から時おり怪しくなっていた。

 我が家は12階だが、たまに、下に降りようとすると8階で突然止まる。ドアが開くが誰もいない。ドアを閉めるボタンを押しても反応しない。なすすべもなく待っていると、しばらくして「ドアが閉まります」と無機的な女性の声がしてドアが閉まる。そのまま1階まで連れて行ってくれる。最初は8階で誰かが呼んだのかなと思ったが、誰もいない。ちょっと不気味だけれど、まあそのうち動くし、私はそれほど気にしていなかった。
 が、先日9階の方が、管理人さんに「止まるエレベーター」を訴えていた。その管理人さんも、8階に止まったエレベーターの扉が閉まりかけて開いてを10回くらい繰り返すのに遭遇したのだそうな。慌ててエレベーターの管理会社に連絡して調べてもらったけれど、不具合はなかった。どうも、湿気が原因でセンサーがおかしくなったらしい。確かにうちのマンションは湿度が高いし。

 そもそも、8階での不具合は、7階より下の住人には知られていない。また、おかしくなったりちゃんと動いたりするので、遭遇していない人もいる。よくよく聞いてみると、「ああ、1回そういうことがあった。」みたいな。

 8階で突然止まる。ドアが開くが誰もいない。ドアを閉めるボタンを押しても反応しない。なすすべもなく待っていると、しばらくして「ドアが閉まります」と無機的な女性の声がしてドアが閉まる。そのまま1階まで連れて行ってくれる。

 って、ちょっと不気味でしょ。いろいろ見える人だと怖いかもしれない。でも、幸いなことに私は何も感じないタイプなので、だいじょうぶである。

 さて、今日の午前中、雨はざんざん降っているが風は心配していたほど吹いていなかったので、買い物に出た。降りて行こうとしたら、またもやエレベーターが8階で止まった。でも、湿気でこうなると聞いていたし、別段恐れることもなく買い物に行った。

 ご飯の材料やらいろいろ買って、ついでに本屋に寄って小学校の図書ボランティアで「かいけつゾロリ」の最新刊やら青い鳥文庫やら購入し、帰ってきたら、マンションの前に東芝エレベーターのスクーターが止まっている。いやな予感。
 やっぱり!!8階で止まる不具合に気がついた人が連絡していたのであった。「すみませ〜ん、点検中です。」とお兄さんがさわやかに言った。

 がっつり入ったエコバックと本の袋を両手に持って、12階までえっちらおっちら階段を上った。かなり、悲しくなった。8階で止まっても、エレベーターで登れるほうが、私はよかったな。

 「エレベーターの呪い」(とは、どういう呪いか?)ってこのことだったのかも。

バジルペースト

 今年のキュウリは台風の暴風で相当やられて、せっかくの育ちかけた実を食べられないことも多かったが、とりあえずバジルは生き延びた(去年は葉が風で傷んで枯れてしまった)。

 さすがにそろそろ終わりだけれど、せっせと芽を摘んでいたので、まだ使えそうなところがたくさんあったので、ごっそり摘んでペーストにした。
 ざく切りにしたバジルの葉に、ニンニクをおろしたものと塩、粉チーズを加え、オリーブオイルと一緒にミキサーにかけるだけ。サラダやソテーにかけてもいいし、もちろんスパゲッティにも使える。松の実を入れた本格的なジェノベーゼソースではないが、しばらく美味しく食べられます。

    131023_1009~01

シジミチョウ?

 ガーデニングというより、ただただぼうぼうと生えている緑だが、こんな蝶が。

   131021_1345~01

 何だか羽もくたびれているが、花が咲き種もできようというバジルにしばらくとまっていました。
 

チャコが死にました

 夜中の1時半、私が何事もなく、もう寝ようと思って布団に入った。うとうとしたとき、何だかアーンアーンとネコの鳴き声。またオスのアルトがメスのチャコともめているのかと思っていたら、末っ子が「お母さん、チャコがおかしいよ。」と言いに来た。慌てて行ってみたら、飲み水の器をひっくり返して下半身を濡らしている。下半身が全く動かない。急いで拭いてやって、鳴き続けるチャコを抱こうとしたら、したたか噛み付かれた。
 歩けない、立てない状態なので、トイレもできないからベッドに連れて行けない。なので、廊下に毛布などを敷き、そこに寝かせた。何かあるとたいへんだからと、末っ子が横に転がって、朝まで付き合った。終始鳴き声を上げるが、動くことはできない。

 9時にかかりつけの動物病院が開くのを待って、飛び込んだ。長男が仕事に行く前に見立てた通り、やはり心臓がやられて、血栓ができて下半身は血が通わない状態だという。典型的な心臓肥大、心筋梗塞の症状である。とにかく血栓を溶かす点滴をしていただきながら、様子をみた。
 一応獣医学生の次男もかけつけて、心電図を取るのを手伝ったりした。下半身は麻痺しているものの、皮膚が紫になるほどではないし、レントゲンで見ると心臓は肥大しているけれど肺水腫にはなっていないということで、最初先生は五分五分とおっしゃっていた。

 が、午後になって急激に状態が悪化し、肺にも水がたまったようで、うす赤い水を吐き出して、3時過ぎに死んでしまった。ダンナと私が仕事中だったので、子どもたちは終わってから話そうと思っていたらしいが、私が空き時間に「どうなった?」と問いつめたので、末っ子が白状した。
 
 仕事が終わってから、病院に行って支払いをすませた。先生は「レントゲンの心臓のカタチから見ても、たぶん先天的なものだ。残ったネコの飼い主に心臓病の疑いを話したほうがいいと思う。」とおっしゃった。
 
 5年前に末っ子が段ボールを拾って来たとき、4匹の子ネコが入っていた。みんなに「ばか!」とどなられながら泣きじゃくり、もとあったところに捨ててこいとダンナに言われたが、エレベーターの中で、動物好きのおばさんに「もう一度お父さんにお願いしたら。」と諭され、つれて帰って来た。2匹はもらい手がつき、チイとチャコの2匹をうちで飼っていたが、3年前にチイが突然体調を崩し、1日で死んだ。やはり肺水腫で、本当にあっという間に死んでしまった。
 茨城にもらわれていったネコは大震災の日に帰ってこなかったそうで、残っているのはダンナの元お弟子さんが引き取ってくださった1匹のみ。とりあえず、電話で顛末を話した。
 
 チャコは病院のお姉さんにいただいた花束と愛用の毛布を載せた段ボール箱に入れられて帰って来た。明日は、チイと同じ霊場で荼毘に付す予定である。

      121210_0727~01
プロフィール

しおん

  • Author:しおん
  • 4人の子どものうち、1人は結婚し孫もできました。まだまだ子育ては続きますが、日々格闘しながら、ピアノと向かう毎日。大好きな本のこと、ベランダの緑、趣味の手芸もご報告していこうと思っています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。