スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かないくん

 昔から谷川俊太郎さんの詩が好きなのだが、この「かないくん」は新聞の書評で見て図書館で借りた。

     kanaikun.jpg

 心がしんとする話である。
 「かないくん」展もあったらしい。ちょっと行ってみたかった。
 買おうかなって、悩んでいる。
スポンサーサイト

思いがけず

 春になって、豆ご飯を作ろうと赤札になっていたグリーンピースを買った。すぐにサヤから豆を取り出して調理したのだが、何ぶん赤札だからしっかり根が出ているものもあった。そのまま一緒に入れてもよかったのだが、いくつかをダンナに渡してプランターに埋めてもらった(ベランダはダンナの趣味だから)。「芽は出るだろうけど、今からじゃ豆はできないと思うよ。」と言われた。
 
 が、この通り。

  140522_0642~01

 白い花がたくさん咲いて、サヤがぶら下がり始めた。そのまま食べちゃおうかとも思ったが、様子を見ることに。だんだんふくらんできましたよ。
 
 運がよければ、もう一度豆ご飯が食べられるのではなかろうか。

1年ぶりの京都

 五月の初めは結婚記念日があるが、たいがいの場合誰も覚えていない。今年はたまたま私だけ覚えていたが、何ごともなく過ぎる。まあ、30年近くなったらそんなものである。

 でも、結婚記念日のせいだけではないが、この時期京都に行きたくなる。子どもたちの学校もそこそこ落ち着いて、一泊くらいならなんとかなるし。
 で、日曜日に出かけて月曜日に帰る予定がちょうどいい。宿泊の予算も手頃だし、レッスンも帰ってからでも教えられるし。

 今回は、改修工事が一段落した宇治の平等院と京都御所を選んだ。平等院は中に入るのに2時間待ちだったが、ミュージアムを見たり、一旦外に出て茶そばを食べたりしてのんびり過ごした。

  140511_1107~01
 
 そのあと醍醐寺へ。これはなかなか見応えのあるお寺で、すっごく歩いたけれど、堪能した。平安時代の仏像とか、宝物殿も充実していた。

 宿はいつものところだったが、新幹線とパックでとてもお得である。その上、禁煙をお願いしていたせいだか、ランクアップのラグジュアリースイートという部屋に通された。78平米、我が家全体とほとんど変わらない。居間(?)と寝室で、トイレが2つ、ベランダがついていてそこにもテーブルと椅子が。信じられない部屋だった。二つの部屋両方に大きなテレビもある。
  
  140511_1753~02
 
 アメニティもこの通り。女子にもエリクシールが用意されていたが、特に男子用にはブルガリが。

 140511_1752~01

 使わないけれど、息子用にちゃっかり持って帰った。夜は、地元の人が行くというお店で京料理を堪能した。

 翌日は、部屋から見えたお寺がよさげだったので、急遽行くことにした。南禅寺からてくてく哲学の道を歩き、真如堂、金戒光明寺を拝観して、京都御所まで歩いた。京都御所は平日と土曜日しか公開していないが、前々から申し込んであったのである。ガイドさんが説明してくださって、1時間くらいかけて拝観する。費用は無料である。かなり充実していて、お得感もあった。
 いやいや、京都に行くたび、これはハイキングだよなあと思う。今回も2日で20キロ以上は歩いている(しかもけっこうアップダウンもある)。でも、ハイヤーで首尾よくちゃっちゃと回るより、足で見る(?)京都はなかなか楽しい。

 また、来たいねえと言いつつ新幹線に乗り、夕方家にたどり着き、変更できなかった生徒を教えたのでありました。

 

春のベランダ〜その2

 実は私もハーブを育てたいと思ったことがあって、カモミールの種を蒔いたりなんかした。でも、一向に芽は出ず、すっかりあきらめていた。

 昨年からダンナがベランダ園芸に燃えて、私のリクエストに応えてカモミールにも挑戦してくれた。思ったところに思ったようには芽が出なかったが、何故かキュウリを植えた横とかに芽が出てきて、いろんなところでにぎにぎしく育った。
 そして、春になって花も咲きましたよ。

  140503_0744~03

 念願のカモミールの花である。一説によると、カモミールにはアブラムシがつきやすいとのことだが、12階では問題になるほどではない。本当にたくさんの花が咲いたので、さっそくハーブティーを試してみた。う〜ん、感動。知り合いにお裾分けしたり、残りは乾燥させたりして、存分に楽しみたいと思っている。

 さて、昨年うちのネコの目と同じ色の花だと購入した、オステオスペルマム(アフリカンデージー)ブルーアイホワイト、宿根草だったので、今年もムクムクと花芽をつけた。昨年の数倍、ゴージャスに咲いている。

    140503_0743~01

 ついでに、我が家の片方だけ青い目の(オッドアイ)ネコも、我が物顔でベランダをうろついている。

      140503_0745~01

春のベランダ

 ここ数年、我が家のベランダには夏になると大葉とバジルが大量発生している。12階のせいか、よく聞くアブラムシの攻撃もなく、すくすくと育った葉っぱを堪能している。
 毎年育てていると、苗なんか買って来なくても、どこからともなく芽が出てくる。いわゆるこぼれ種っていうヤツです。今年も、果てしない数の大葉の芽がムクムクと出ていた。

  140503_0742~01

 はっきり言って、双葉がみっしり芽生えた状態は、見つめるとじんましんが出そうなくらい気持ち悪い。でも、少しずつ育ってきて、葉が3〜4センチになった。もう飽和状態である。

 間引きしようか、こんなにいらないしどうしよう、と話していたが、ふと思い立ってごっそり切り取ってサラダに混ぜたりした。よく考えたら、これこそベビーリーフである.食べ尽くすまでどんどん切り取ればいいじゃない、ということになった。大きく育てる分はプランターに移してあるから、柔らかい葉を思う存分食べることになった。ばんざい。

イマどきの携帯

 末っ子が県立高校に合格したとき、かねてから約束していたiPhoneに変更した。それまで普通の携帯で、ネットにも一切つながずに我慢していたからね。料金は毎月千円程度だった。
 そもそも機種変更でと思っていたのだが、番号ポータビリティで他社に乗り換えたほうが安いよ、とささやく人がいて、携帯屋さんに聞いてみた。したらば、ソフトバンクに乗り換えるとだんぜんお得だというので、それを信じて買い替えた。

 初回は、事務手数料や割引適用外やらあってそこそこに払ったが(でも、兄たちの1ヶ月と同じくらい)、5月にお支払いする料金は、3.867円だそうである。最近はラインとやらがあるので、友だちに電話するのもそれで済むらしい。なので、通話料金はほとんどかかっていない。この金額は兄たちのiPhoneの使用料の半額以下。そもそも、公式のパケット定額料金だけより安いのである。
 前にも書いたが、ず〜っと同じ電話会社を使って機種変するよりはるかに安い料金というのはいかがなものか。私はauに問い合わせたことがあるが、「新規のお客様を増やすことで、前からのお客様にもサービスを還元できるようがんばっています。」というお返事だった。でも、それで値下げしてもらったことはないなあ。
 それに、やはり、機種変更でiPhoneに変えた兄たちはオプションを使用しているとはいえ毎月1万円近く払っている。2年ごとに番号ポータビリティを使ってdocomo、ソフトバンク、auを渡り歩くのが一番安いのは、どこかおかしい気がする。まあ、安いからと文句を言うのも変なんですけど。
プロフィール

しおん

  • Author:しおん
  • 4人の子どものうち、1人は結婚し孫もできました。まだまだ子育ては続きますが、日々格闘しながら、ピアノと向かう毎日。大好きな本のこと、ベランダの緑、趣味の手芸もご報告していこうと思っています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。