スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ゴリラ先生ルワンダの森を行く」

 NHKハイビジョンで放送された番組で、今回地上波でも紹介された。思わず一生懸命見てしまった。
 若いころ、森の中でマウンテンゴリラの生態研究をしていた山脇博士が26年ぶりに再びルワンダの森へ行く。ず~っとそこに住み続けていたゴリラ・タイタスと再会して、相手もそれと気づいたそぶりをする。ゴリラ語であいさつし続ける山極寿一先生が印象的。見ている私もウルウルしたが、山極先生はもっと感無量だったろうな。
 山極先生はもちろん京都大学人類進化論研究室の教授である。京都大学には、今西錦司・井谷純一郎という脈々とした霊長類研究の流れがある。高校時代、私のクラスでは、この二人が何故かヒーローだった。卒業旅行に、犬山のモンキーセンターに行った輩もいる。ミクロの世界に突入した生物学と一線を画し、フィールドワークを大切にする学問に、みんなあこがれたのね。
 一緒にテレビを見ていた次男も、「ああいう勉強なら、面白そうだなあ。むっちゃやってみたいなあ。」と言うので、「京都大学なんて、東大に入るくらい頭よくないと無理だよ。」と答えたら、「頭よくないと、研究できないのか。それじゃあダメだ。」とあっさりあきらめた。本当にやりたくなったときは、まあ、考えてみてね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しおん

  • Author:しおん
  • 4人の子どものうち、1人は結婚し孫もできました。まだまだ子育ては続きますが、日々格闘しながら、ピアノと向かう毎日。大好きな本のこと、ベランダの緑、趣味の手芸もご報告していこうと思っています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。