スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラン

 この本って、ヤングアダルトかな?普通のおとなの小説なんだろうか?でも、理論社から出ているから、きっとヤングアダルトでいいんだろうな。
 森絵都さんって、かなり苦手だった。昔「アーモンド入りチョコレートのワルツ」の書評がよかったので読んだのだが、全然感情移入できなかった。私の好きな話じゃなかった。他にも数冊読んだが、ふうん、という感じ。「ダイブ」は知人に借りて読んだ。それなりに読みやすいし面白かったが、ヒロイックで自己陶酔的な盛り上がりに、100%納得はできなかった。だから、直木賞を受賞してからもほかしてあったのだが、先日、生徒が「お母さんから『きっと先生が喜ぶから、これを貸してあげなさい。』と言われた。」と持ってきたのが「ラン」。直木賞受賞後の第一作である。正直、森絵都さんか、、、と思った。が、せっかく貸していただいたので、とりあえず読んだ。65207933.jpg ところが・・・とってもよかった。勢いよく読み終わって、読後感もいい。家族を事故で失った主人公の再生の物語。と書くと、ふん!と思うだろうが、ユーモアあり、うるうるあり、なかなか楽しめた。460ページも一気に読めた。何より、主人公がご都合よくスーパーヒーローにならないのがいい。私は長距離走るのが苦手だが、がんばってみるのもいいかも、と、ちょっとだけ(いや、本当にほんのちょびっと、、、だけ)思った。
 こんな状況じゃなかったら、絶対に読まなかったと思う。この年齢になって、日頃から、人生の時間の無駄遣いになりそうな本はもう読まないぞと、思っている。でも、食わず嫌いはよくない。こうしてパソコンに向かっている時間を減らせば、もっとずっと読めるよなあ。貸してくださったお母さんに感謝。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しおん

  • Author:しおん
  • 4人の子どものうち、1人は結婚し孫もできました。まだまだ子育ては続きますが、日々格闘しながら、ピアノと向かう毎日。大好きな本のこと、ベランダの緑、趣味の手芸もご報告していこうと思っています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。