スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サリンジャー 死去

 「ライ麦畑でつかまえて」のサリンジャーが亡くなったと報じられた。1965年に「ハプワース1924」を書いてから、ひたすら隠遁生活をおくっていたので、今まで生きていたことにもびっくり。ときどきサリンジャーに関する本を見たりすると、今はどうしているんだろうなあ、と思いを馳せたりしていた。
 高校1年生の時に「ライ麦畑でつかまえて」を読んでから、ず~っと好きだった作家である。私は、どちらかというと「ライ麦」より他の短編のほうが好き。
 しかし、そもそも、世界的なベストセラーとか、最近では村上春樹さんが訳した「ライ麦」が話題になったりもしたけれど、ごく普通の人ってこの小説を読むんだろうか?話題として知っていたり、著名人がこの本について語っていたり、サリンジャーのマスコミ嫌いが取り上げられたりはするが、「ライ麦畑でつかまえて」を最後まで読み通した人ってどのくらいいるだろう?私は、始めのほうのホールデン君のだらだらにめげそうになった。だらしなくてやる気なくて、うまくいかないのは何でも人のせい、かなりとんでもないヤツである。がんばって最後まで読むと、それなりに感動するのだが。
 大作家と言われるわりには趣味的な作家だったという気もするが、でもしかし、その死にいろんな感慨を覚えたのだった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しおん

  • Author:しおん
  • 4人の子どものうち、1人は結婚し孫もできました。まだまだ子育ては続きますが、日々格闘しながら、ピアノと向かう毎日。大好きな本のこと、ベランダの緑、趣味の手芸もご報告していこうと思っています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。