スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リサイタル

 近隣のホールでピアノのリサイタルに誘われて、友人と出かけた。ソリストは、大学院時代ご一緒した方で、すごく親しいわけでもないが知己である。
 本当に久しぶりに彼女の演奏を生で聴けて、本当によかった。さすがだなあ、と思った。
 そもそも舞台にひとりぼっちで出てきて、最後まで一人で演奏する。当たり前かもしれないけれど、そこに集まった何百人もの聴衆に対してそれなり以上の感動を与える仕事。スポットライトを浴びて、なんと孤独なことだろうと思う。自分の奏でるピアノの音の威力を信じて、心底酔いしれていればただ楽しい作業かもしれないが、なかなかそういう境地にはなれるものではない。自分のできることをひたすらに追い求めて集中するしかない状況。もちろん、そういった時にも実力もしくはそれ以上のものを創り上げることができる人が、ソリストとして活躍するのだとも思う。自分だけの力で、たくさんの人に幸せな時間を分け与えることのできる人。
 「ピアニストになりたい」というのは、当然あの孤独な作業をしたい、ということで、どうして若い頃そんなことを考えたりしたのかなあ、と不思議に思ったりする。想像するだにオソロしい。

 へっぽこながら私はずっとアンサンブルと一緒に仕事をしてきて、舞台で一人、ということは少ない。ず~っと一緒の仲間がいて、ソロの演奏の時だってみんなと一緒という気持ちで演奏できる。それは、もしかしたらすごく幸せなことである。びびり~な私には、恵まれた環境である。「舞台がこわい」と思わず、楽しくお仕事できるのがね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しおん

  • Author:しおん
  • 4人の子どものうち、1人は結婚し孫もできました。まだまだ子育ては続きますが、日々格闘しながら、ピアノと向かう毎日。大好きな本のこと、ベランダの緑、趣味の手芸もご報告していこうと思っています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。