スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐ろしい疑惑?

 昨日、買い物に出て帰ってきた長男が「びっくりした~」と言う。「高校の数学の先生と会った。」んですって。家の斜め前のビデオショップの前で。「この町内に住んでるって言ってた。」と言うので、「なんておっしゃるの?」と聞くと「☆☆先生。」。どこかで聞いたような・・・「もしかしてさあ、4丁目?」「うん、そっちに歩いていった。」って、「それって、次男の同級生のお父さんでは?」「げげげっ!!!」「もしかして、本当に☆☆君のお父さんかもよ。」と、びっくり仰天の話になった。その子の家は、うちから1分のスーパーの上のマンション。
 昨日サッカーの合宿から帰ってきた次男とは会えなかったので、今日二人で確認し合っていた。次男も、☆☆君のお父さんの職業までは知らなかったが、何度も家に遊びに行ったし、お父さんにお会いしたこともあるという。「どんな人?」と長男がおそるおそる聞く。「えっとさあ、ちょっと頭の上がハゲっぽくって(☆☆君のお父さん、ごめんなさい)、あんまり背が高くなくて・・・」次男の言葉に、いちいち長男がのけぞる。☆☆君なら小さいころから知っているし、去年は旗持ち当番が私の後ろだったから、お母さんとも面識がある。背が高くて(!)ものすごく美人のお母さんである。
 確認は後日ということに。怖いような、わくわくするような?

 ところで、長男は昨日より初めてのアルバイトに挑戦している(夜、それでいなかったから、次男と会えなかったわけ)。人間関係で躓いてオーケストラ部をやめた(親としては、うむむむ、、、という感じ)ので、時間はできた。食べ物屋さんだのコンビニだの、宅急便の仕分けだの、いろいろ話には上がったが、実は彼の希望は初めから一つだった?しばらく前、近所のガソリンスタンドがアルバイト募集ということで、電話したらしい(もちろん、本人が。うちではそういうことを手伝うおとながいない)。「16歳以上って書いてあったのに、免許がないとダメって、変じゃないか!」と息巻いていたが、あえなく却下。今回は駅向こうの24時間営業(もちろん、高校生は夜10時までである)のスタンドにトライして、生まれて初めて履歴書を書き(一袋全部使い切った)、面接に行ってきた。待ちこがれた電話がかかってきて、晴れて採用に。昨日が初日。新米はず~っと窓拭き専門だったそうである。おりしも雨が降ってきたので、雨の場合の窓拭きもしっかり伝授されたとか。今日も、意気揚々と出かけていった。将来、車の開発の仕事をしたいという彼には、願ったり叶ったりのアルバイト。「でも、アルバイトは、遊ぶ時間を削ってするもので、他の時間を削ったらすぐやめるのよ。」とうるさく口を出す私である。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しおん

  • Author:しおん
  • 4人の子どものうち、1人は結婚し孫もできました。まだまだ子育ては続きますが、日々格闘しながら、ピアノと向かう毎日。大好きな本のこと、ベランダの緑、趣味の手芸もご報告していこうと思っています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。