スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お宝

 私は「何でも鑑定団」という番組が好きで、時間があるときはよく見るのだが、今日はその中の出張鑑定団は切手関係だった。びっくりするような価値のある切手がたくさん出てきて、家族が「すごいねえ。」と感心しつつ見ていたので、「お母さんも、すごい切手を1枚だけ持っている。」と引っ張り出してみた。それがこちら。100706_2325~011956年に趣味週間の切手として発行された写楽の「えび蔵」である。だって、54年も前の記念切手だし、すごいでしょ、と、自慢しつつ見せびらかした。だが、ネットで検索すると、未使用でも千円強のお値段しかついていない。どうして?こんなに古いのに。
 でも、この切手にはたぶんそれ以上の価値がある。だって、これは結婚前の母から父への手紙に貼ってあった切手なんだもの。私が小学生の頃、切手に興味があると言ったら、母が古い手紙から取り出してくれたのだ。香川の山本は、母の実家。くっきりついた消印が、いろいろな想いを想像させる。ま、家宝ですな。あ、手紙の中身は、もちろん私も見ていません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しおん

  • Author:しおん
  • 4人の子どものうち、1人は結婚し孫もできました。まだまだ子育ては続きますが、日々格闘しながら、ピアノと向かう毎日。大好きな本のこと、ベランダの緑、趣味の手芸もご報告していこうと思っています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。