スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ギヴァー」

 以前中学校の課題図書になった、ロイス・ローリーの「ザ・ギバー~記憶を伝える者」は残念ながら絶版になっていた。復刊ドットコムでもたくさんの投票があったが、版権の問題もあるのか再販はされなかった。私はブックオフで入手した「斉藤」君のサイン入りを持っている。
 それが、もう一度「ザ・ギバー」を読みたい、という人たちが集まって、新訳で出版されていた。今年の1月に出たらしい。giver.jpg今回は「ギヴァー~記憶を注ぐ者」となっている。前の本は、表紙が黒くて暗いイメージだったが、今回は最後の部分の雪原を歩いていくイメージか。見つけて思わず購入してしまった。
 うれしいなあ。長男に見せたら「おおっ、オレも読むぞ。」とのこと。彼も中学時代にこの本を読んで、読書感想文を書いた。課題図書の時ではなかったけれど。
 解説によると、「ギヴァー」は三部作になっているそうである。ぜひ、他の2作も読んでみたい。

 蛇足だが、同じロイス・ローリーのニューベリー賞受賞作「ふたりの星」も名作です。小学校の図書室にもあって、私が何度おすすめしても誰も読んでくれないけどさ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しおん

  • Author:しおん
  • 4人の子どものうち、1人は結婚し孫もできました。まだまだ子育ては続きますが、日々格闘しながら、ピアノと向かう毎日。大好きな本のこと、ベランダの緑、趣味の手芸もご報告していこうと思っています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。