スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

修学旅行 土壇場その2

 上の3人の子の修学旅行では、お弁当はおにぎりと決まっていた。ところが、今回は「箸は割り箸で」(つまり、捨てられるように)とある。不安になって、朝起き出した末っ子に「お弁当はおにぎりだけでいいんだよね?」と聞くと、「えっ、おにぎりだけ?」と問い返す。仕方なく、卵焼き、ウィンナー炒め、インゲンのバター炒め、ミニトマトをスーパーの総菜入れに詰めて、おにぎりに添えた。
 ついでに、出かける末っ子の通学帽を見たら、つばが折れて穴が開いたところから中の板が半分抜けてしまったらしくふらふらで、しかもほどけた縫い代がぶらぶらしている。「(学校の前の文房具屋で)買って持っていくからね。」と言い聞かせ、末っ子が出かけたあとから用意をして家を出た。
 自転車で小学校までぶっとばそうと思ったら、昨日空気を入れたばかりの自転車の前輪がぱこぱこ。よく見たら、画鋲が刺さっていた。これも仕方なく、徒歩で(というか小走りに)小学校まで行き、正門前の文房具屋で帽子を購入し、名前を記入して、末っ子のクラスに届けた。
 で、帰ろうとしたら、回りの子のもそもそ話し声が。「名札を忘れちゃってさあ・・・」たぶん末っ子も名札を持ってきていない。末っ子の学校では、何年も前から登下校時の名札着用をやめている。もちろん防犯のためである。校内ではでっかいゼッケンの着いた体操服を着用しているので、名札は必要ない。校外学習などの時は、回収して学校で保管してる名札を配ってくれると思っていた。少なくとも中学年までは。それを6年生の今年は回収していないらしい。教室に戻っていって末っ子に聞いたら「名札は忘れた。」と答える。
 さらに仕方なく、もう一度正門前の文房具屋に戻り、名札を購入し、記名して末っ子に届けた。6年生は正門から一番遠い校舎の3階だから、私はとってもあたふた動き回った。
 さすがにこれ以上の忘れ物もなかろうと、出発式はお見送りせずに家に帰った。朝からとっても疲れた。

 やれやれ。でも、この話にはラッキーなオチが1つだけついている。
 パンクした自転車(実は娘の持ち物)を直すついでに、ダンナが私用の自転車を買ってくれた。私のは長男が乗りつぶし使えないくらいボロボロになっていて、次に私が乗っていた次男のお古は娘が使っていて盗まれて行方不明。自分の自転車がなくて(何せ免許もないし)本当に不便していたのだが、ぴっかぴかで、前輪ロックもついて盗難の心配の少ない自転車、わ~いわ~いである。自転車でどこかに行くのは好きなので、休日には一人で(だって、誰かと一緒だと面倒だし)遠出と決め込もう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しおん

  • Author:しおん
  • 4人の子どものうち、1人は結婚し孫もできました。まだまだ子育ては続きますが、日々格闘しながら、ピアノと向かう毎日。大好きな本のこと、ベランダの緑、趣味の手芸もご報告していこうと思っています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。