スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時をかける少女

 私にとっての筒井康隆作「時をかける少女」は、NHKのドラマ「タイム・トラベラー」である。なぜ見はじめたのかは謎だが(毎日ピアノ漬けで当時の人気番組もほとんど記憶にない)、夢中になっていたのはよく覚えている。正・続どちらもテレビに釘付けで見た。その後、原田知世ちゃんの「時をかける少女」も見たし、あとからできたドラマやジブリのアニメもある。でも、やっぱりケン・ソゴルは少々のっぺりした木下清さんである。香山和子は、そこそこぽってりした野暮ったさが魅力の島田淳子さんだ。
 そのNHKの「タイム・トラベラー」は、有名な話だがデータを消失してしまっている。NHKのアンケートで常に「もう一度見てみたい」ランキング上位にあるらしいが、不可能なのだそうだ。わずかに最終回だけ、一視聴者が録画していた映像が残されている。その経緯は以下に。NHK少年ドラマシリーズ 「タイム・トラベラー」。40年近く前にビデオに撮った人がいたなんて、すごいよね。うちでは、やっとカラーテレビになったところだった。

 なぜ、今頃そんな話かというと、小学校の図書室に「映画になった本」のコーナーを作ろうと思い、いろいろ集めていたからである。小学校の図書室にも、映画の原作はいろいろある。「指輪物語」も「床下の小人たち」も「ハリー・ポッター」も。日本の作品でも、山中恒さんの小説なら「おれがあいつであいつがおれで」(転校生)「なんだかへんて子」(さびしんぼう)「とんでろじいちゃん」(あの夏の日~とんでろ じいちゃん)と、けっこうあるものである。
 そういう切り口からでも、いろいろ読んでほしいなあ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しおん

  • Author:しおん
  • 4人の子どものうち、1人は結婚し孫もできました。まだまだ子育ては続きますが、日々格闘しながら、ピアノと向かう毎日。大好きな本のこと、ベランダの緑、趣味の手芸もご報告していこうと思っています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。