スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地震

 今日は明日のコンサートのリハーサルが7時からの予定で、その前にレッスンする用意をしていたとき、地震が来た。最初は平気かと思ったが、だんだん揺れがひどくなって、一緒にいた長男が玄関や窓を開けた。二人でダイニングテーブルにもぐって、治まるのを待った。本棚が倒れ、戸棚の食器がガシャーンと落ち、その上に電子レンジや炊飯器が転げ落ちた。マンションの警報機が「11階から火災が発生しました。避難してください」と喚き立てている。
うちは12階だから、本当ならたいへんである。とにかく大事なものを持って、階段を降りた。
 幸い火災は誤報だったが、余震がひどいし、家の中は足の踏み場もない状態。こなごなの食器の上に落ちたサラダ油のボトルから油が足れ流れているし、冷蔵庫も扉が開いて中のものが飛び出し、キムチとかが飛び散っている。

 長男が小学校まで歩いて行き、末っ子を引き取ってくれた。引き取り者のリストに長男を登録していなかったので、少々もめたそうである。末っ子たちは音楽室で地震に遭い、(机がないので)椅子の下に隠れた後、半袖短パンの体操着上履きのまま校庭で待っていた。長男がコートを貸してやって帰って来た。低学年の子たちはわんわん泣いていたそうである。高学年でも泣く子がいたらしいが、当たり前かも。
 次男は自転車で帰って来た。電車が動かないので家に帰れない友だちを一人連れて来た。その友だちも、我が家の惨状を見て、息を呑んだ。全く、川口の中で激しく被災した数少ない家だと思う。

 コンサートは、茨城県の小美玉市だったので(天井が落ちた茨城空港があるところである)、中止になった。会館も停電の中混乱状態だった。100人のリコーダーが大合奏する予定のコンサートで、みんなが一生懸命に準備していたのに、本当に残念なことになった。

 次男の友だちと家族とで夕飯を食べに行き(調理できる状態ではない)、そのあと家に帰ってぼちぼち片付けた。ピアノの部屋の壊れた本棚はどうしようもない。ゴミ袋何杯分もの割れ物を詰め込んだ。
   110311_1747~01
これは、3分の2くらい片付けた状態の台所。そうだそうだ、と長男が写メした。そんなどころではなかった。子ども部屋も、本棚が倒れ、タンスの上の引き出しなどが落ちて、奥のベッドまで行けない状態である。
110311_1736~01
 地震の後行方不明だったネコは、夜10時を過ぎてからやっと姿を現した。ベッドの後ろの隅で震えていた。

 次男の友人には、本が散乱したピアノ部屋で寝てもらった。明日は卒業式だそうで。幼稚園の卒園式は延期になったけれど、たぶん高校は決行するだろうな。
 地震のとき長男がいて、本当によかった。生きているうちでこんな地震はもう起きないことを祈るばかりである。
 ところで、長男の友だちによると、地震のときパチンコ店で遊んでいた人たち、当たっている人は揺れながらも打ち続けていたそうである。それもオソロしい話である。

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しおん

  • Author:しおん
  • 4人の子どものうち、1人は結婚し孫もできました。まだまだ子育ては続きますが、日々格闘しながら、ピアノと向かう毎日。大好きな本のこと、ベランダの緑、趣味の手芸もご報告していこうと思っています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。