スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心遣いと思いやり

 テレビのCMが「AC」ばかりになってしまって、少々食傷気味である。同じことばかり流すくらいなら、その時間にできることがあるんじゃないかと思ったり。だからよけいにNHKを見ることになるんだな。
 で、少々ひっかかっているのが「心は見えないけれど、心遣いは見える。思いは見えないけれど、思いやりは誰にでも見える。」という例のCMである。
 そりゃ見えるかたちの心遣いや思いやりはあるかもしれないが、本当に心遣いや思いやりは見えないところにあるのではないかと、ずっと考えている。例えば、道行くおばあさんに手を貸すのは目に見えやすいが、体が不自由でも自分の力で歩いている人の20m先の障害物となっている自転車をさりげなくよけるとか、目の見えない人が信号をわたるところをつつがなくわたれるか最後まで見守るとか。うまく言えないんだけれど、世の中をスムーズにまわして行く潤滑油のような気配りは見えないけれど、そういう気遣いをしている人が必ずいるんじゃないかと思う。
 要は、見えるかたちの「心遣い」や「思いやり」がいけないというのではなく、違うかたちの深いところの「心遣い」や「思いやり」もあるよ、ということ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おもい・・

こんにちは

徐々に心の緊張がとけてきたところです・・

しおんさんも、大変な状況でしたが落ち着かれましたか?

あのCM 私も最初に見たときからアレ?と心に引っ掛かりました
「思いや 心は見えないか?」

今まで生きてきた中で そうは思わない

でも、こういう状況で多くの人が何も出来ない事に
戸惑っている時には 一歩、前進できる言葉なのかな・・

今回の地震では色んな事を考えさせられました

自分の生活を見直さなければなりません。
 

しかし、生きるのに精一杯 心に余裕のない状態では 音楽の力では何も出来ないのでは?と
自分の経験で思いました


今までは音楽によって慰められ 力をもらい
そんな役割がある と思っていました

この考えの変化は私にとっては大きなものです。


きたかぜさん、お久しぶりです。きたかぜさんこそ、地震はだいじょうぶでしたか?まだまだ余震があってどきどきさせられますが。
我が家はモノが壊れたとはいえそれだけでしたから、被災地の苦しみに比べれば蚊に喰われたようなものです。

音楽のチカラ、私もいろいろ考えます。
音楽どころではない状況があるのは確かです。
でも、薬を飲むタイミング、量があるように、音楽が役立つタイミングもあるのではと思います。今はまだ、みんながそんな余裕がなくて、奏でる力もないかもしれないし、心の耳も閉じているかもしれない。でも、音楽が力を発揮し、人の心に染み通る瞬間がくると信じたいです。
信じたいだけかもしれないけれど。
プロフィール

しおん

  • Author:しおん
  • 4人の子どものうち、1人は結婚し孫もできました。まだまだ子育ては続きますが、日々格闘しながら、ピアノと向かう毎日。大好きな本のこと、ベランダの緑、趣味の手芸もご報告していこうと思っています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。