スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文房具を送る

 被災地では避難所生活での不便、救援物資の遅配など大変なようだが、子どものいる親として考えるに、そろそろ新年度の学校のことが問題になってくるころである。ランドセルも何もかも学校において避難したり、家ごと津波にさらわれてしまった子どもたちが、日本の他の地域の子どもと同じとまではいかなくても、なんとしても新学期を迎えられるようにしてあげたいと思う。いろいろ探していて、こんなサイトを見つけた。大々的に支援物資を集めているところは、衣類・おむつ・水などが優先で、このような細かいニーズに取りかかるのはまだ少し先かなと思ったので、今回はこちらに送ることにした→いらなくなった文房具品を被災にあった子供たちに譲ってください
 たまたま、12日のコンサートに出演する男の子たちにごほうびとしてあげようと思っていたちょっとした文房具(コンサートが中止になったから)、末っ子が中学生になるけれど余っていた鉛筆や赤鉛筆、そして末っ子の筆箱などを送ることにした。といっても、ほんの少しだけれど。
 末っ子は、少年ソフトボールの卒団でいただいた筆箱を出すと言った。彼は、今月のお小遣い500円も全額小学校で寄付した(他の子も、けっこうがんばった金額を出したらしい)。本人が東北の誰かに手紙を書いた。「こんにちは。この筆箱は、ソフトボールの卒団式のときにもらったものです。中学校に行ったら使おうと思っていたけれど、いま使える筆箱があるので送ります。勉強がんばってね。」

 昨日のサッカーのチャリティー試合、カズのゴールに感動したけれど、市井の一人一人もそれぞれのできることを手伝おうと思っている。本当にたくさんの人が、思いをかたちにしようとしている。いつか、あんなこともあったねえ、と話せるようになるといいね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しおん

  • Author:しおん
  • 4人の子どものうち、1人は結婚し孫もできました。まだまだ子育ては続きますが、日々格闘しながら、ピアノと向かう毎日。大好きな本のこと、ベランダの緑、趣味の手芸もご報告していこうと思っています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。