スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

応援に行っていました

 木曜日、午前中からレッスン。お昼はそそくさとすませて、水曜日に続き市内のホールへ直行。子どものためのコンクールに参加している生徒がいた。私の気持ちの中では、賞を取るためというより、本番で自分の納得できる演奏をできるかがテーマである。いつもより流れるように弾けたので、私としては大満足。
 結果発表は待たずに帰宅して、またレッスン。合間に週末の北海道公演のプログラム作りを手伝い、そのあと夕飯の支度をした。
 子どもたちの夕飯をすませて、夜10時集合の高校へ。次男は一足早く9時集合で出発した。そう、秋田でのインターハイの応援である。子どもたちはバスに乗ってからも大騒ぎしただろうが、おとなはしごく穏やかに、夜はちゃんと寝て現地に向かった。

 スムーズに走ったので早めに秋田着で、道の駅で3時間くらい過ごしのんびり朝ご飯も食べた。そのあと会場となっている運動公園へ。前の試合を見てから、応援の旗を立てたり、飲み物を用意したり、慌ただしく準備した。
 先に到着していた次男たちサブチームの引退メンバーとトップチームのベンチ外、1、2年生が全員で応援した。150人近くいるから壮観である。試合の始まるときの歌「ここでこうして戦えることに感謝して、誇りを持って戦おう。」みたいな内容だが、いつ聞いても胸が熱くなる。連なる山に囲まれた運動公園のグラウンドで、最後まで途切れることのない応援(もちろん親も一緒にがんばった)の中、選手たちは大健闘したが、惜しくも2-3で負けてしまった。
 次男たちは脱兎のごとく帰路につき(それでも学校着は11時を過ぎたそうだ)、親は後片付けをしてから宿に向かった。

 インターネットのページだととても立派な温泉旅館だったが、実際は・・・でも、温泉はすばらしかった。夜、蛍が見られるというので、何人かで散歩に出た。街灯もほとんどない田舎道を少し歩くと、確かに蛍が。6・7月がシーズンだというが、もう終わりということで少しだったけれど、暗闇にぽっと光りながら飛んでいた。公園で飼育しているものではなく、自然の中で蛍を見たのって何年ぶりだろう。たぶん、子供の頃香川の祖父の家に行ったとき以来である。それに、空には満天の星。新潟方面はたいへんな雨だったようだが、秋田はそれほどでもなくたまたま雲が晴れたところで星を見ることができた。「遠くまで来たけれど、よかったねえ。」とお母さん同士で話した。本当に親同士のんびり話したり、これが今年の家族旅行と決め込んで下の子どももお父さんもみんなで参加している人もいた(部活のある子どもを持つと、なかなか出かけにくいからね)。

 この旅館、携帯が完全な圏外だった。昼間あれこれと届いたメールの返事をあとでゆっくりと思っていたのだが、全く使えない(docomoだけはだいじょうぶだったらしい)。旅館には10円玉だけ入るダイヤル式の公衆電話があるだけ。持っているだけの10円玉でダイヤルをジーコロジーコロ回して(これも何年ぶりか)かろうじて留守宅に電話した。ダンナも北海道に出かけていたので。auで完全圏外はちょっとショック。

 土曜日は応援もなくなったので、朝から一日かけて帰ってきた。休憩に寄るサービスエリアでのんびり買い物したり、ソフトクリームを食べたり。朝9時半に出発して、夕方6時半に学校に到着した。
 家に帰ったら、夕ご飯を作りました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しおん

  • Author:しおん
  • 4人の子どものうち、1人は結婚し孫もできました。まだまだ子育ては続きますが、日々格闘しながら、ピアノと向かう毎日。大好きな本のこと、ベランダの緑、趣味の手芸もご報告していこうと思っています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。