スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪ツアー

 金曜日の夕方、大阪に向かう新幹線に乗ったが、静岡付近で豪雨のため東京駅で足止め。結局1時間遅れの出発となった。でも品川や新横浜で立って待っていた人のことを思うと、車内で待っていた私たちはラッキーだったかも。

 翌日は京都と近い山のほうのホールでのコンサート。午後早い時間に終わったので、レンタカーの貸し出し時間が少々余っていた。メンバーをホテルに送ってから、以前住んでいた町までダンナにドライブしてもらった(私は運転できないからね)。町並みは20数年前に行った時とも変わりはて、自分が住んでいた場所もどこだっけという感じ。でも、わかりましたよ。小学生の頃、朝ヨロズ屋が開く前に、店の前に積んだケース(配送屋さんが置いていったもの)に入っている食パンを買いに行った。買うといっても、勝手に食パンを取って代金をケースの隅に置いてくるだけである(1斤40円だったと記憶している)。その「菅原商店」を見つけて、社宅のあったところ、広い庭で花や野菜を丹精していたおじいちゃんとおばあちゃんが住んでいた場所、ピアノの先生のお宅がわかった。
 40年以上前に住んでいた場所である。住んでいた社宅跡には建て売り住宅ができたが、その住宅だって十分年季が入っている。おじいちゃんとおばあちゃん(ものすごく親しくしていただいたが、もちろんアカの他人である)の亡くなった後にはその敷地に三軒くらい家が建っている。でも、先生のお宅は(建て直していらしたが)すぐわかった。アポ無しで手ぶらだったけれど、思い切ってチャイムを押した。旧姓を伝えたら、先生が出ていらした。年賀状のやり取りしかない先生だったけれど、覚えていてくださった。少しお話しして、最後に先生が「握手しましょう」とおっしゃってくださった。ああ、私はいつになったら先生のように穏やかでおおきな「ピアノの先生」になれるのだろう、と、その時思った。

 この町で通っていた小学校、夏になると毎日楽しんだプールにも行った。小学校はもちろん建て替えられていたし、プールは今どき風に幼児プールができていて様変わりはしていたが、でも同じ場所にあった。余談だが、今のアンサンブルのメンバーが(私よりはだいぶ後のことだが)この小学校に通っていたと聞いて、びっくり。
    110820_1716~02
        110820_1721~01
 
 この年になって、本当にお世話になった方たちに感謝の気持ちを伝えたい、会えなくなる前にお会いしたい、と思うようになった。ちょっと感傷的?
 時間がなくて(レンタカーの返却時間も迫っていたし)小走りの箕面訪問だったが、行くことができてよかった。

 次の日、午前午後の公演だったが、以前長男がチェロを習っていた先生がいらしてくださっていた。今は、関西のオーケストラでお仕事なさっている。本当に久しぶりにお会いできて、とても嬉しかった。こちらも時間がなくて、慌ただしくご挨拶しただけなのが残念。

 ふだん、泊まりの仕事はなるべくほかの人に替わっていただいているのだが、今回は大阪に行けて本当によかった。
 と言いつつ、来月は高知と滋賀に行く予定です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しおん

  • Author:しおん
  • 4人の子どものうち、1人は結婚し孫もできました。まだまだ子育ては続きますが、日々格闘しながら、ピアノと向かう毎日。大好きな本のこと、ベランダの緑、趣味の手芸もご報告していこうと思っています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。