スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪もつもりました

 昨夜から、予報通りこの辺でも雪が降った。繰り返すようだがうちのベランダは屋根なしなので、しんしんと降り積もって真っ白になった。でも、雪がおさまった頃からふわふわな部分は溶け、朝にはバリバリの氷が残った。

 私は、今日も次男の受験料を支払いに銀行出かけた(本当はそんなことくらい「自分でやれいっ」と言いたいが、公立高校はまだ授業なんだもん)。銀行や郵便局は、こぞって合格祈願鉛筆や「合格サイコロ」(「5」か「9」しかない。「ただの、だじゃれじゃん。」と末っ子がのたまった)なんぞをくれるが、高校生は鉛筆なんかセンター入試でしか使わないし、サイコロも1つあれば十分。受験料を繰り出す打ち出の小槌や金運のお守りのほうが役立ちそう。
 まあ、そればいいのだが、今日受験料を振り込みに行った銀行(振込先も同じ銀行だったから。)の前の歩道は、そこだけ雪かきをしていなかった。そこだけ、つるつるのバリバリだった。店舗の前と駐車場の入口を合わせると、けっこうな距離である。駅前通りで店を構えているところは、当然自分の店の前の歩道の雪かきをする。その銀行だけ、何にもしていなかったっていうこと。道行く人は銀行の前を通るとき、とたんにスピードダウンして、おばあさんなどよちよち歩きになっていた。いや、おじさんだってのろのろ歩きだった。
 銀行に入って行くと、「今日はどんなご用件で?」と聞く人がスタンバイしていて、「振込で」と答えると、「どんなお振込ですか?」「受験料を」「必要事項はご記入なさいましたか?」さらに、窓口でも「振込期限はだいじょうぶですか?」と、よけいなお世話みたいなことに関わっている人は何人もいるのに、ついでに教育ローンの案内まで頼みもしないのに手渡してくれるが、自分ちの前の道の雪かきはしない。
 順番が違わない?と思ったのだが、私のメインバンクでもいつも使っている銀行でもないので、だまって帰ってきた。ちなみに、私のメインバンクでは、昨日「この振込は、駅の向こうにある○○銀行にいらっしゃれば(それがこの銀行である)手数料がかかりませんが、どういたしましょうか?」と聞いてくれた。2件あった振込のうち、自分の銀行宛の手数料無料のぶんだけ、処理してくれた。
 老舗の誇りっていうのは、そうところかもしれない。

 さて、受験料はたくさん払ったけれど、あとは神のみぞ知る、である。
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しおん

  • Author:しおん
  • 4人の子どものうち、1人は結婚し孫もできました。まだまだ子育ては続きますが、日々格闘しながら、ピアノと向かう毎日。大好きな本のこと、ベランダの緑、趣味の手芸もご報告していこうと思っています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。