スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マジックカット

 世の中で腹の立つことは数々ある。年を取って、私も怒りっぽくなっているかもしれない。

 最近むっとすることが多いのは、「どこからでも切れる」マジックカットである。以前見たニュースでは、マジックカットの切れ味は工場の機械のカッターの出来で決まるそうで、これは企業秘密なんだとか。
 そうやって技が広まらないようにしているせいか、なかなか切れないマジックカットに出くわすことがある。そもそも主婦がマジックカットと対峙するのは圧倒的にキッチン内である。納豆のたれだったり、焼きそばのソースや即席ラーメンのつゆの素だったり。何気に水をさわっていたりすると、必死で前後にひっぱっても開かない。そもそもおばさん(おばあさん?)になると、握力に自信があっても、薄いものをぎゅ~っと力を入れてつかむとあちこち痛かったり、自分の力を出し切るのが難しいのである。
 それなのに、必死で切ろうとしても切れないマジックカット、あちこち引っ張り回したあげく、結局はさみを取ってくる。こんなに腹の立つことがあるだろうか。

 なので、最近「どこからでも切れる」ではなく「どこも切れない」マジックカットと呼んでいる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しおん

  • Author:しおん
  • 4人の子どものうち、1人は結婚し孫もできました。まだまだ子育ては続きますが、日々格闘しながら、ピアノと向かう毎日。大好きな本のこと、ベランダの緑、趣味の手芸もご報告していこうと思っています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。