スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪・雪・雪

 祝日だったが、午前中からレッスン。10時にやってきた兄弟のレッスンの間に外を見たら、雨が雪に変わっていた。「雪になったよ。」と声をかけたら、小2の弟は本当に嬉しそうな顔をした。
 みるみる積もっていく雪に、急いで昼ご飯と夕ご飯の買い物を済ませ帰宅した。午前中バイトだった次男と温泉につかりに行ったダンナは線路の向こう側。帰ってくるには陸橋を渡らなくてはならない。我が家は陸橋から本当に近いので、窓から陸橋を眺めていたが、立ち往生した車が反対車線に止まっていたり、ありのようにゆっくり動いたり、おおごとになっていた。帰ってこられるかなあ、と心配した。が、結局ダンナの車と次男の原付は同時に帰って来た。
次男は何カ所も原付を降りて押して来たらしいし、陸橋では立ち往生する車を押したり、たいへんだったらしい。陸橋はそのあと封鎖になった。

 実は、ダンナと次男、末っ子は1時半からの映画(ワンピース)を観る予定だった。なので、昼食を食べたら雪をかきかき三人で出かけて行った。
 私は午後からの生徒さんに連絡したところ、一人はお休みになり、もう一人はスノータイヤだからだいじょうぶですとレッスンにみえることになった。お家の車はスノータイヤでも、ほかの車はそうとも限らず道路ががちゃがちゃで、30分くらい遅れて到着した。しかも心配だからと短めのレッスンで帰って行った。
 ベランダにはずんずん雪が積もる。でも家の中から見ているぶんには呑気なもの。

 夕方映画から帰って来た男3人は玄関の前の廊下に降り積もった雪を溝に移動し、風呂の残り湯をかけて流した。朝つるつるに凍るとやっかいだからね。
 そのあと、末っ子はベランダで一人で雪だるまを作った。このとおり。

    130114_1825~01

 アボガドの皮を目にしてみました。とぼけた表情が末っ子らしいかも。
 長男は仕事が終わってからも京浜東北線が止まっていたので動くまで待って帰って来た。

 やれやれ。でも、家の中にいる幸せを満喫しながらのんびり過ごし、全員いつもより早く寝た。湯たんぽを抱えてね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しおん

  • Author:しおん
  • 4人の子どものうち、1人は結婚し孫もできました。まだまだ子育ては続きますが、日々格闘しながら、ピアノと向かう毎日。大好きな本のこと、ベランダの緑、趣味の手芸もご報告していこうと思っています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。