スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪の日の楽しみ

 今週は、来る生徒さん来る生徒さんに「雪合戦した?雪だるまは作った?」と聞いている。家の庭や公園で遊んだ子もいるが、その数は意外に少ない。

 今日は図書ボランティアで小学校に行った。校庭は、雪が降ったばかりみたいにきらきらだった。誰も足を踏み入れていない状態で。最近、たいていの学校では「グラウンドがぐちゃぐちゃになるから。」という理由で、雪のあと校庭は立ち入り禁止になる。雪が溶けてなくなるまで、体育も体育館で、休み時間にも外に出られない。
 そんなのって、ある?このへんでは1年に1度あるかないかのまとまった雪、おとなはたいへんと思うだけだけれど、子どもはうれしくてわくわくするはずである。「はいっちゃいけません。」と言われたからと、校庭を駆け回ってみた子が誰もいないのも信じられない。

 と思っていたら、今日きた子の小学校では「校庭管理の先生がほかの先生にかけあって」火曜日の1時間目だけ、全校で雪遊びをしたのだそうな。楽しかっただろうねえ。

 私が先生だったら、連絡網で「濡れたときの着替えを持たせてください。」って流して、思いっきり遊ばせてあげるのにな。だって、校庭の土よりも、楽しい思い出のほうがずっと大切だもの。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しおん

  • Author:しおん
  • 4人の子どものうち、1人は結婚し孫もできました。まだまだ子育ては続きますが、日々格闘しながら、ピアノと向かう毎日。大好きな本のこと、ベランダの緑、趣味の手芸もご報告していこうと思っています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。