スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百人一首 その後

 休み明けのテストでは撃沈した百人一首だが、そのとき次男が「ばかだなあ、いきなり50首覚えるのはどだい無理なんだから、5首でも10首でも、絶対確実なのを作ればよかったのに。」とのたまった。それはその通りである。

 ということを学んで、百人一首大会の準備。チーム対抗だから、5人で10首ずつ覚えることにした、と、先日末っ子が言った。さすがにその10首を書いたり、カードにしたり、せっせと覚えていた。クラスで行った大会では1試合平均7首取れたらしい。
明日が本大会だが「7首取れればいいんだ。」そうで。
 でも、一人10首ずつ覚えると決めるということは、やはりヤツの周りの友だちは何にも覚えていなかったわけね。
 やれやれ。


 ところで、末っ子は吹奏楽部でフルートを吹いているが、年明けに県のソロコンテストにエントリーしていた。まずはCDを送っての音源審査である。首尾よくそれをパスして、昨日が県大会。
 一昨日部活の昼休みに、先生がリハーサルをセッティングしてくださった。伴奏の私もレッスンの合間をぬって出かけた。本人は友だちの前でかっこよく決めたかったようだが、結果はさんざんで「こんなはずじゃなかった。」と思ったと思う。本当に悔しかっただろうな。先生も「だいじょうぶでしょうか?」と心配なさっていた。
 さすがに帰宅してから、いつまでも練習していました。

 日曜日、前日の反省と駆け込み的な練習が役に立ったのか、本番はまあそこそこにうまくいった。運よく関東大会に進める金賞をいただけた。

 いろいろダメダメなヤツだが、一つくらいはとりえがあるといいよね。専門に進むとかは全く考えていないようだが、今は「うまくなりたい。吹奏楽の盛んな高校に入りたい。」という目標で、少しずついろんなことをがんばり始めた。関東大会で納得のいく演奏ができるよう、努力し続けてほしいものです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しおん

  • Author:しおん
  • 4人の子どものうち、1人は結婚し孫もできました。まだまだ子育ては続きますが、日々格闘しながら、ピアノと向かう毎日。大好きな本のこと、ベランダの緑、趣味の手芸もご報告していこうと思っています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。