スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

包丁

 家族が多いと、料理の時に切る量も当然ながら多くなり、包丁がすぐに切れなくなる。今までは、時々自分でちょこちょこ研いでいたのだが、忙しくなると切れなくてもほうっておくし、そもそも研ぎ方が正しいのか否かわからない。包丁は何本か持っているのだが、一番古いのが「正次」というもの。私が一人暮らしを始めたときに母が持たせてくれて、結婚してからず〜っと使っているので、かれこれ30年近く我が家にある。

 最近研ぐのをさぼっていたし、薬味や錦糸卵を切る時に本当に困っていたら、ダンナが仕事に行ったついでにジョイフル本田で研いでもらってくれた。いろいろゆがんでいたのを、何度も研ぎ直し、きれいに磨いていただいた。

     130609_0924~01

 私が譲り受けたときよりも、刃の幅が1センチくらい細くなっている気がする。研ぐたびに少しずつ削れていったからだと思う。でも、とてもよく切れる。調べてみたら、「正次」は伊万里のメーカーらしい。
 ピカピカになって、気持ちよく切れて嬉しい。ダンナは「500円でこんなにしてもらえるなら、また仕事で行く時に頼んでくるよ。」と言ってくれた。
 ジョイフル本田のおかげで、この包丁は一生使えそうである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しおん

  • Author:しおん
  • 4人の子どものうち、1人は結婚し孫もできました。まだまだ子育ては続きますが、日々格闘しながら、ピアノと向かう毎日。大好きな本のこと、ベランダの緑、趣味の手芸もご報告していこうと思っています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。