スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祭りの太鼓

 中3の夏休みと言ったら、通常みんな必死で勉強していると思うのだが、末っ子は吹奏楽部の大会が終わらないので毎日弁当持ちで部活である。その上、週末には太鼓の練習に嬉々として出かけて行っていた。
 うちの町会の盆踊りでは、子どもたちが太鼓を叩くのだが、中3だともうベテランである。もちろん大きくなると練習にせっせと通う子はあまりいなくて、せいぜい1、2回顔を出して祭りの当日やってくるというのが一般的。それを、何だか熱心に通っていた。

 今日はその祭りの初日。
 練習していたわりには手のマメをつぶしてテーピングして叩く末っ子、小さい太鼓の前で格闘するチビ助の指導もする。小さいときに「ボクは、大きくなっても(兄弟の中で)一番ちいちゃい○○なんだなあ。」と嘆いて、弟か妹がほしいと訴えていた末っ子は、小さい子の面倒を見るのが楽しいらしい。一人の熱心な男の子、教えてあげるとだんだんサマになってきていた。その子が自分のお母さんのところに行って「大きいお兄さんが、かっこいい叩き方を教えてくれたよ。」と嬉しそうに話していた。そうか、末っ子も「大きいお兄さん」になったのかと、少々面映くなった。そのちびっ子は、最後まで、自分の番でなくてもず〜っとエア太鼓を叩き続けていました。大きくなっても参加してくれるといいなあ。

 私はと言えば、娘がマゴを連れて来たので、どれどれ、屋台で何かれと買ってやる甘々なおばあちゃんの役割でも、と出かけたのに、抱っこしたら何にもしないうちに寝てしまって、そのまま帰ってしまった。う〜ん、残念。

 ところで、以前は太鼓の前にあふれかえって、なかなか叩く順番が回ってこなかった子どもたちも激減した。今年はついに成年部の太鼓クラブが発足したそうである。婦人部のお母さんたちも法被でがんばっていた。そういう時代なのね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しおん

  • Author:しおん
  • 4人の子どものうち、1人は結婚し孫もできました。まだまだ子育ては続きますが、日々格闘しながら、ピアノと向かう毎日。大好きな本のこと、ベランダの緑、趣味の手芸もご報告していこうと思っています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。