スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書感想文〜夏休みの宿題

 中3の末っ子が読書感想文を書かねばと、焦りまくっていた。つい先だって、部活の最後のコンクールが終わったところだし、わかりやすいかと中沢けいさんの「楽隊のうさぎ」を薦めていたのだが、「ちょっと読み始めている」と答えていたのは大嘘で、今日になってやっと1ページ目を開いた。
 でも、さすがに期限が迫っていたのと内容的にわかりやすかったのとで、今日あっという間に読み終え、とりあえずは感想文もでっちあげた。本人なりにはがんばった。

       gakutai.jpg

 というような話をしたら、知人から「ネットで探す、という方法で宿題をこなす」人たちがいることを指摘された。どこかでそんな話は聞いたことがある。

 自由研究も読書感想文も、ネットで検索して、そこそこの(できすぎていては、よろしくない)を見つけて、まるまるコピーすれば終わりだというのである。
 びっくりである。
 実際「楽隊のウサギ 読書感想文」と検索をかければ、いくつでも出てくる。
 
 幸いにしてうちの子どもたちはそこまで賢くないので、そんな便利な方法は考えもつかない。えっちらおっちら時間をかけて、不器用な文章を並べる。他の宿題も自力でやっつけていた。不出来でも、自分なりのかたちでどうにかこうにか提出できるようにするのが、我が家の宿題である。評価はともかく、自分でやる。

 一説によると、大学生のレポートがネット借用のまがい物かどうか、検索できるソフトまで存在するそうである。学ぶために大学に行くはずの学生(義務教育じゃないからね。勉強が嫌いなら、行く必要がない)、そこまで地に落ちたか、という気もする。

 なりふりかまわずカタチをつけて、それなりの評価を揃えて人生の次のステップへの足がかりにするのも、ある意味才覚だとは思う。上昇志向のセンスってヤツですね。
 しかし、我が子には、そんな方法で「うまくやる」人生を歩んでほしくはない。

 というわけで、本人なりの読書感想文を見て「がんばってるねえ」と言える太っ腹を、4人目にして身につけている私なのであった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しおん

  • Author:しおん
  • 4人の子どものうち、1人は結婚し孫もできました。まだまだ子育ては続きますが、日々格闘しながら、ピアノと向かう毎日。大好きな本のこと、ベランダの緑、趣味の手芸もご報告していこうと思っています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。