スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

将来の夢

 末っ子の三者面談があった。簡単に言えば、どこの高校を受けるかというのを確認するだけなんだけれど、先生から末っ子にまず「君の将来の夢は?」というお言葉があった。
 幼稚園児だったら「○○レンジャー」とか「プリキュアになりたい」とか、「花屋さん」「ケーキ屋さん」「サッカー選手」「野球選手」とか、まあ夢いっぱいな答えが返ってくるだろうけれど、末っ子は(当然といおうか)ことばに詰まった。私も面食らった。例えば、先生は末っ子が「ケーキ屋さん」と答えたら、どのような高校選択や、進路について語ったのだろう?
 で、中学で吹奏楽部に所属し、高校でもできれば「強い」吹奏楽部に入りたいということで高校を選んでいる末っ子に対し、先生は「君は将来音楽の道に進みたいのかな?」と質問された。末っ子は「そういうわけではありません。」と答えたが、「そういう方向に進みたくないのか?」と聞かれ、「わかりません。」と返事した。でも、行きたくないわけではない、まだわからない、と答えたら、「もしかしたら、できたら音楽関係に進みたいということでいいね。」という話になった。私のほうが焦って「でも先生、この子は、専門に進みたいと覚悟を決めて練習しようとか、今そういう気持ちがあるわけではないです。」と言ったら、「お母さんは専門家として厳しいことを言うかもしれないけれど、とりあえず気持ちということです。」とおっしゃられた。
 
 でもさあ、例えば中学校でテニス部にいて充実していたから、高校でもテニス部に入りたいという生徒に「君はテニスプレーヤーになりたいんだね」とか「体育系の大学を受けたいか」とかいう話にはならないと思う。サッカーだって、高校に入ってサッカーをしたいと言ったからといって、「サッカー選手を目指す」ということにはならないよね。なんで、音楽はそういう話になるの?

 子どもに将来の夢、とか職業を聞くっていうのは、けっこう残酷なものだと思う。そのとき「ゴミ収集車に乗る人」や「マンションの管理人」とか「クレームの電話を受ける仕事」と答える子どもはいないよね。でも、世の中はいろんな職業の人がいて成り立っている。口当たりのいい、夢のある職業だけではない。そういう質問をする幼稚園の先生、学校の先生は子どもの「夢見る職業」ついているかもしれないが、大半の親はそういうわけではない。いやいや、子どもの夢に将来の夢を聞くと、必ず「サラリーマン」と書く子がいて、それを見てみんな笑うけれど(夢がないみたいに思って?)それだってずごく大切な仕事である。自営業でいろいろたいへんな(我が家のような)家の子どもは、働きさえすれば毎月ちゃんちゃんとお給料のもらえるサラリーマンに憧れるかもしれない。

 高校を卒業して建物の解体とかの仕事をしている教え子が、「本当は、スーツを着て会社に行く仕事がしたかったけど。」と打ち明けた。でも、彼はそのニッカボッカを着る仕事で奥さんと子どもを養っている。ちゃんとりっぱな社会人である。

 最近「汚れた作業着で、いつも頭を下げている父が嫌いだった。」という缶コーヒーのCMがあるが、ちょっと感動する。かっこいい、子どもが夢みる職業だけが仕事ではない。

 だから、幼稚園児はともかく、大きい子どもに「将来の夢」とか聞くのはやめようよ、と思うのである。夢を叶える子も入れば、思いもしなかった道に進む子もいる。「弁護士になりたい」「お医者さんになりたい」というのはかっこいいけれど、世の中全員がそういう職業で成り立つわけじゃないんだから。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しおん

  • Author:しおん
  • 4人の子どものうち、1人は結婚し孫もできました。まだまだ子育ては続きますが、日々格闘しながら、ピアノと向かう毎日。大好きな本のこと、ベランダの緑、趣味の手芸もご報告していこうと思っています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。