スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ピーターとおおかみ」

 ずいぶん前から準備していた、小美玉市笛の音楽隊のコンサート「ピーターとおおかみ」が終わった。

 昨年、「いわきの子どもたちと手をつなごう」というコンサートが終わってやれやれと思っていたら、音楽隊の代表が「来年は音楽劇にして、『ピーターとおおかみ』に挑戦したい。」とおっしゃる。ええっ、それは無理だよ。作曲家のプロコフィエフは近代の人で、音楽にはシャープ、フラットがてんこもりで、不協和音もいっぱい出てくる。リコーダーのプロだって、難しい話である。しかも、大編成のオーケストラの楽譜を全部リコーダー用の楽譜に編曲するって、どれだけの労力だろう。ダンナと私は、お話が有名だし音楽もシンプルで演奏しやすい「ヘンゼルとグレーテル」にしたら?と言ったのだが、どうしても「ピーターとおおかみ」なのだと言う。

 ダンナは練習が始まる秋までず〜っと編曲にかかりきりだった(隊員の方にもお手伝いいただいた)。チラシはいつもお世話になっているタカギさんが、すばらしくチャーミングなのを作ってくださった。

    スクリーンショット(2013-12-02 9.29.46)

 このチラシのおかげで(たぶん)、入場整理券はあっという間になくなってしまった。

 また、お話をするのは、ゆうくんとマットさん。水戸からいらした読み聞かせユニットのお二人である。

 さて、リコーダー部隊は可能な限りがんばるとしても、それ以外の部分(シャープやフラットの連続とか)はダンナのフルートと私のピアノ担当である。正直言って、ものすご〜くやっかい。しかも、ストーリーの進行に合わせてタイミングよく入るなんて、老眼にむち打って、台本と楽譜と首っ引きである。譜めくりができるように楽譜を貼付けたり書き加えたり、もちろん練習もしないといけないし、ちゃんとできるか本当にどきどきした。

 でも、笛の音楽隊の人たちはミラクルである。今回初めて参加した小学生も含めて、みんなで立派に演奏し通してしまった。ゆうくんとマットさんのパフォーマンスもすてきだった。
 たいへんだったけれど、楽しいコンサートが無事に終了した。

 コンサート終了後、笛の音楽隊から、恒例のレンコンの花束をいただいた。今朝6時、氷の張っている畑から抜いてきてくださったもの。

     131201_2335~01

 当日限定で「刺身で食べられます。」というので、家に帰ってさっそく試してみた。皮を剥いて5ミリくらいの幅に切り、さっと水に通してからわさび醤油で。本当においしかったです。
 みなさん、本当にありがとう!

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しおん

  • Author:しおん
  • 4人の子どものうち、1人は結婚し孫もできました。まだまだ子育ては続きますが、日々格闘しながら、ピアノと向かう毎日。大好きな本のこと、ベランダの緑、趣味の手芸もご報告していこうと思っています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。