スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンドレ・モーロア 読心噐

 若い頃(大学生だったから、30年以上前)、フランス人のアンドレ・モーロアの「幸福論」とか「読心噐」とか、薦められて読みふけっていた。

 「読心噐」の詳細は忘れてしまったが、人の心が見える機械を発明した人がいて、相手が心の中で何を思っているか機械で読み取れるという話だった。
 にっこり笑って愛想のよい人が、心の中では「何だ、このやろー」と毒づいているとか、実は小狡いことを考えているとか、そういうのが全部見えてしまう。「見えてしまう」ことが必ずしも幸せではない、というような話だったと思う。
 
 好感度の高いタレントがミュージシャンと付き合って、それが不倫だったとか、ラインでのやり取りが漏れたとか、すさまじいバッシングで、芸能活動を休止するという話になっている。

 そもそも不倫は、我が国において犯罪ではない。せいぜい、善良な市民から見ると、婚姻というシステムを軽視し阻害する「やっかいな行為」という位置付けだと思われる。今までにも不倫が露呈した芸能人は多々あった。が、「何さ!」と誹られたとはいえ、今回ほどの大バッシングになったりはしなかった。

 加えて、二人の間の内密なラインのやり取りが白日の下にさらされて「何じゃ、こりゃ!」となるのはいかがなものか。これの真偽はともあれ、寝物語を引きずり出して誰が幸せになれるのだろう?誰かの心の中にある気持ちを知ることって、他人にとってそれほど必要なのか?また知ったからといって得する者がいるのだろうか?

 私の感覚からいうと、他人が見られたくないものをのぞき見るのは「はしたない」、自分に実害の及ぶことでもないのに叩きのめすのは「やり過ぎ」という気持ちなのである。
 日本人は、そんなにヒマなのかな?

 それにしても、何十年も前に、人の心の中をさらすことに警鐘を鳴らす小説を書いたモーロアに脱帽である。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しおん

  • Author:しおん
  • 4人の子どものうち、1人は結婚し孫もできました。まだまだ子育ては続きますが、日々格闘しながら、ピアノと向かう毎日。大好きな本のこと、ベランダの緑、趣味の手芸もご報告していこうと思っています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。