スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

採れ採れのタケノコ

 日曜日になると、娘のお相手が早朝の山にタケノコを掘りにいく。そんでもって、45リットルのゴミ袋にたっぷり詰め込んで、届けてくれるのである。小さいのはかわいいものの、すっごくでっかく育ったのも含めて10個以上。娘のところにも同じくらいあるという。

 最初に持ってきてもらった日、日曜日なので米屋が休みで、米ぬかがない。1、2本なら米のとぎ汁でなんとかなるが、そんな量ではない。何件も探してやっと手に入れた米ぬかを使って、割と大きな圧力鍋で何度も茹でた。
 次の週も、掘ってきたよ、と届けてくれた。余分に買ってあった米ぬかで、またまたせっせと茹でた。

  KIMG0145.jpg

確かに美味しい。いろんな人に配って、10日、17日の分がやっとなくなりかけたら・・・


 ダンナが仕事先で、タケノコをいただいて帰ってきた。今度はちゃんと茹でてある大きいのを3本。おまけに山椒もついていた(実はうちにも山椒はあるのだが)。
 
 今年は、タケノコ三昧である。毎日スーパーで、トウが立っていそうなタケノコを一生懸命選んでいるおばちゃんを見かける。日本人のおばちゃんやおじちゃんは、春になると、すこしえぐみがあるけれど香ばしいタケノコを食べたいと思うものなのである。見かけると、うちに残ってるのをあげましょうか?という気持ちになる。そのくらいたくさん、その日穫れたてのタケノコをいただいた。まだたくさん残っている。贅沢な悩みである。

 ついでに言うと、20代の娘に大量のタケノコを料理させて、さらにまた掘ってくるとは、相当にタケノコ好きなヤツだなと思う。娘はたいして料理もできないと思うのだが、それなりにがんばって、全部茹でて料理したらしい。

 春のごちそうの話。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しおん

  • Author:しおん
  • 4人の子どものうち、1人は結婚し孫もできました。まだまだ子育ては続きますが、日々格闘しながら、ピアノと向かう毎日。大好きな本のこと、ベランダの緑、趣味の手芸もご報告していこうと思っています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。