スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校生妊婦の体育

 妊娠の女子生徒に体育実技要求、京都の府立高校という記事を読んで、複雑な気持ちになった。

 実は私の娘は普通の高校を3年生でドロップアウトして1年ふらふらバイトとかで過ごしたあと、やっぱり高校は卒業しないとなどと殊勝なことをのたまって、県立の定時制高校を受験した(定時制と言っても昼間に授業がある、ついでに通信制も併設)。
 運よく合格して(合格すると、2年生までの単位を認定してもらえるから)、1年間通えば晴れて高校卒業となる予定だった。

 ところが、夏頃、妊娠が発覚した(当時はまだ19歳である)。相手は「責任は取ります。本当にすみませんが、幸せにします。」と汗をかきかき挨拶にきた。娘は、後期に体育の授業を受けないと卒業できなかった。

 高校側は、体育の単位だけ通信に切り替えてレポート提出(この高校の定時制にはそういう制度があった)、スクーリング分の実技に参加したらよい、と言ってくださった。実技のスクーリングも、先生からは「卓球とか選択したらいいからね。後半のスクーリングは出席して見学したらOKです。」とのお話だった。ついでに「体育館での見学は寒いから、毛布とか用意してあげるから」というお言葉もいただいた。「こういう話は、この高校にはよくある話」と笑って話してくださった。
 お言葉に甘えて(11月の20歳の誕生日を待って入籍した)、娘は通えるところは高校に通い続け、2月にマゴを出産した。
 みなさまのご協力のおかげもあり、めでたく高校卒業に足りる単位を取得した娘は無事に卒業し、卒業式にも出席した。

 今回、「高校生で妊娠ってそもそも?」と、この女子高生を非難する発言も多々見られる。私も「学生の本分は」という気持ちは理解できなくもない。
 しかし、女性が恋をして子どもを産む年齢として、18歳が早すぎるとは思えない。古来、十代の結婚・出産は当たり前のことだった。もっと見聞を拡げて学問を究めたいとか、もう少しシゴトに専念したいと思う女子もいれば、早くから「好きな人の子どもを産んで育てたい」と思う人がいても、不思議はない。
 少子高齢化への対策としても、早めに恋愛して出産することは、国策として奨励すべきではないか。

 乱暴な言い方をすれば、「高校全入が幸せ」という前提でそれほど勉強が好きでなくても高校に入学し、違う生き方を望んでいる子どももけっこういるのではと思うのである。今回の女の子は、高校継続をあきらめ休学して出産し、現在もそのままだという。出産そのものを否定される家庭状況でないのだから、高校が何らかサポートして違うカタチも取れたのではと思う。
妊婦だとカミングアウトしている子どもに、マラソンしないと単位が無理、というのがちょっと意地悪な感じがするのは私だけ?
 ともあれ、その親子がちゃんと生きていけますように!

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しおん

  • Author:しおん
  • 4人の子どものうち、1人は結婚し孫もできました。まだまだ子育ては続きますが、日々格闘しながら、ピアノと向かう毎日。大好きな本のこと、ベランダの緑、趣味の手芸もご報告していこうと思っています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。