スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無言実行?

 平日は何かと忙しい娘は、休みになるとあれこれ出かける用事を思いつく。今はお箏と日曜学校が一緒のなかよしさんに、あちらの家族と一緒にディズニーランドに行って、そのままお宅にお泊まりさせていただくというプランに夢中。公文の宿題もため放題であんまりくどくど言うので、「やることをやらずに、今度はこれ、次はあれって遊ぶことばかり言われても、そうそう『いいよ』って言えないよ。」とお小言になってしまった。「いつも、今度こそ、おけいこも勉強もちゃんとやるからって言うけれど、今あなたのその言葉に信用はないからね。いつもそう言っても、結局あとまわしにしたことをきちんとやらないでしょう。『やるやる』って言う前に、態度で示しなさい。」と。
 そしたら、あろうことか、次男が「あ、そのセリフ、オレが担任の先生に言われたのと同じだ!」と言い出した。「君の『ごめんなさい』には何度も騙されました。言葉ではなく、態度で示してください。」とおっしゃったのだそうである(ていねいなお言葉遣いだが、先生は男性である)。「あんた、先生が何度も騙されましたって・・・そんなにいつもしかられているの?」と思わず詰問したら、「うん」という返事。親友と共にお説教をくらったのだそうだ。
 その問題の場面は、先日の修学旅行1日目深夜。女子に「もっと話そうよ。部屋に来てよ。」と誘われた次男たち、四人で行く予定だったのが一人は(平和なことに)寝てしまったので、消灯後10時半に三人でクラスの女子の部屋に乱入したらしい。折悪しく担任の先生に見つかって、しこたま大目玉をくらった。誘った女子もしかられた。先生のお怒りは烈火の如く、「き、君たちは・・・!ニュースになるようなことをしでかして!!!」とおこられたとか(本当かなあ、次男はそう主張している)。小学生が修学旅行で夜這いをかけたからと、事件になるようなことはなさそうな気もするが、先生にとってはたいへんなことなのかも。ともあれ、これが初犯であるわけでもなく、「また、君か!」と次男と親友は思われたんでしょうね。う~ん、聞いた私のほうが、頭痛くなってきました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しおん

  • Author:しおん
  • 4人の子どものうち、1人は結婚し孫もできました。まだまだ子育ては続きますが、日々格闘しながら、ピアノと向かう毎日。大好きな本のこと、ベランダの緑、趣味の手芸もご報告していこうと思っています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。