スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

処分

 しばらく前から増殖していた娘のマンガ本。覗いてみてひっくり返りそうになった。世の中のおやじたちがこそこそ読む猥雑な本よりも、もっといかがわしい内容ばっかり。しかも、マイナーな出版社から出ているわけでもなく、超大手のメジャー雑誌に連載されていたマンガばかりである。でも、間違いなく、ヤングジャンプやモーニングなんとかよりもやらしい。
 出版社の売らんかな根性は、ここまで堕落しているのか?本当にびっくりした。今日日の女の子はこんなものを読んで妄想をたくましくするのか?
 山のようなマンガについて、娘と話し合った。こんなのを読んでいる自分を好きになれるか?と聞いた。親に見せたくないからと布団の下に隠し、こそこそ読んでいる時間がもったいなくないか?と。結局、本人が納得して、問題のありそうなものは処分することになった。娘が選んだ本を持って、一緒に古本屋に行った(売るのには保護者の許可がいるから)。こんなのを「持っています。買ってください。」と言うのも恥ずかしいような本だったが、何十冊も持っていった中に買い取り価値のある本が少しだけあって、残りも全部引き取ってもらった。
 やれやれ。パソコンで、「アダルト」と検索したくて、「あばると」と入力してしまった次男はまだかわいい。子どもの周りには、以前では考えられない安易さで、猥雑な情報がひしめいている。すべてをシャットアウトすることは不可能だろう。その中で毅然とまっとうな情報を求め、正しい行動を選び取っていかなくてはならない子どもたちは、ある意味たいへんだなあとも思う。それを教えていかなくてはならない親ももちろん。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

想定外のこと

ばっかり起こりますよね、子どもを取り巻くメディアの世界では。
先日、ネットの広告に
「メールするだけでお小遣い稼ぎ!時給○○○円」なんてのが出ていたので、中一の娘に
「こんなのはまともな話じゃないに決まってるし、裏があるに違いないから、絶対に見ちゃダメよ」と言いました。
そしたら、「これは見ないけど、ちょび○ッチは大丈夫だよ、○○ちゃんも○○ちゃんも相当もらえたって言ってたよ。」と言うではないですか!
調べてみたら、確かに怪しいところではないようでしたが、でもどう思います?中学生が、メールを受け取るだけで何千円か貰うなんてことを覚えるなんて・・・!
もう、ありえなかったことなのでついていけません。
とにかく、「そういうのは感心しないからやめといてね」とは言っておきましたが・・・

説明できないときは・・・

「よそはどうだか知らないけれど、うちではそれは×っていうルールだから!」とつっぱねてしまいます。
本当に、驚くようなことが子どもの回りにひしめいていますね。需要があればなんでもやるなんて、世の中のおとなはそこまで堕落してしまったんでしょうか?私もついていけません。
プロフィール

しおん

  • Author:しおん
  • 4人の子どものうち、1人は結婚し孫もできました。まだまだ子育ては続きますが、日々格闘しながら、ピアノと向かう毎日。大好きな本のこと、ベランダの緑、趣味の手芸もご報告していこうと思っています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。