スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不登校

 午前中、小学校の図書ボランティアに行った。今日は、粘着フィルムのカバーを本にかける方法を教えていただいた。かける本は、自分で本棚から選ぶ。これからも貸し出しが多そうで、比較的きれいな本。私は、「大草原の小さな家」シリーズや、「ふたりの星」なんかを選んだ。「ふたりの星」は、「ザ・ギバー」を書いたロイス・ローリーの作品だが、こちらも絶品。これを選んだのは、私の趣味である。
 大昔、大学生だった頃、外版の高価な(今よりずっと割高だった。円が弱かったから)楽譜に、せっせとこのフィルムを貼った。ぺらぺらの紙の表紙にフィルムを貼るのは、けっこう難儀だった。しわが寄ったり、空気が入ってしまったり。ハードカバーの本にかけるのは、それに比べれば楽ちん楽ちん。楽しく作業させていただいた。
 作業しながら、いろんな世間話をした。その中で、「今のうちの中学校って(娘の通う学校である)、不登校の子が多いよね。」という話になった。特に娘の学年が多いらしく、教えてくれたお母さんによると、「学年で20人くらいいる。」そうである。それにはびっくり。多いなあとは思っていたが、全部で5クラス、学年全体で180人くらいか。10人に一人の割合で学校に通えないとは。帰ってきた娘に聞いたら、娘のクラスでは男子4人がいつも休み、来たり来なかったりする女子が二人いるそうである。去年までかなり危なかった娘は勘定に入っていない。36人のクラスで、いつも5、6人は休みですか?あと3、4人風邪で休んだら、学級閉鎖では?娘は、たまたま休みがちな女子二人と友だちなので、毎日のようにせっせと電話して、話に相づちを打ったり、明日は学校で会おうよと誘ったり。その上、別のクラスの不登校の女の子も友だちだからとメールしたりしている。これじゃ自分が不登校になる暇はありませんわ。
051213_2134~01.jpg
 ところで、昨日幼稚園のコンサートで、ダンナがかわいいツリーをいただいてきた。手のひらに乗る大きさ。樅の木は、なんと大きな松ぼっくりでできている。ツリーは持たない我が家、早速喜んで飾りました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

まつぼっくりのツリー

まつぼっくりのツリー、私も作りました(まだupしてないのだけど・・・^^;)
うちは木工屋なので、植木鉢は木で、作ってくれました☆
このご主人のかわいい植木鉢は、何ですか・・・ワインのコルクにも見えます♪

不登校・・・一番上の長女の中学が、そうでした。クラスに何人もいて・・・長女の友人までが・・・^^;
もう、その時は思い出したくもないほど、親子共々私も大変でした(TT)
難し~いお年頃ですよネ。。。

巨大な松ぼっくり

このツリーはですね、松ぼっくりだけで握りこぶしくらいあるんです。植木鉢は、アイスクリームを入れるカップみたいなものに、マジックで煉瓦を書き込んでありました。ご主人の木工細工、いいですねえ。きっとリースやツリーや、Yuryさんのお宅はクリスマス気分満載でしょうね。
うちは、、、本当にこれだけです。
プロフィール

しおん

  • Author:しおん
  • 4人の子どものうち、1人は結婚し孫もできました。まだまだ子育ては続きますが、日々格闘しながら、ピアノと向かう毎日。大好きな本のこと、ベランダの緑、趣味の手芸もご報告していこうと思っています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。