スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生協のご利益?

 毎年のことだが、年末のクリスマスコンサートが終わってやれやれ、お正月の準備にかかるかと、スーパーに買い物に行ったときに驚愕が訪れる。何ですか?この野菜のお値段は?こんなのはとても買えないわ、という葛藤のうちに年は明ける。年が明けたら、たいがいは高騰していた価格もだんだんもとどおりになっていくのだが、今年は大雪と寒波の影響でいっこうに下がらない。1個300円のレタスは食卓にのらない。
 で、やはり毎年ここで強い味方になるのが生協である。この日のために加入し続けているといってもいい。生協の野菜は、普通の時期であろうが年末年始であろうが、値段が変わらない。普段は割高だからとスーパーで買っている野菜も(生協さん、ごめんなさい)、一切まとめて注文する。今日届いたキャベツもレタスも150円。さすがに私のような利用者が多いらしく、野菜の高騰が続くと欠品になることもある。とりあえず毎週注文だけはしておくことに。生協さん、本当にありがとう。いつも不良会員ですみません。

 さて、娘が保育園の頃に同級生だった男の子。ず~っと以前の日記に書いたこともあるが、あと少しで1年生というとき、雪の凍る深夜、お父さんがひき逃げにあって亡くなった。お母さんは精神の均衡を失いかけたけれど、今はオーストラリアで学校の先生をしながら子ども二人と元気に暮らしている。その友だちが帰国しているというので、急遽集まれるだけの同級生が集まった。お母さんたちとも久しぶりにお会いしてしばし語り合った。
 久しぶりにあったとは思えないくらい、仲よく過ごせた。メールアドレスや住所を交換してお開きにした。お世話役をしてくださったお母さんが、ぽつりと「今日が命日だったのよね。」とおっしゃった。「お花でもと思ったけれど、何もせずに楽しくお話するほうがいいかなと思って。」とも。
 保育園の卒業文集に「いつもやさしいパパでありがとう。うまれかわったらまたあおうね。」と書いた男の子は、とってもすてきな少年になっていた。オーストラリアではラグビーをしているので、高校は日本に帰ってラグビーのあるところに入りたいんだって。
 ぜひまた、わいわい逢いましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しおん

  • Author:しおん
  • 4人の子どものうち、1人は結婚し孫もできました。まだまだ子育ては続きますが、日々格闘しながら、ピアノと向かう毎日。大好きな本のこと、ベランダの緑、趣味の手芸もご報告していこうと思っています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。