スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先生のコンサート

 今日は次男の先生のコンサートの日。すごく行きたかったんだけれど、2月の土曜日は4日が仕事、11日が祝日。私のレッスンの日を確保できなかった。次男だけでもダンナに頼もうかと思ったら、あちらもダブルで仕事。残念だけれどあきらめて、失礼させていただいた。
 次男のヴァイオリンは細々と続いている。決して専門家になりたいわけではないし、たいして練習もしない。でも、彼は自分の先生をものすごく尊敬している。「先生はすごい!」と信じていて、その先生に叱られてとってもへこむ時もあるけれど、ちょっとほめていただけたら天にも昇る心地のようである。だからといってガッツで練習するというのもなく、ひたすら自分のペース(時速10キロくらい?)でぼちぼちやっているのだけれど。その彼にも憧れの曲があるらしい。「この曲、弾けるようになるのかなあ?」と言いつつ、学校の宿題をしながらCDを繰り返し聞いている。この前のレッスンで、「いつになったら弾けますか?」って聞いたら?とそそのかしたのだが、恥ずかしくて聞けなかった様子。でも、先生が前に発表会の講師演奏で弾いてくださった話になって、「先生って、一つ一つの音を、本当に心をこめて弾いてるよねえ。」と言う。「この曲が好きだって、本当によくわかるし、すごいねえ。」とひたすら感嘆。
 自分の先生を尊敬できるって、素晴らしいことだと思う。おこられても「何だよ、くそばばあ!」って思わずに(私には、しょっちゅうそういう気持ちになるらしいけれど)、自分ができないこと、叱られたことが悲しいと思うらしい。そんな関係って、いい感じじゃないですか?最近は「ヴァイオリンなんか、やめたいよ!」と騒ぐこともなく、それなりに楽しめるようになった様子。よかったねえ。このまま細々と、時速10キロでも続けていってほしいと思う母である。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しおん

  • Author:しおん
  • 4人の子どものうち、1人は結婚し孫もできました。まだまだ子育ては続きますが、日々格闘しながら、ピアノと向かう毎日。大好きな本のこと、ベランダの緑、趣味の手芸もご報告していこうと思っています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。