スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おとなの生徒さん

 今月から、火曜日の日中レッスンに通ってくる若いお嬢さんがいる。先月会社に電話がかかってきて、ピアノを習いたいということだった。自分のことを「フリーターです。」と説明した。とりあえず、お会いしてお話ししてみましょうということになり、朝10時に約束した。その約束の時間直前、彼女から電話がかかってきた。「寝坊してしまって・・・」と言うので、「今から準備してこられるなら」と約束し直した。今度は時間ピッタリにやってきた。正直、フリーター~寝坊~遅刻という流れにいい印象を持つ人は少ないのではないかと思う。でも、会ってみたその人は非常にまじめで、小さいときに習っていたピアノをまた再開したいと思って、電子ピアノを購入したという。「遅刻はよくないけれど、面談の約束は、間に合わないからと踏み倒してしまう人もたくさんいる。あなたはちゃんと電話してきて謝って、わざわざここまで来てくださった。一生懸命な人なんだと思いました。」というような話をした。前の日から午前1時までバイトをしていたという話も、あとから聞いた。他にもお教室をあたっていたらしいが、ここでやってみますということになった。
 そして始めたレッスン。とにかくものすごくよく練習してくる。前に習っていたとき、ずいぶん難しい曲まで進んでいたのに練習曲を弾いたことはないと言うので、復習の意味もこめてチェルニー30番をお薦めした。面談の日の帰りに早速購入したという。きちんとしっかりさらってきてくれる。「チェルニーなんて子どもが弾くものと思って、ちょっと侮っていましたけど、すごく難しいですね。こんなの、小さい子は本当に弾けるんですか?」と尋ねてきた。いやいや、楽譜の隅々まで読み込んでその通りに弾かなくちゃと思うから難しいので、黒い玉の場所だけ見てちゃらちゃら弾きとばすなら簡単ですよ。でも、きちんと練習すれば確実に力がつくと思うので、一緒にしっかりやっていきたいと思う。
 弾きたい、もっと弾けるようになりたい、と切望するおとなの人と一緒にレッスンするのは本当に楽しい。未知数の可能性を持つ子どものレッスンとは、また違った楽しみである。都会での一人暮らし、オーバーペースにならずに、のんびり進んでいきましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しおん

  • Author:しおん
  • 4人の子どものうち、1人は結婚し孫もできました。まだまだ子育ては続きますが、日々格闘しながら、ピアノと向かう毎日。大好きな本のこと、ベランダの緑、趣味の手芸もご報告していこうと思っています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。