スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中耳炎

 実は、末っ子は就学時検診の時耳鼻科で「中耳炎・鼻炎」にひっかかっていたのだが、なかなか連れて行くチャンスがなくて(耳鼻科の空いている時間に家にいないか、私がレッスン中)、今週始めにやっと病院に行った。
 検査をして、やはり少し聞こえにくくなっているかもという話で(注意してもすぐに反応しなかったのはそのせいか?いやいや、あれは別の問題でしょう)、しばらく治療に通うことになった。中耳炎と言っても水がたまってはいないし、痛くもない。穴は開けずに、鼻・口・耳に空気を通すのと、鼓膜をマッサージ(振動させているらしい)という治療をして様子を見ることになった。空気を通すとき、鼻から口に管をつっこむのでびっくりして泣いたが(先生は痛くないっておっしゃるが、私も子どものころ痛かった)、鼓膜マッサージは管を耳に当てて待っているだけで、本人はいたって元気。そのうちオレンジレンジの「花」(鼻ではない、なんというセンス?)を歌い始めた。当たり前だけれど、そこは治療室。先生が別の患者さんを診察していて、待っている人もいる。私は焦って末っ子のところに行き、「歌は歌わずに、静かにしていてね」と身振り手振りで訴えたが、本人はよく聞こえない様子(鼓膜を振動させてるから)。けっこう大きな声で歌ったので、とっても恥ずかしかった。あとで聞いたら、ぶるぶるしてる時に自分の声がどんなふうに聞こえるのか、試してみたんだって。そんな実験はしなくてもよろしい。
 とにかく、あと1ヶ月くらいは週に2回通うことになった。ここの病院では、治療が終わったあとの器具を自分で片付けたり、消毒するように指導される。もちろん末っ子も例外ではない。小さくても、「終わったらこれを外して、ここに入れてね」とか、「消毒用の綿を1枚取って、よく拭いてね」とか。そのかわり診療代は安めで、いつもとても混んでいる。中耳炎にしても、だらだら1年も通うことはなく、完治が早い(近所の他の耳鼻科に比べて)。末っ子も、神妙な顔つきで消毒してました。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

オレンジレンジレンジ盗作疑惑【FLASH】

出る杭は打たれるのがこの世の中なのでしょかね?ホリエモンしかりレンジしかり、時代の波に乗るたくましさは買いだと思うわけですが・・アンチレンジサイトものせておきますよ・・【FLASH:オレンジレンジレンジ盗作疑惑】【HP:アンチ オレンジレンジまとめ】【情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しおん

  • Author:しおん
  • 4人の子どものうち、1人は結婚し孫もできました。まだまだ子育ては続きますが、日々格闘しながら、ピアノと向かう毎日。大好きな本のこと、ベランダの緑、趣味の手芸もご報告していこうと思っています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。