スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おしゃれな店

 ちょっとプレゼントなんかしようと、スーパーも入っているショッピングセンターに行った。お風呂周りのものが充実している店でお買い物。自分で石けんを作る人がいたので、石けんはやめたが、本当にいろいろあってびっくり。060512_1332~01.jpg
ケーキにはホールとピースとかあるけれど、石けんのホールと切り売りっていうのがあった。カラフルなだけじゃなくて、ハーブやヘルシーな諸々も入っている。楽しそうだなあ。

 今日は小学校の引き取り訓練だったので、下校時間に学校に行った。校庭で三々五々待っている保護者が、引き取り訓練が始まったら一斉にわが子のクラスの前に並ぶ。兄弟のいる人は下の子からということになっている。10年以上小学校に通っているが、いつも遅れをとって、列の後ろのほうになってしまう。並んだ順番に子どもを引き取るので、出遅れると、あとから迎えに行く上の子なんて最後の一人になってしまったりするのが常だった。今年は、ちゃんとスタンバイしていて、なんと末っ子のクラスの一番に並んだ。末っ子のうれしそうな顔。そのあと知り合いのお子さんを引き取ったが、それでも早いほうだった。やったね。お母さんも少しは進歩しているんだからね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

引き取り訓練?

お久しぶりでいきなりすみません。
引き取り訓練って、これまで私の地域では聞いたことが無かったのです。何かあったとき、確実に自宅もしくは行き先のはっきりしている家に引き取るための訓練と想像したのですが?

引き渡し訓練とも言うけれど・・・

ミムラ姉さん、お返事が遅くなってすみません。ご無沙汰していますが、お元気ですか?
「引き取り訓練」は、子どもが学校にいる間に災害が発生した場合、親が認めた責任ある人が子どもを迎えに行くという訓練です。あらかじめ、4月に提出する「家庭調査書」に引き取り者の氏名・住所・電話番号を書いてあります(3名まで)。親のほかには、おじいちゃん・おばあちゃん、近所の友だちのお母さんを書くことが多いようです。訓練では、災害発生の連絡網が回ってから引き取る人が学校に集まり、クラスごとに並んでいる子どもを、「子どもの名前・自分の名前」を申告して署名したあとに連れて帰ります。登録していない人が行っても子どもを渡してもらえないきまりになってます。
このへんでは、毎年5、6月にこの訓練をする学校が多いようです。そうか、実施していない地域もあるんですね。

なるほどー

しおんさん、お返事ありがとうございます。
なるほど、良いシステムですねー
少なくともうちの県では行われていないようです。

「災害」とは、地震や犯罪、台風で短縮なんていうのも入るのですか?
これまでに実際使われたことはありましたか?

質問ばかりですみません。
一応「CAP」(子どものための暴力防止プログラム」のグループの一員なのです。教えてくださいなー

何なんでしょうね~

引き取りが必要になる災害って、私は地震しか思いつきませんでした。凶悪な犯罪っていうのも確かにありますね。
もちろん、まだ実際に使われたことはありません。幸運なことに。
そういえば長男が小学校だったとき、災害発生のシミュレーション訓練として、体育館に泊まるという体験がありました。私は行きませんでしたが、夏休みのこと故、とっても暑かったそうです(体育館は3階だし、非常食は豚汁だったりしたし)。

親の携帯に非常事態のメールが発信されるシステムというのにも任意で登録させられたのですが、今回の訓練の時、不具合のためメールは送られずじまいでした。これは管理費用をPTAが負担しているのではないかと思います(思うだけ)。

小さい子が被害に遭う犯罪が起こると、しばらくは保護者も登下校を見守りましょうとか働きかけがありますが、しばらくするとみんな忘れてしまいますねえ。この近所は、地域ボランティアの方々が、子どもの登下校時に通学路に立つという活動をしてくださっています。頭が下がります。
プロフィール

しおん

  • Author:しおん
  • 4人の子どものうち、1人は結婚し孫もできました。まだまだ子育ては続きますが、日々格闘しながら、ピアノと向かう毎日。大好きな本のこと、ベランダの緑、趣味の手芸もご報告していこうと思っています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。